導入事例

ニッサン ローレル 約13万km走行車のオートマチックオイル交換

2017.08.17 | AT/CVT
ニッサン ローレル 約13万km走行車のオートマチックオイル交換

導入事例データ

●検証車両 : ニッサンローレル
●型式   : E-GC35
●年式   : 平成9年
●走行距離 : 約13万km
【症状】
 加速のもたつきがある。今後のATトラブルの予防をかねて。

【施工内容】
 コンタミチェック後、ATF交換+SOD-1Plus添加
走行距離129,634km
走行距離129,634km

まずはコンタミチェックから

まずはコンタミチェックから
コンタミチェックの結果は消耗度1と内部の摩耗はほとんど見られない状況でした。

ATF交換+SOD-1Plus添加

チェンジャーでATF交換
チェンジャーでATF交換
SOD-1PlusをATF総油量の7%用意
SOD-1PlusをATF総油量の7%用意
SOD-1Plus注入
SOD-1Plus注入
ATF交換の際にSOD-1Plusが必要な理由はこちらの記事をご参照下さい。
「約16万㎞オートマチックオイル無交換車(SOD-1Plus添加有)のATを分解調査」
http://d1-chemical.com/at-atf

お客様の声

事前に行った販売店では「過走行車のATF交換はすべりを発生させる可能性があるからお勧めはしない。」と言われていたので、いざオートマチックオイルを交換するとなると不安でいっぱいでした。しかし、オートマチックオイル交換の必要性や、実際にコンタミチェックのフィルター見せてもらい、オイル交換ができる状態であることを説明してもらい、オートマチックオイル交換後には不安は安心へ、また、感動へ変わりました。

ピックアップ