2008年式 Toyota シエナATF汚濁改善事例

検証車両:2008年式 Toyota シエナ

テスト開始日:2013年4月22日

年式:2008年

型式:4T1BE32K03U700510 

走行距離:170,000mile(約272,000km) 

 

症状

30,000mile(48,000Km)ごとにATFを交換しているが、それでもすぐにオイルが黒くなってしまう。

処置

①ATF交換、SOD-1添加(630cc)

※ATF交換については、圧送式でエンジンを始動し新しいオイルを注

入しながら冷却した。ホースより古いオイルを抜き取った。

循環式と違い当該車両は、古いオイルが内部に残りにくい。

 

Toyota シエナF-1.jpg

LA シエナ メーター

 LA シエナ 型番LA シエナ エンジンルーム

  

 

 


 

 

 

 

 

経過報告

経過観察日:2013年6月21日

経過観察報告・改善状況

2カ月間で5,200mile(8,320km)走行した。シフトフィーリングは格段に向上していた。検証目的のATFの汚れは、現在のところはほとんど汚れがない状態である。

 

LA シエナ 5,200mile走行時

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 2008年式 Toyota シエナATF汚濁改善事例

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://d1-chemical.com/blog/mt-tb.cgi/280

カレンダー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31