トヨタ タンドラ ATの変速ショックが少し和らいだ

●検証車両 : トヨタ タンドラ

●型式   : 2UZ

●年式   : H16年

●走行距離 : 約8万5千㎞(並行輸入の為、実走行20万km以上

●症状   : 
オートマの変速ショックが大きい。加速時の1速から2速に変速するときに、「ドンッ」と体にショックが伝わるぐらいに大きな変速ショックがある。低速の変速時にも大きなショックがある。

●施工内容 : 
中古で購入時にATFは交換されていた為、コンタミチェック後にSOD-1Plus添加。エンジン・パワステにもSOD-1Plus添加。

トヨタタンドラー車体後ろ.jpg

ATFに添加後約1㎞走行では、低速時の変速ショックが少し和らぎました。加速時のショックも少し和らいだ感じがあります。

事例紹介はこちら

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: トヨタ タンドラ ATの変速ショックが少し和らいだ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://d1-chemical.com/blog/mt-tb.cgi/448

カレンダー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31