導入事例

9速ATにSOD-1Plusを添加後、出力44.7%向上を確認(シャーシダイナモでの出力測定結果)

2019.05.12 | エンジンオイル、AT/CVT
9速ATにSOD-1Plusを添加後、出力44.7%向上を確認(シャーシダイナモでの出力測定結果)

導入事例データ

●検証車両:RANGE ROVER EVOQUE レンジローバー イヴォーク
●年式  :平成28年  
●型式  :CBA-LV2A
●エンジン:204PT
●ミッション:9速AT(ZF)
●排気量 :1990㏄
●走行距離:2915km

試験目的

イヴォーグのATにSOD-1Plusを添加したところ、スタート時の加速が明らかにスムーズになったのを体感できました。そこで、実際に数値としてどれ程の変化を確認できるのか、福岡県自動車整備振興会のテクニカルセンターのシャーシダイナモをお借りして、試験を行いました。また、ユーザー様からのご質問として多い『ATにSOD-1Plusを添加した場合、滑りが出るのではないか?』というご心配にお答えすべく、安全性の立証も兼ねて試験致しました。

試験方法

1)シャーシダイナモのパワーテストモードで測定
2)診断機を見ながらアクセル開度15%からスタートし20%でキープ
3)2速スタートで(通常発進が2速スタート)8速まで波形に出たのを確認しアクセルから足を離す

試験の流れ

2017年8月
中古のイヴォーグを購入(初年度登録 平成28年3月 走行距離 約2000km)  
★エンジン、AT、デフにSOD-1Plus添加
※明らかにスタート時の加速がスムーズになったのを確認。
 
2018年2月2日
★ ATF全量交換※純正ATFを使用

2018年2月5日
①シャーシダイナモでパワーテスト(SOD-1添加無し)
★ATにSOD-1Plusを添加し、ローラーの上で15分程走らせAT油温が55℃まで上がったのを確認
②シャーシダイナモでパワーテスト(SOD-1Plus添加有)
ローラーの上で走らせる為、車両を前後ワイヤーでしっかりと固定します。
ローラーの上で走らせる為、車両を前後ワイヤーでしっかりと固定します。
後ろもワイヤーで固定
後ろもワイヤーで固定
通常走行のように風が当たらない為、送風機でエンジンを冷やします。
通常走行のように風が当たらない為、送風機でエンジンを冷やします。
排気管から放出されるCO、HC、NOx、CO2値も測定します。
排気管から放出されるCO、HC、NOx、CO2値も測定します。
試験中はコンピューターでアクセル開度を確認します。
試験中はコンピューターでアクセル開度を確認します。
SOD-1Plus添加無しの測定後にSOD-1Plusを総油量の7%添加しました。
SOD-1Plus添加無しの測定後にSOD-1Plusを総油量の7%添加しました。

試験結果

試験結果
1)出力PSの定義:シャシーダイナモメーターの記録シートは、縦軸に車両の出力(PS)、および横軸に車両の速度(km/h)を表示します。この出力はタイヤの駆動回転力とタイヤの回転速度の積から算出されますが、エンジンの出力ではなく車両の出力ですが走行抵抗は無視した値です。

2)平均有効出力の定義:上記の記録シートから縦軸の出力の数値と横軸の速度の積(PS・km/h)、すなわちその面積を「有効出力」と仮称し、車両の動力能力を表すものとします。これ らは車両速度によって変動するので、速度を20km/h毎に区切って面積を求めてその面積値(PS・km/h)を20km/hで除して平均の高さ(PS)を求めたものを「平均有効出力Pm」となります。したがって、この両者の面積値は当然ながら同じ値になります。この平均有効出力Pは区間速度内の平均の出力を表すことになり、区間速度毎や全速度区間の出力の上昇率を比較することにより、潤滑油の添加剤による車両動力性能への効果を測定できることになります。
速度0-20㎞/h間(スタート時)ではSOD-1Plus添加後出力が44.7%向上、全域で9.2%向上したことを確認できました。また、この結果からSOD-1PlusをATに添加することでのトラブルの心配は無く、逆にクラッチの滑り等による伝達ロスを改善できることが確認できました。

SOD-1Plusの洗浄・油膜増強・ゴム類の柔軟性回復による効果の解説

①湿式多板クラッチやトルコンロックアップ機構のクラッチ板の表面の汚れを洗浄することで、ディスク間の滑りを解消。それによりジャダー症状の改善や摩擦、汚れの再付着を予防します。
②油圧をコントロールしているソレノイドバルブに付着した汚れを除去することで、正常に作動することができます。
③Oリングの柔軟性回復・効果予防によるオイルリークの改善・防止ができます。
④(①&②により)オイルポンプからの吐出量の回復、適正油圧によるクラッチ・ギヤのコントロールで正常な動作へ改善ができます

これらの効果により、一番ロスが生じやすいスタート時の出力改善が確認できました。これにより燃費改善の効果も期待できます。SOD-1Plusは対処療法を目的とした添加剤とは違い、根本的な原因の解決により、新車時の性能が発揮できる状態のも戻すことを目的にした添加剤です。
是非一度、SOD-1Plusの効果をお客様のお車でご体感下さい。


ピックアップ