導入事例

スズキ ワゴンRスティングレー CVTF交換+SOD-1Plus添加で予防整備

2019.07.18 | AT/CVT
スズキ ワゴンRスティングレー CVTF交換+SOD-1Plus添加で予防整備

導入事例データ

検証車両:スズキ ワゴンRスティングレー
車両年式:平成24年12月
車両型式:DBA-MH34S
原動機型式:R06A
ミッション:CVT
走行距離:106,715km

過去のCVTF交換ではドレンから抜け出た量分を補充したのみ。
走行距離は106,715Kmです。
走行距離は106,715Kmです。
コンタミチェックの実施。
使用レベルゲージ有りの為、ゲージ口から20cc程フルードを抜き取ります。
コンタミチェックの実施。
使用レベルゲージ有りの為、ゲージ口から20cc程フルードを抜き取ります。
CVT内部の摩耗度はレベル1です。
右:新品フィルター
左:チェックしたフィルター
CVT内部の摩耗度はレベル1です。
右:新品フィルター
左:チェックしたフィルター
今回はCVTF全量交換と同時に、ストレーナ交換とリターンフィルターの交換も行いました。
ドレンからフルードを排出させた後に、オイルパンを外し、清掃を行います。
コンタミチェック時の判断はレベル1で、安全な交換が可能と出ましたが、
このようにマグネットには多くの鉄粉が見られました。
これは、コンタミチェックの判断が間違っているのではなく、マグネットが摩耗粉をしっかりとキャッチしてくれている事でトラブル無く安全にCVTF交換が安全に行えると言うことです。
しっかりと清掃、若しくは交換をします。(今回は清掃のみだったが、磁力が弱まっていることがあるので交換を推奨します。)
ストレーナーの吸い口にも鉄粉が確認できました。
これは、ストレーナーの吸入口がオイルパンマグネットの真上にある為だと思われます。
現在は部品の改良が行われ、吸入口の位置が中心側へ変更されたものになっています。
次にリーターンフィルターの交換を行います。
左タイヤハウスを外すと副変速機用の電動ポンプがあるので外した後に
リターンフィルターのカバー(赤丸)を外し、中のフィルターを取り出します。
フルード劣化による汚れと鉄粉でフィルターは真っ黒になっていました。
新品フィルターに交換を行い、外した電動ポンプを元通り取り付けます。
ストレーナーも新品に交換をし、しっかりと清掃をしたオイルパンを取り付けます。
交換前のストレーナーと比べると吸入口が中心側へ変更されている事が分かります。(赤四角が元の位置)
取り付け時にパッキンと本体の間にフルードが付着していると、フルード漏れの原因になりますので注意が必要です。
チェンジャーを使い、循環方式でフルードの交換を行います。
SOD-1Plusを添加するので添加量(400cc)引いた分に調整します。
先の細いじょうご等を使いSOD-1Plusを添加して作業終了です。

お客様の声

添加後の走り出しのスムーズ差に驚きました。
また、シフトをパーキングからドライブに変える際にガタっという違和感があったのが消えていました。
燃費も高速道路で体感3~4km/1L、一般道でも1~2Km違う感じがします。
はっきりと測ったわけでは無いですが体感としてそれくらいの違いがありました。
また、普段乗っている妻も今までより踏み込みが少なくても加速して行くと言っていました。

ピックアップ