導入事例

【福岡市AT・CVTフルード交換施工のプロショップ アーバンオート福岡様】

2018.12.04 | AT/CVT
【福岡市AT・CVTフルード交換施工のプロショップ アーバンオート福岡様】

導入事例データ

今回はアーバンオート福岡様のご紹介をします。


アーバンオート福岡
住所  :福岡県福岡市早良区四箇3丁目1−64
電話番号:092-812-0389

金武中学校の隣、室見川沿いにあります。
AT・CVTはもちろんDSG(DCT)やセミAT車など様々なミッションフルードの交換も行っています。
日々勉強をモットーに技術、知識を深めていき、お客様思いの接客をされています。
国産車輸入車問わずにお気軽にご連絡ください!

アーバンオート福岡様のブログはこちら↓↓↓
https://blogs.yahoo.co.jp/madmatrix3000

今回はアーバンオート様で施工されたVWゴルフのDSGを例にSOD-1Plusの効果を説明したいと思います。

今回はアーバンオート様で施工されたVWゴルフのDSGを例にSOD-1Plusの効果を説明したいと思います。
DSGにはメカトロニクスと呼ばれる変速、油圧制御に関わる非常に精密なパーツがあります。
DSGから外されたメカトロニクス本体
通常の整備ではASSY交換が一般的です。
このメカトロニクスの内部にはバルブボディ、ソレノイドバルブ、フルードポンプ、センサー等が入っており、
DSGフルードとは別にメカトロニクスフルードが作動の為に入っています。
フルードが劣化していくとスラッジ等の酸化物が発生し、バルブボディ内やソレノイドバルブ、オイルの通路などに付着し正常な油圧が掛けられなくなります。
また、ゴム・シール材(Oリング等)の熱劣化により硬化・収縮が進んだ場合、フルードが滲む、漏れるなどで油圧不足をおこします。
油圧が正常にかからないと変速ショック、滑りなどが発生し、最悪の場合、セーフティモードに入りギアが固定される、ギアが入らず不動車となってしまう事があります。

分解整備でパーツ等の交換が必要になる前にフルード交換、SOD-1Plusの添加をお勧めします。
SOD-1Plusの添加で酸化物の清浄分散、強靭な油膜で金属同士の接触を抑え、ゴム類の硬化・収縮の抑制と改善をして正常圧力へと戻していくことによってな新車時の性能へと戻していきます。
メカトロニックの内部構成パーツの1部
バルボディ、ソレノイドバルブが見えています。
DSGフルード
左:排出した油
右:新油
DSGフルードの温度も非常に高温となりますので、確実に劣化します。
通常のフルードでは不足している性能をSOD-1Plusはしっかり補う為、より安心、安全に交換をしていただけます。
SOD-1Plusのエステルの作用により高温時でも強靭な油膜を保持していますので内部の金属を保護していきます。
DSGフルードの新油とSOD-1Plusを添加
DSGフルードの新油とSOD-1Plusを添加
オイル・フルードの交換の際は是非SOD-1Plusの添加もおすすめです。
アーバンオート福岡様では予防整備のプランとして提案をしていますので
お気軽にご相談ください!
オイル・フルードの交換の際は是非SOD-1Plusの添加もおすすめです。
アーバンオート福岡様では予防整備のプランとして提案をしていますので
お気軽にご相談ください!
ピックアップ