導入事例

【ロサンゼルス】 SUBARU レガシィ 油圧リフターの異音軽減

2017.07.07 | エンジンオイル、AT/CVT
【ロサンゼルス】 SUBARU レガシィ 油圧リフターの異音軽減

導入事例データ

●検証車輌:スバル レガシイ
●型式:不明
●年式:1991年
●走行距離:152,657maile(約244,251km)

症状

①エンジン油圧リフターからカラカラという異音が少し有る。
②その他、AT、デフ共に目立った症状は無し。

施工内容

エンジン・AT・デフにSOD-1添加
走行距離 152,657km
走行距離 152,657km

結果

◇エンジン
・添加後油圧リフターのカラカラ音軽減した。
・エンジンは軽くなり燃費約5%程度向上された。信号待ち等でDレンジで停止しているときの振動が軽減された。

◇AT
ATシフトフィーリング向上、しかし、シフトタイムラグが発生。
ATF交換の際にSOD-1Plusが必要な理由はこちらの記事をご参照下さい。
「約16万㎞オートマチックオイル無交換車(SOD-1Plus添加有)のATを分解調査」
http://d1-chemical.com/at-atf
ピックアップ