SOD-1の意味は??

SODとは

 

人間の体内で抗酸化作用を持つSOD(スーパーオキシドジスムターゼ)からつけています。

 

体の中には活性酸素という細菌・ウイルスなどの毒を除去する酵素が働いています。

しかし活性酸素は非常に酸化力が強く、過剰に増えると正常な細胞まで酸化で壊してしまいます。

酸化は老化(しわ・しみ・そばかす)や癌・脳梗塞・心筋梗塞の原因になります。

 

そこで・・・

不要な活性酸素を取り除き、体の酸化を防止するのがSODです。

 

車も人間と同じです。車ではエンジンは心臓、オイルは血液。

 

循環 HP.jpg

オイルがエンジン内を循環することによって、エンジンは正常に働くことができます。

しかし、オイルも酸化が起こります。

ブローバイガスや水分・金属粉の混入・熱など様々な原因酸化します。

人間の酸化原因がストレス・喫煙・紫外線・アルコールなど多種多様に存在するのと同じように。

オイルの劣化の一番の原因は酸化です。

オイル自体にも酸化防止剤は入っていますが、2000㎞~3000㎞で効果は低下すると言われています。

 

酸化がすすむと・・・

オイル中でのスラッジの生成が進み、オイルはドロドロになります。

スラッジはエンジン内各部に堆積し、細いオイル通路が詰まれば、オイルの循環不良でエンジンは壊れます。

人間に例えると心筋梗塞ですね。

 

SOD-1

①酸化原因を防ぐ(水分・ブローバイガス・金粉の混入を抑える・熱・せん断に強い)

②酸化防止剤の効果を強化

③洗浄効果によりスラッジを除去またスラッジの発生を抑制(インサイトの事例参照)

 

によって、オイルの性能を強化・酸化を抑制し寿命を伸ばすことで車を守ります。

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: SOD-1の意味は??

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://d1-chemical.com/blog/mt-tb.cgi/115

カレンダー

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30