有限会社D1ケミカルでタグ「ホンダ」が付けられているもの

●検証車両 : ホンダ スーパーカブ HONDA SUPER CUB

●年式   : およそ平成元年頃

●走行距離 : 

●症状   : 力が無い、坂道が登れない

●施工内容 :  エンジンオイル交換+SOD-1Plus80cc(総油量の10%)添加

hondacub.jpg

28年前のホンダスーパーカブ

SOD-1Plusを添加する前に、まずエンジンを分解して中の状況を確認しました。

hondacub添加前カムチェーンjpg.jpg

タイミングチェーンの周辺も、うっすらスラッジで汚れています。

hondacub添加前ピストン1.jpg

ピストンヘッドには、オイル上がりや不完全燃焼等が原因によるカーボンがたっぷり溜っています。
このカーボンがバルブの開閉時に挟まると圧縮不足となり、エンスト、走りに力がないなどといった症状がでます。→「カーボン噛み」

hondacub添加前ピストン2.jpg ピストンリング周辺にもスラッジが溜っています。 hondacub添加前ピストン3.jpg

ピストンリングは「燃焼室の気密性を保つ」「余分なオイルが燃焼室に入らないようにコントロールする」等、重要な役割を持っています。スラッジの付着等によりピストンリングが正常に働けないと、いろいろなトラブルが起こります。

エンジンの中の状態を確認したところで、この状態のまま組立ました。

hondacub-添加中.jpg

新しいエンジンオイルの補充と、SOD-1Plus80㏄(総油量の10%)を添加しました。

この時点から120㎞程走った後、再度エンジンを分解して中の状態を確認しました。

hondacub添加後ピストン1.jpg hodacub添加後ピストン2.jpg

ピストンヘッドの上部、ピストンリング周辺に溜っていたカーボン・スラッジが添加前より無くなっているのが分かります。

添加前と添加後の比較
(左:添加前  右:添加後120km走行時)

カブ添加前後洗浄比較タイミングチェーンhp.jpg カブ添加前後洗浄比較ピストンヘッドhp.jpg カブ添加前後洗浄比較hp.jpg

結果

オイル交換時にSOD-1Plusを入れただけで、スラッジ・カーボンが減少し金属部分の輝きを取り戻すことができました。オーナ―様の体感としては、「今まで登れなかった坂道が登れるようになり、走りに力が甦った」と喜んで頂けました。

« | 事例テスト

 

50~125ccバイクに突然起こる、『カーボン噛み』とは

カーボン噛みチラシ吹き出し_03.png

その原因はエンジン内の汚れ!

原付バイクのエンジンには汚れが溜まり やすい性質があります。 汚れが溜まるとエンジンが正常に動けな くなり、上記のような症状がでます。

汚れが酷い場合は部品の交換が必要になり、費用と時間もかかります。

カーボン噛み 拡大図.jpg

ピストンに溜ったカーボンが飛びバルブ開閉時に挟まると(カーボン噛み)、燃焼室の密閉環境が作れません。この正常な圧縮ができない状態で点火すると、不完全燃焼となり、
●走りに力が無い
●エンスト
●アイドリングの不調
●エンジンがかからない
などの症状がでます。
この症状を予防するには、エンジン内を常にクリーンな状態に維持するオイル管理が重要になります。

カーボン噛みアニメーション.gif

汚れが溜ったエンジン

平成20年登録

15273km走行

カーボン噛みヘッド2_03.png

バルブ拡大

汚れがバルブに挟まり閉まらない

カーボン噛み

SOD-1Plusは「オイル交換時に入れるだけ」で
カーボン噛みを予防できます!

オイル交換時に、SOD-1Plusをエンジンオイルの10%入れるだけで、通常のオイル交換だけでは落ちない汚れを走行しながら分解洗浄します。 新車から継続して使用する事で、常にエンジン内をクリーンな環境に保ちます。

カーボン噛み添加前_07_03.png

カーボン噛み添加後_09_06.png

カーボン噛みが発生したバイクの事例

<カーボン噛み発生時の状況>

〇宅配用バイク

〇走行距離は約19000㎞

〇新車購入時より約9ヶ月使用

〇毎月一回オイル交換(約2000㎞走行毎)

〇配達中にエンジンがかからなくなった

カーボン噛みキャノピー.jpg

ホンダキャノピーシリンダー.JPG

シリンダーの縁にもカーボンが付着しています。

ホンダキャノピーピストン.JPG

ピストンリングにもスラッジが付着しています。

スラッジがピストンリングの動きを邪魔すると、圧縮不良やオイル上がりが生じ、カーボン噛みの原因となります。

ホンダキャノピーピストン3.JPG ホンダキャノピーピストン4.JPG

ピストンの上部にカーボンが溜っています

このカーボンが飛びバルブに挟まるとカーボン噛みが発生します。

※上のイラストをご参考下さい。

ホンダキャノピーピストン5.JPG ホンダキャノピーピストン6.JPG ホンダキャノピーピストン7.JPG ホンダキャノピーピストン9.JPG

乗用車のピストンと並べてサイズを比較してみました。

ホンダキャノピーピストン10.JPG ホンダキャノピーピストン11.JPG

この小さなエンジンで、約130㎏の車体と人・荷物を乗せて走っています。エンジンへの負荷が大きいお車も、通常のオイル交換に加えてSOD-1Plusを添加する事で、エンジンの寿命を伸ばす事ができます。→こちらをクリック

 

« | 二輪 国産車 | »

 
四輪テスト事例集モビリオスパイク.jpg

« | ATオイル無交換車への取り組み | »

 
四輪テスト事例集フィット

« | 四輪 国産車 | »

 
四輪テスト事例集ビート

« | 事例テスト | »

 
四輪テスト事例集アコードワゴン.jpg四輪テスト事例集アコードワゴン.jpg

« | 事例テスト | »

 

 

四輪テスト事例集 ステップワゴン CRZ.jpg

 

« | 四輪 国産車 | »

 
四輪テスト事例集 N-ONE.jpg

« | 四輪 国産車 | »

 

 

ホンダ ライフ 車体全体.jpg

 

 オーナーK様

ホンダ ライフ

H16年7月登録

型式CBA-JB7

約79000Km走行車

 

 

 

中古車を購入したのでATFを交換しておきたい。

 

 

 

 

まずはコンタミチェッカーでオートマチックオイル(ATF)交換が可能な状態であるか確認します。

ホンダライフ ATF抜取り

 

フィルターは薄ら汚れている程度でした。

消耗度1程度で内部摩耗は少ない状態であると思われます。

ホンダ ライフ コンタミチェッカー フィルター.jpg

 

 

ホンダ ムーブ ギャッチアップ 

 

ホンダ オイル バイク 抜取り.JPG

 ホンダ ライフ 抜いたATF.JPG

抜いたオイルは真っ黒

 

ホンダ ライフ ドレーンボルト.jpg

ドレンボルトには鉄粉が溜まっていました

 

ホンダ ライフ ドレーンボルト ふき取り後.jpg

ふき取ったドレンボルトと比較すると汚れていたのがよく分かります

ホンダ ライフ ATF交換中.JPG

ATFチェンジャーでATFを入れていきます。

 

ATFを抜いて入れるを2回繰り返して

ホンダ ライフ ATSOD1添加.JPG

 

最後にSDO-1を注入します。

SOD-1単体だと固いため、ATFに混ぜると入れやすいです。

 

300km走行後のオーナー様の感想

 

アイドリングがとても静かになりました。

ATの変速もとてもスムーズです。

燃費はアクセルを思わず踏みすぎになってしまう為若干Downですが、

全体的に満足いく結果です。ありがとうございました。

 

この度はご協力いただき誠にありがとうございました!!

ATの変速がスムーズになり、長距離通勤の運転が少しでも気持ち良くなっていただけると幸いです。

私もSOD-1を入れると、アクセルフィーリングの気持ちよさに思わず踏み込んでしまう為、燃費が落ちることがあります。多少の燃費の落ちより運転の気持ち良さ・楽しさが上がるのでご満足いただけたと思います。

 

« | ATオイル無交換車への取り組み | »

 

●検証車両 : ホンダ TODAY

●年式   : 平成8年式

●走行距離 : 約17万5千㎞

●症状   : 特になし

●施工内容 : 
コンタミチェック後、ATF交換+SOD-1Plus添加。

ホンダ トゥデイ HP

Aまず、シフトショックが少なくなった。 今までならアクセルを踏み込んでトップスピードに乗るまで時間がかかり、かったるい感じだったのが、そんなに時間がかからずアクセルを踏み込んでからトップスピードに乗るまでの時間が短くなった気がする。 ピストン内部の気密性が上がった為に上記の様な力強い感触を感じるのだと思う。 感想は「凄くいい!!」 この一言につきます。では、低速時の変速ショックが少し和らぎました。加速時のショックも少し和らいだ感じがあります。

事例紹介はこちら

« | お客様の声 | »

 

●検証車両 : ホンダ ライフ

●型式   : CBA-JB7

●年式   : H16年

●走行距離 : 約79000千㎞

●症状   : 
症状は無いが、中古車を購入したのでATFを交換しておきたい。

●施工内容 : 
コンタミチェック後ATF交換+SOD-1Plus添加。

ホンダ ライフ 車体全体.jpg

300km走行後のオーナー様の感想
アイドリングがとても静かになりました。
ATの変速もとてもスムーズです。 燃費はアクセルを思わず踏みすぎになってしまう為若干Downですが、 全体的に満足いく結果です。ありがとうございました。

事例紹介はこちら

« | お客様の声 | »

 

 

ホンダ トゥデイ ATF交換 1

 

 

ホンダ トゥデイ

平成8年式

175,664Km走行

 

みんカラキャンペーンにご協力下さったお客様のお車です。

 

 

 

 

 

 

 

 

まずはコンタミチェッカーでATFが交換可能な状態であるか確認します。

コンタミチェッカーについて詳しくはこちら

 

ATオイルを少量抜き取ります

ホンダ トゥデイ コンタミチェック.JPG

 

フィルターに溜まったATFをエア―で吹き飛ばし、

パーツクリーナーで洗います。

ホンダ トゥデイ フィルター洗浄.JPG

 

 

フィルターにコンタミは残ってなく、ATF交換が可能な状態です。

約7万Km走行時にもATFを交換されていたようです。

 

ホンダトゥデイ コンタミチェッカー フィルター.JPG

 

この時、フィルターが茶色く汚れていた場合(コンタミが残って)、ATの摩耗がすすんでいる可能性が高いため、ATF交換だけでも不具合が生じる場合があります。摩耗が進んでいる状態でATFを交換する場合は、オイルパン・オイルストレーナ―の清掃が必要になります。

 

 

抜いたATFは真っ黒。

ホンダ トゥデイ ATF交換

 

 

新油のATFを注入します。

SOD-1単体だとどろっとして入れにくいため、ATFに混ぜて注入しました。

SOD-1はATF総量の7%添加

 

ホンダ トゥデイ ATF交換 ATFチェンジャー

 

 

ホンダ トゥデイ ATF交換 SOD?1

 

エンジンにもSOD-1注入

エンジンオイル総量の10%

ホンダ トゥデイ エンジン SOD?1添加

 

 

パワステにもSOD-1注入

パワステオイル総量の10%

ホンダ トゥデイ  パワステ SOD?1

 

オーナーさんに運転してもらい、不具合がないか確認してもらいました。

ホンダ トゥデイ ATF交換 確認走行

 

 

300Km走行後のオーナー様の感想

 

まず、シフトショックが少なくなった。

今までならアクセルを踏み込んでトップスピードに乗るまで時間がかかり、かったるい感じだったのが、そんなに時間がかからずアクセルを踏み込んでからトップスピードに乗るまでの時間が短くなった気がする。

ピストン内部の気密性が上がった為に上記の様な力強い感触を感じるのだと思う。

感想は「凄くいい!!」

この一言につきます。

 

 

N様、この度はご協力いただきありがとうございました。

お車の走りが変わり、喜んでいただけてとても嬉しいです。

今回は、エンジン・AT・パワステとSOD-1フルコースでしたので、走りがとても変わったようですね。

N様のご感想通り、SOD-1の油膜は燃焼室の密封性を高めますので、完全燃焼に近づくことでパワーアップが期待できます。

 

« | ATオイル無交換車への取り組み | »

 

 

「SOD-1効果検証」

 

 

●検証車両 : ホンダライフ ライフ HP.jpg

●型式   : GF-JB1

●エンジン : E07Z

●排気量  : 650cc

●走行距離 : 75400㎞

●施工内容 : エンジンオイル交換

+SOD-1添加

オイルフィルター交換

 

 

 

 

※今回のテスト車はエンジンの汚れが非常にひどかった為、エンジンを分解し、可能な範囲でスラッジを取り除きました。

このエンジンの様に状態が悪い車にSOD-1を使用する場合は、分解してスラッジ・カーボンを取り除いてから使用して下さい。

また、オイルフィルターの交換、ストレーナーの掃除は必ずして下さい。

 

 

 

 

ライフ 排ガステスト HP.jpg

 

 

テスト前は

CO 0.09%

HC 100ppm

 

 

 

 

 

 

 

ライフ マフラー すす HP.jpg

 

 

 

 

 

マフラーはススで真っ黒でした。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エンジン 降ろす HP.jpg 

 

 

 

 

エンジンが車体から降りました。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライフ エンジン 分解.jpg

 

エンジンとミッションを切り離しています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライフ ヘッド HP

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライフ ヘッドカバーなし HP 

 

 ヘッドカバーを開けると・・・

カーボンが山盛りでひどい状況です。

 

 

 

 

 

 

 

ライフ ヘッド カムシャフトなし HP.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヘッド スラッジ HP.jpg

 

 

 

シリンダーヘッドにも大量のスラッジが溜まっていました。 

 

 

 

 

 

 

 

ライフ カムシャフト 分解.jpg

 

 

 

よく見るとカムにはうっすら傷が入っています。

ドライスタートによる摩耗でしょう。 

 

 

 

 

 

 

ライフ ロッカーアーム

 

 

 

ロッカーアームにも大量のスラッジが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライフ ロッカーアーム分解 

 

 

 

真っ黒の塊をバラバラにして、部品一つ一つのスラッジをふき取りました。 

 

 

 

 

 

 

 

ロッカーアーム 分解 HP.jpg

 

 

 

スラッジをふき取ったロッカーアームの部品達。

こびりついたカーボンは拭いてもなかなか綺麗になりません・・・。

 

 

 

 

 

 

 

ロッカーアーム.jpg

 

 

 ロッカーアームの部品を再度組み立てました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライフ ヘッド 後.jpg

 

 

 

 

シリンダーヘッドにスラッジを拭き取ったカムシャフトとロッカーアームを取り付けました。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライフ ヘッドカバー スラッジ HP.jpg

 

 

 

ヘッドカバーもひどい状況ですね・・・。

スラッジの塊で表面がボコボコしています。

積スラッジ1cmの場所もありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライフ ヘッドカバー スラッジの山.jpg

 

 

 

 

ヘッドカバーのスラッジをこさぐと

スラッジの小山ができました。

 

 

 

 

 

 

ライフ 燃焼室 HP.jpg

 

 

 

 燃焼室はすすで汚れています。

オイル通路にはドロドロのオイルが溜まっています。

細いオイル通路だと、詰まってもおかしくない状況です。

 

 

 

 

 

 

 

ライフ シリンダーブロック HP.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライフ クランクシャフト 外す HP.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライフ ピストン 3本 HP.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライフ オイルリング HP.jpg

 

 

 

ピストンにもスラッジが付着してますがオイルリングの固着はありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライフ ストレーナー.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライフ ストレーナー 網目 HP.jpg

 

 

オイルストレーナの網目には多少スラッジの塊が見えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライフ レベルゲージ HP.jpg

 

 

オイルレベルゲージは腐食して折れる寸前でした。

新品と比べると、劣化が明らかですね。

オイル管理が悪いと、オイルの防錆作用が低下するため、エンジン内部が錆ます。

 

 

 

 

ライフ 500キロメートル走行時 排ガス.jpg

 

 

テスト開始より500㎞走行後の排ガス

 

CO 0.02% ← 0.07%改善

 

HC 26ppm ← 74ppm改善

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2000km走行後(H23年3月11日)

 

 洗浄効果の確認をしました。

 

 

 

ライフ クランクシャフト HP.jpg

テスト前 

 

                    矢印.jpg

ライフ 走行後 クランクシャフト.jpgSOD-1添加し2000km走行後

 

ロアブロックの壁にこびりついていたスラッジが、徐々に洗い落されてきています。

(黄色の線で囲んだ部位)

 

 

SOD-1洗浄効果テストの経過

 

 H22年12月10日 テスト開始前

 

ライフ テスト走行開始前.jpg

 

H23年1月11日 テスト開始500㎞走行

 

ライフ 500キロメートル 走行

 

 H23年7月14日 テスト開始5000㎞走行

 

ライフ 5000キロメートル 走行

 

 

 

 

 

H22年12月10日 テスト開始前

 

ライフ テスト前 ヘッドカバー.

 

 

 

 

H23年7月14日 テスト開始5000㎞走行後

 ライフ 5000キロメートル走行 ヘッドカバー

 

« | 四輪 国産車 | »

 

カレンダー

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31