導入事例

BMW 320d(F31) 変速不具合改善!

2019.12.16 | AT/CVT
BMW 320d(F31) 変速不具合改善!

導入事例データ

検証車両:BMW 320d(F31)
車両年式:平成25年10月
車両型式:LDA-3D20
エンジン型式:W47D20C
ミッションタイプ:AT

【総油量】
ミッション:8.5L

【SOD-1Plus添加量】
ミッション:7%(約600㏄)

【作業内容】
ATF、オイルパン、ストレーナー交換+SOD-1Plus添加

【情報】
熊本県からのお客様でした。
中古で購入したが、前の整備暦が不明で変速時に軽いショックを感じたため、又今後の予防整備もかねての御依頼です。
まずは、コンタミチェックです。
フルードの色は真っ黒になっていました。
まずは、コンタミチェックです。
フルードの色は真っ黒になっていました。
チェックの結果はレベル1~1.5。
コンタミチェッカーを使用することで色だけで判別が出来ない
内部の摩耗状態を確認出来るので、安全なフルード交換が可能です。
チェックの結果はレベル1~1.5。
コンタミチェッカーを使用することで色だけで判別が出来ない
内部の摩耗状態を確認出来るので、安全なフルード交換が可能です。
オイルパンを外します。
今回の車両はオイルパンとストレーナーが一体式となっておりますのでオイルパンごと交換です。
ドレンが樹脂製なので、外す際と締め込む際には割れないように注意が必要です。
オイルパンを外します。
今回の車両はオイルパンとストレーナーが一体式となっておりますのでオイルパンごと交換です。
ドレンが樹脂製なので、外す際と締め込む際には割れないように注意が必要です。
外したオイルパンの近影です。
内部に付いているマグネットを確認すると、鉄粉が出ていることが分かります。
マグネットは磁力が落ちることも考えられる為、原則として再使用は不可です。
外したオイルパンの近影です。
内部に付いているマグネットを確認すると、鉄粉が出ていることが分かります。
マグネットは磁力が落ちることも考えられる為、原則として再使用は不可です。
新しいオイルパンです。ストレーナー一体型です。
循環してきたフルードは赤枠部から吸い上げられ、黄枠部を通してバルブボディへ送られます。
新しいオイルパンです。ストレーナー一体型です。
循環してきたフルードは赤枠部から吸い上げられ、黄枠部を通してバルブボディへ送られます。
サイドについているフィラーキャップを外し、フルードを充填させていきます。(CLIMAX使用)
画像に移っているアタッチメントは弊社オリジナルのハンドポンプキットアタッチメントです。
サイドについているフィラーキャップを外し、フルードを充填させていきます。(CLIMAX使用)
画像に移っているアタッチメントは弊社オリジナルのハンドポンプキットアタッチメントです。
最後にSOD-1plusを入れ、油量を確認したら作業は終了です。


ハンドポンプキットについては下記URLを御参照下さいませ。
http://d1-chemical.com/handpunp-atfchange

セルフメンテナンス用パッケージのご紹介

セルフメンテナンス用パッケージのご紹介
SOD-1Plusがセルフメンテナンスにご使用いただけるエンジン専用パッケージ【SOD-1 Plus For Engine】として新たに登場。
インターネット通販サイト「Amazon」「楽天市場」にて好評発売中です。

お客様の声

本日はお世話になりました。
帰り、2時間ぐらい走行した感想ですが走り出しも含め全体がスムーズになりました。

ピックアップ