福岡被災地前進支援

現地は、ガレキ処理が終わっておらず、蚊やハエが大量発生しています。

福岡被災地前進支援は、虫よけグッズを被災地に届ける「虫よけ大作戦」を実施しました。

福岡被災地前進支援 虫よけ大作戦.jpg

 


« | 福岡被災地前進支援

 

H24年2月13日 写真洗浄

~福岡被災地前進支援ブログより~

 

今回は中央区笹丘公民館にて写真洗浄を行いました。

DSC_0002


写真洗浄が初めての方もたくさんいらっしゃいますが、何度も参加していただいて
そろそろリーダーさんに!!という方もいらっしゃいます!
リーダーさんやってみたい方は言ってくださいね♡


プロのカメラマンの方の写真に対する想いや技術につて
スタッフが学ばせて頂けることもたくさんありました


私の班は今回白黒写真を担当したのですが
お水を使うとぼろぼろになってしまうのでみんな水なしでいかにきれいにするか
格闘してました!


迷いながらもみんな真剣!!一生懸命!!

DSC_0019

福岡の皆さんの御協力で今回仙台市若林区からお預かりした写真
の洗浄はほぼ終了となりました。ご参加ありがとうございました!

一枚でも多く

持ち主のもとに

届きますように


事務所での洗浄、ファイリング作業はまだまだ続きます

ご参加いただける方は福岡被災地前進支援のホームページを見て
お申込みください。

今日出会った仲間たちです!!

DSC_0048

 

« | 福岡被災地前進支援 | »

 

12月4日は

「出会いのクリスマス」一般参加のイベントでした。

DSCN0202

朝のミーティング

今日の為にたくさんの方々が関わってくれました。

DSCN0205

今回は4つの時間に分けて作業をしていったのですが・・・

皆さん早起きが苦手なのか、朝一番のチームは少なめ。

しかしそのおかげで皆さん和気あいあい楽しく作成できましたよ!!

DSCN0206

DSCN0207

ふと気付くとプロジェクトリーダーのミヤはクリスマス仕様になっていました

DSCN0208

DSCN0210

第3回支援メンバーの2名も駆けつけました

時間がたっても伝えたいと考え行動に移してくれる仲間たちに感謝です。

DSCN0211

DSCN0212

DSCN0213

これから我々が預かる皆さんの個人情報についても説明させていただき、

皆さんもご理解のうえ制作していきました。

DSCN0214

DSCN0216

DSCN0218

そして出来上がりは皆さんびっくりするほどクオリティが高い!!

色鉛筆が絵の具になるものや、漫画家が使う色ペンなど初めて目にするものも多くあり、

中にはクリスマスカードも手作りで持ってきてくださる方もいらっしゃいました。


DSCN0219

午後からはTV取材陣も参加

DSCN0220

DSCN0221

DSCN0222

皆さんと共にたくさんの「アツい想い」を創りました。

真剣な眼差しで取り組んでいます。

DSCN0223

皆さんが制作した後側では前進支援のスタッフたちが

一つ一つ心をこめて靴下の中に皆さんが作ったカードやツリーを入れていきます。

DSCN0224

長老も取材されてました

DSCN0225

DSCN0226


たくさんの方に集まっていただき心から感謝です。

皆さんの大切な想い、責任を持って届けてきます!!

« | 福岡被災地前進支援 | »

 

南三陸町の海の中 

今回(H23年10月17日~23日)D1ケミカルスタッフが同行した現地ボランティアの期間に、ボランティア団体代表が海の海底調査をしてきました。

 

TNCニュース(H23年10月24日放送)

 

 

 

RKBニュース(H23年10月25日放送)

 

 

« | 福岡被災地前進支援 | »

 

D1ケミカルが支援を続けているボランティア団体「福岡被災地前進支援」と共に、

 

女性スタッフ一名が一週間のボランティア活動に行ってきました。

 

今回はハーレーダビッドソン福岡様のマイクロバスをお借りし、

 

24時間かけて高速道路で行きました。

 

南三陸についてまず思ったことは、

 

「何もない・・・」

 

今までの町の風景が想像できないくらいに平地で、

 

ところどころに4階建てのビルくらいの瓦礫の山がありました。

 

南三陸一望

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑志津川中学校より撮影

 

 

上から見ると、草が生えてていてキレイに見えますが、

 

この草の中に埋もれた瓦礫の撤去がまだまだ終わっていません。

 

まだまだボランティアは足りていません。

 

次回は、地元の方から聞いたお話を更新します。

« | 福岡被災地前進支援 | »

 

〈福岡被災地前進支援 代表 大神 さんのブログより〉

9月11日(日) 10:00~15:00で女川町より預かった写真の洗浄作業を行いました。

前進支援のメンバー、一般ボランティアの皆さんあわせて約150名の参加がありました。
震災発生からちょうど6ヶ月ということもあり、全員で黙祷を行い「元気だま」を被災地に送り終了しました。


受付前のスタッフミーティングです。
IMGP0014-1

受付開始早々沢山の方に来ていただきました。
IMGP0022-1

写真洗浄中
IMGP0040-1

IMGP0063-1

他にも写真がありますので、近日中に前進支援フォト蔵にUPします。

本当に、充実した一日になりました。
福岡のアツイ思いに、百万の感謝です!!

 

 

写真洗浄 HP.jpg

 

 

 

D1ケミカルからも2名参加しました★

持ち主の方の元に戻って欲しいという気持ちを込めて、一枚一枚洗浄しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« | 福岡被災地前進支援 | »

 

 

6月10日 放送分

 

 

 

5月12 放送分

« | 福岡被災地前進支援 | »

 

ボランティア期間中、被災された方達とお話する機会がありました。

 

歌津(南三陸町)の自宅が津波で流されてしまった83歳女性 Aさん

 

現在、宮城県内の息子さんのお宅に避難されていました。

歌津の自宅では一人暮らし。畑いじりが趣味だったそうです。

「津波で、家も野菜も畑も、何もかも全部なくなった。」と一言。

津波の破壊力が伝わります。

 

 

 

歌津 コンクリート.jpg

歌津.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歌津地区

Aさんはコンクリートの建物の屋上に避難して、津波から逃れることができました。 

 

 

 

幸いなことに、Aさんの息子さん達家族は皆無事。

しかし、地震発生から約3か月後に、息子さん(60代)が急性心筋梗塞で亡くなられた

そうです。

特に持病はなく、原因は、震災によるストレスではないかということでした。

 

「せっかく、津波から生き残ったのにね。いろいろ考え込んでたんだろうね。」

Aさんの目には涙が浮かんでいました。

 

亡くなった息子さんは漁師でした。

避難後から、ハローワークに毎日通い、就職先を探していたそうです。

しかし、60歳を過ぎた息子さんに就職先は見つからず。

 

被災された方達は精神的にとても追い込まれている状況です。

 

この日、Aさんは「震災後、今日は初めて笑った」と言っていました。

被災された方達の聞き手となり、精神面のケアもボランティアの重要な役割です。

 

« | 福岡被災地前進支援 | »

 

D1ケミカルは

福岡から被災地を応援したいという熱い思いが集結した 「福岡被災地前進支援」

       と一緒に被災地の復興を応援しています。

 

今回、5月30日~6月3日でD1ケミカルの女性スタッフが現地のボランティア活動に

参加してきました!

 

場所は南三陸町。

町は、ほぼ全壊。

人口約17000人の町で、現在死者と行方不明者を合わせて約1000人にのぼります。

津波発生から3カ月経つ今でも、南三陸町へ辿りつく交通機関は気仙沼からのバス(3本/日)しかありません。

車がないと身動きがとれない状況ですが、町の車はほとんど津波で流されています。

 

 

プリウス.jpg

津波 車 山.jpg

 

 

 

 

今回は、南三陸町のボランティアセンターでの活動に参加しました。

 

南三陸町 ボランティアセンター.jpg

 

活動は1日のみでも受け付けてくれます。

個人・団体どちらも可能です。

仕事内容は

写真の洗浄、写真の展示、子供のお世話、片づけ隊などいろいろあり、

希望することができます。

私は、男性陣に加わり、片づけ隊の活動をしてきました。

 

 

 

1日目

側溝の上に片づけられた瓦礫達の移動。

 

津波がれき.jpg

 

この倍の量の瓦礫を移動。

休憩時間以外は手を休めることなく、

汗流しながら黙々と働き、

さばける男性3人組の働きっぷりで約3時間くらいで片付きました。

瓦礫やごみは割と小さく砕けているため女性でも運べます。

 

 

2日目

側溝の泥かき

津波で町の側溝は泥がパンパンに詰まっていました。

 

泥かき.jpgこれでは、生活排水も流れませんし、

雨が降れば二次災害に繋がります。 

 

この作業、想像以上にきついです。

同じ動作を繰り返すため、非常に腰が痛い。

水分を含んだ泥は凄く重く、悪臭もしていました。

しかし、人の力で地道に泥を取り除くしかありません。

地味ですが、とても重要な作業です。

 

 

ちなみにこの写真の女性は、東京から一人で来て、テント生活をしていました。

女性のボランティアさんも頑張っています!

 

 

3日目

津波で半壊のSさん宅の片づけ

「リフォームしてまた住みたい」とオーナーが決断されたため、

リフォームできる状態まで片づけをしている途中経過です。

 

半壊

この家の二階まで津波がきていて

壁には水に浸かった跡がしっかり残っていました。

二階は床が抜けていてとても危険な状態です。

家の中のすべての物を運び出し、家の周りはゴミの山です。

家中に砂が溜まっているので、それをきれいに掃除し、そ

の後水圧洗浄機で流します。

そして、消毒剤をまいて、やっとリフォーム業者に引き継げるそうです。

 

まだまだ、家の周りもゴミが散乱していて、片づけには時間がかかりそうです。

 

 

こちらの家の前には10mくらいの丘があるため直接海は見えませんが、歩いて1km先は海です。

海からの高さもそんなにありません。満潮時で海抜5mくらいでしょうか?

奥さんに 「同じ場所に住むのは恐くないんですか?」と尋ねると

「恐いけど、海は憎めないねぇ。海と一緒に生きてきたからね。」と答えが帰ってきました。

生まれた時から何十年と生きてきた場所への住民の方たちの思いを大切にしながら、

復興を進めていくべきだと思いました。

 

 

H23年6月現在

東日本大震災から約3カ月が 経った今でも、町は瓦礫の山です。

 

 

うたちゃん橋.jpg

がれき山.jpg

 

 

 

 

 

 

 津波 家.jpg 津波 家 5.jpg

 

 

 

 

 

津波 家4.jpg

津波 家 6.jpg

 

 

 

 

 

 

津波 船.jpg

津波 船 2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これでも、発生直後と比べると猛スピードで片付いてはいるそうですが、

現地の方達が住める状態になるまではまだまだ時間がかかります。

 

 

ボランティアの方達の文句一つこぼさず一生懸命がんばっている姿にすごく刺激を受けました。

皆さん、ちょっとでも被災者の方達の力になりたいとう思いで熱く燃えています。

GW以降、ボランティアの数も減っているそうです。

現地ではボランティアの方々の力を必要としています!

 

福岡被災地前進支援は福岡での活動だけでなく、今後も定期的に現地での活動をしていく予定です。

是非こちらのHPもご覧下さい☆

福岡被災地前進支援

http://fhs.diver-sion.com/

福岡被災地前進支援リーダーのブログ

http://shizendensyo.blog89.fc2.com/blog-category-8.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福岡被災地前進支援 | »

 

カレンダー

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30