2015年9月アーカイブ

エンジン内酸化物の還元洗浄トライボロジー特性改善

D1ケミカル「SOD-1」の効果

論文は久留米工業大学の渡邉隆司名誉教授と崇城大学工学部機械工学科の里永憲昭准教授が共著して、里永准教授がPF&Lで発表しました。

 

自動車技術会(加藤光久会長)が1~4日に京都で開催した「Powertrains, Fuels and Lubricants(PF&L)2015」において、D1ケミカル(園田智之社長、福岡市博多区)のオイル添加剤「SOD-1Plus」を研究題材とした講演が行われた=写真。SOD-1の実証実験を行っている崇城大学工学部の里永憲昭准教授が「自動車潤滑油の還元添加剤におけるトライボロジー特性に及ぼす影響」と題した講演を行い日頃の研究の成果を発表した。

PF&Lは2035年に向けて、CO2削減など環境保護の観点から燃料や自動車技術について議論する国際ミーティング。スピーチや質疑応答はすべて英語で行われた。会場は大ホールのほか8部屋を使用し、4日間で200以上の講演が開かれた。里永准教授の講演は海外の研究者らを中心に約50人が聴講した。

講演では、自動車用潤滑油の添加剤として、エステル系合成潤滑油のSOD-1がもたらす効果を様々な角度から検証。「エンジン内酸化物の還元洗浄」など、SOD-1を添加することでトライボロジー特性が著しく改善したなどの検証結果を発表した。エンジンやミッションなどの寿命が延びることで、クルマそのものの延命にもなるとし、聴講者らから好評を得ていた。

SOD-1はエンジン、ミッション、パワステなどの各オイルに添加して使用する。開発から20年が経過し、納入先は年々増加中で、新車ディーラーや専業の整備工場などで広く取り扱われているほか、全国のオートバックス店で購入できる。また近年では、アジア圏でネット販売されるなど海外需要も高まっている。

今回のPF&Lでの発表について園田社長は「里永准教授にご協力いただいて、効果を学術的にも実証していくことで、添加剤のイメージを変えていきたい」と話している。

« | 日刊自動車新聞記事 | »

 

D1グランプリに参戦しているドリフト車両でのデフオイルの分析結果が出ました!

D1グランプリの詳細ページはこちら

―約2時間ドリフト練習走行後に抜いたデフオイルを比較―

検証内容

デフオイル交換後の新油(デフオイル単体)の状態から約2時間ドリフトの 練習走行をする。その後オイル交換を行い、分析用オイルを採取。オイル交換の際に SOD-1Plusを総油量の10%添加し、新油(デフオイル+SOD-1Plus)の状態から再度約 2時間ドリフトの練習走行をする。その後分析用オイルを採取。採取したオイルは、(株)ジャパンアナリストに提出し、オイル中の金属元素の分析とシェル四球摩耗テスト試験を実施。

D1車両デフオイルhp.jpg

<検証結果>

SOD-1Plusを添加しているオイルの方が、摩耗痕径が小さく、鉄粉の量が少ない為、SOD-1Plusは摩耗防止に非常に効果的です!!

« | モータースポーツ | »

 

 

国際学会発表 広告H270917.jpg

 

発売より17年間の実車に添加した結果を基に自動車技術会国際会議で論文発表

 

今回は9月2日に京都で開催された「Powertrains,Fuels and Lubricants」で、これまでの検証結果を基に、「自動車用潤滑油の還元添加剤によるトライボロジー性能(潤滑・摩耗・摩耗性能)に及ぼす影響」として論文を発表しました。論文は久留米工業大学の渡邉隆司名誉教授と崇城大学工学部機械工学科の里永憲昭准教授が共著して、里永准教授が発表しました。

 

論文内容一部抜粋

本添加剤のコンセプトとは潤滑摺動部のコンタミ類を清浄、分解、除去して、最初の潤滑面(金属加工面)を再生、還元することにより、潤滑、摩耗、摩擦といったトライボロジー性能の改善を示唆している。

 

論文はこちら

« | 日刊自動車新聞記事 | »

 

●検証車両 : フォルクスワーゲン ニュービートルカブリオレ

●型式   : GH-1YAZJ

●エンジン : AZJ

●排気量  : 1.98L

●走行距離 : 約10万km(H27年9月現在)

●使用状況 : 通勤

●オイル交換: 1万Km走行毎にオイル交換

年に一回約1万㎞走行毎にエンジンのオイル交換をしている車です。

今回はエンジンオイルの交換とSOD-1Plusの添加、AT内の摩耗状況のチェックを行いました。ATフルードの交換をしてから約3万㎞走っています。

ビートル車体2015.9.jpg ビートル2015.9オイルパン.jpg ビートル42015.9オイル抜く.jpg ビートルSOD-1添加.jpg エンジンオイル交換後にSOD-1Plusをエンジンオイル総量の10%添加しました!

この車にSOD-1Plusを入れると、エンジン音・振動の軽減、走りだしのスムーズさ、パワーの向上が体感で分かります。

ビートルATF下抜き2015.9.jpg ビートル2015.9ATF抜いた.jpg ビートル2015.9コンタミチェック.jpg ビートル2015.9コンタミパーツクリーナー.jpg ビートル2015.9ATFエアー.jpg ビートルコンタミチェック.jpg

コンタミチェックの摩耗診断では消耗度1~2と少し鉄粉が出ていました。

3年前にオイル交換した際は、約8万㎞ATF無交換(SOD-1の添加無し)の状態だったので、それまでの鉄粉の残りも含まれていると思われます。そろそろATF交換(SOD-1Plus注入含む)が必要ですね。過走行車ですがSOD-1Plusを添加しているおかげで、変速ショックも無くとても快適な走りをしてくれます。お気に入りの車が快調に走ってくれると嬉しいです!

« | 四輪 輸入車  | »

 

福岡市南区清水に整備工場を持つ阪下自動車さんが、日刊自動車新聞発行「整備戦略9月号」に取り上げられていました。

見開きにわたり、阪下自動車さんが成功されている「新規の集客術」の手法が書かれていました!

 

 

阪下自動車.jpg

 

福岡市南区

阪下自動車

阪下自動車(田中雄平代表、福岡市南区)は地域密着の街の整備工場として、35年以上続く老舗だ。古くからの整備工場ではよくある話だが、同社は付き合いのある顧客からの信頼は厚いものの、新規客の獲得では競争の激化もあり数年前まで悩まされ続けていた。そうしたなか、同社では日々の整備の仕事をつづったブログの発信で、認証工場の多くが苦戦している新規の集客と顧客基盤の拡大に結び付けている。

 

入社の条件は”事業承継”先代から顧客や工場を引き継ぐ

代表の田中氏は福岡県内のトヨタ系ディーラーに就職したあと輸入車ショップで働き、その後、海外青年協力隊としてジャマイカで分解整備の仕事を教えるボランティアをしたユニークな経歴の持ち主。

帰国後、知り合いの紹介で阪下自動車に入社した。入社の条件は会社を継ぐこと。後継者がいなかった先代から顧客と工場を譲り受けて、同社を経営するに至っている。

田中氏が入社したころの同社は、昔からある「街の整備工場」という言葉がぴったりと当てはまる工場だった。固定客の心はつかんでいるものの、新規客はさっぱりという状況だったという。経営は安定していたが、田中氏は顧客の高齢化が進んでいることに危機感を抱き、将来を見据えて新規客の獲得を模索していく。

まず、先代が会社としてはゴーサインを出さなかった中古のタイヤチェンジャーを自腹で購入した。輸送コストを節約するために、休日の高速料金が1000円だったころに、購入先の関西までトラックを自ら運転して取りに行った。先代は集客に懐疑的だったが、タイヤチェンジャーの導入で、大手タイヤ通販サイトを経由して、徐々に新規客の入庫が増えていった。

4年以上続くブログで集客

月10件以上の新規客を獲得

同社の経営を引き継いだ現在、集客のツールとなっているのが、4年以上続けているブログ「阪下自動車の日々」だ。ブログでは整備した作業内容を写真付きで詳しく紹介する。ブログを始めてから1年ほどは何の反応も無かったが、1年半が過ぎたころから少しずつ反応が出始めた。現在ではブログだけで週に数件、月に10数件の新規の一般整備入庫をコンスタントに獲得している。

ブログで紹介している整備の内容は、ずばり獲得したい仕事。ブログをきっかけとした整備入庫の傾向として、ブログに載せた整備内容そのものの依頼、さらには整備して載せた車種そのものの入庫が多いという。そうしたなかで、同社がブログを通して、新規入庫獲得のために前面に打ち出しているサービスメニューがATFの交換だ。

同社のATF交換は、交換後の効果を高めるためにD1ケミカルの「SOD-1Plus」というオイル添加剤を訴求することを大きな特徴としている。また交換後のトラブル発生を回避するために、一般的なオイルの色で判断するのではなく、トラブル発生の要因となるAT内部の異常摩耗の状態を「コンタミチェッカー」を用いてチェックし、交換の可否を事前に診断してから行っている。他社とは違うオイル添加剤と事前診断の2つのポイントをブログでしっかり紹介。単にATF交換を訴求するのではなく、同社のATF交換の信頼性の高さをPRすることで「阪下自動車でまず診断してもらって、SOD-1を入れてATF交換をしたい」というユーザーの集客に成功している。

 

地域に欠かせない存在でありクルマ好きからも信頼される

また、ブログで入庫を促進するためには、訴求するポイントやテクニックがいくつかあるとしている。たとえば、具体的な整備の内容だけでなく、整備機器の商品名を載せることで、クルマや整備に詳しいユーザーからの問い合わせが増え、入庫に結びつくケースがあるという。ATF交換では、信頼性を求めて県外からの入庫もある。

ブログでの新規獲得もあって現在では、先代から引き継いだ顧客と新たにつかんだ顧客の比率は半々までなった。「街の整備工場」として地域に欠かせない存在として親しまれつつ、多くの車好きからも信頼される工場として、顧客の輪を広げている。

 

 

 

« | SOD-1のプロフェッショナル達(工場様紹介) | »

 

先週末は鈴鹿8時間耐久ロードレース2015にRSGレーシングチームのスポンサーとして応援に行ってきました!

RSGレーシングチームはプライベートチームとしてSSTクラス(最も市販車に近いクラス)に参戦しました。

8耐(2).JPG

向って左西山尚吾(第一ライダー)、中央東野賢吾(第二ライダー)、
右皆木栄人(監督兼第三ライダー)

8耐(4).JPG

マシン:CBR1000RRSP、排気量1,000cc、最高出力123PS、
水冷4ストロークDOHC4バルブ直列4気筒、時速300㎞

8耐(5).JPG

メカニックも真剣な表情で入念に整備・点検

8耐(3).JPG

ピットには「SOD-1Plus」の横断幕もかかっていました!

8耐(6).JPG

8耐(13).JPG

レース序盤に転倒しましたが、大きな損傷も無く走行続行できました。
その後チェーンが切れるトラブル発生しましたが、
ドライバーがマシンを押して戻り、メカニックの迅速な対応で復帰。
着実に走行を重ね中盤には50位に順位を上げ、後半線に突入し路面温度61度、
気温35度の過酷な猛暑の中走行を続けるライダー達。
選手だけでなく、最高速度300㎞の過酷な使用状況にエンジン、
ミッションも頑張っていました!

8耐(17).JPG

最終ラップを終えたライダーをスタッフ全員で迎える。

8耐(15).JPG

無事完走し、抱き合って喜ぶスタッフ

IMG_4200.JPG

レース終了20分前にテールランプ点灯しないトラブルがあったものの、
大事に至らず無事完走!

Lap 166 :距離約967㎞(1週5.821㎞)、総合46位、SSTクラス8位

西山尚吾 第一ドライバーからの「SOD-1Plus」体感コメント

8耐(1).JPG

SOD-1Plusを添加すると、シフトフィーリングとエンジンの吹き上がりのスムーズさが違います。振動も軽減されています。400㎞ほど走行すると、シフトフィーリングが悪くなってきますが、SOD-1Plusを添加していると500㎞以上走行してもシフトフィーリングが変わらず、まだまだ走行できるような体感があります。

8時間耐久レースでは、気温35度、時速300㎞、度重なるギヤチェンジと過酷な使用環境の中、レース序盤から最後までシフトフィーリングと吹き上がり性能はかわない事を実感でき、「SOD-1Plus」の耐久性・持続性も再確認できたレースとなりました。

« | モータースポーツ | »

 

今回は京都で開催された自動車技術会国際会議「Powertrains,Fuels and Lubricants」で、これまでの検証結果を元に「自動車用潤滑油の還元添加剤によるトライボロジー性能(潤滑・摩耗・摩擦性能)に及ぼす影響」として論文を発表しました。論文は久留米工業大学の渡邉孝司名誉教授と崇城大学工学部機械工学科の里永憲昭准教授が共著して、里永教授が発表しました。

 

会議場の様子

 

IMG_1382.JPG

 

IMG_1379.JPG

 

IMG_1380.JPG

 

IMG_1371.JPG

 

IMG_1372.JPG

 

IMG_1373.JPG

 

IMG_1375.JPG

 

IMG_1376.JPG

 

 

 

 

 

« | FAQ

 

9月3日~6日、韓国で国内最大の自動車部品展示会である2015オートモーティブウィークとチューニングカーコンテストが開かれていました。

この展示会に、SOD-1Plus施工店のエステロンさんが参加され、SOD-1Plusのステッカ―を貼ったチューニングカーを展示されていました。エステロンさんは仁川空港がある仁川市の外車専門のオイル交換ショップで、開店当初よりSOD-1Plusを取り扱っています。

 

 

Esteron1.jpg

 

 

Esteron2.jpg

 

Drift(SOD-1 Plus)1 (1).jpg

Drift(SOD-1 Plus)1(14).jpeg

 

Drift(SOD-1 Plus)1 (13).jpg

 

Drift(SOD-1 Plus)1 (12).jpg

 

Drift(SOD-1 Plus)1 (5).jpg

 

Drift(SOD-1 Plus)1 (7).jpg

 

Drift(SOD-1 Plus)1 (6).jpg

韓国のSOD-1Plus販売代理店DOC  Korea  Corporation チェン社長


Drift(SOD-1 Plus)1 (9).jpg

 

韓国ではここ2~3年で若い世代を中心にドリフトレースの人気が高まったいるそうです。

今後はレース車両でもSOD-1Plusの活躍が広がる事を期待したいです!

 

 

« | モータースポーツ | »

 

カレンダー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31