導入事例

ニッサン ステージア  コンタミチェックご希望でのご来店 

2017.07.12 | AT/CVT
ニッサン ステージア  コンタミチェックご希望でのご来店 

導入事例データ

●検証車輌:ニッサン ステージア
●年式:平成17年
●走行距離:189,764km

お客様のご要望

中古車で購入した為、ATF交換履歴が分からない。コンタミチェッカー設置店を探していたところ、D1ケミカルのHPを見つけ、問合した。コンタミチェックをしてからオートマチックオイル交換をしたい。

※コンタミチェックができるショップをお探しのお客様からの問い合わせが増えています!!

まずはコンタミチェックから

走行距離189,764km
走行距離189,764km
コンタミチェッカーでATF抜き取り中
コンタミチェッカーでATF抜き取り中
抜いたオイルは真っ黒でした。通常のオイルの色・走行距離(約19万㎞ATF交換履歴不明)で判断した場合は、オートマチックオイル交換はお断りする状態だと思います。
コンタミチェッカーの判定では消耗度2と、AT内部の消耗が多少みられる状態(ATF交換注意レベル)でした。オートマチックオイル交換後に変速ショックや滑り等の不具合が出る可能性も考えられますが、このままの状態では摩耗が進むだけです。

オートマチックオイル交換+SOD-1添加

SOD-1をATF総油量の7%用意
SOD-1をATF総油量の7%用意
ATFレベルゲージから注入
ATFレベルゲージから注入
お客様に交換のリスクと交換しない場合のリスク、またSOD-1添加の必要性をご説明し、お客様のご了承のもとオートマチックオイル交換とSOD-1添加を施工しました。交換できる状態のうちに定期的な早めのオートマチックオイルを提案することで、お客様の愛車のトラブルを予防できることができます。
ATF交換の際にSOD-1Plusが必要な理由はこちらの記事をご参照下さい。
「約16万㎞オートマチックオイル無交換車(SOD-1Plus添加有)のATを分解調査」
http://d1-chemical.com/at-atf

お客様の声

【施工後 】
中古車で購入したのでATF交換歴が分からない過走行車でしたが、御社でコンタミチェックをしていただいた結果、なにも心配せずにATF交換をすることができました。
【200㎞走行後】
SOD-1を添加して200㎞程走行しましたので結果報告をさせていただきます。
ATF交換をしようと思った要因である「走行中シフトダウンが出来なくなる症状」が出そうな程の長い時間は走っていないので、改善されたがどうかは未だ分からないのですが、シフトチェンジ時のショックが和らいだことは実感できますし、アクセルの踏込に対する車の反応が以前よりも素早くなっているように感じます。そして何よりも、ATFが新しいということで気持ち良く車を走らせることができています。かなりの過走行車ですが、これからもまだまだ乗り続けたいと思います。この度は本当に有難うございました。

ピックアップ