導入事例

BMW 335iクーペ DCTの変速ショック消失!

2018.04.11 | エンジンオイル、パワステ、AT/CVT
BMW 335iクーペ DCTの変速ショック消失!

導入事例データ

●検証車両:BWM 335i クーペ
●年式  : 2009年  
●型式  :-122-
●エンジン:N54B304A 直列6気筒ツインターボ 総油量6.5L
●排気量 :3000cc
●トランスミッション:ゲトラグ製 7速DCT DTF総量8.2L
●走行距離:89,369km
【車両の異常・症状等】
DCTの変速時のショックが大きく、クラッチ滑りを起こしていた。また、加速時に吹き上がりが悪く、重たく感じた。

【施工内容】
●DCTF交換+SOD-1Plus添加(総油量の7%)
●エンジン、パワステ、デフにSOD-1Plus添加(総油量の10%)
走行距離は89,305㎞
走行距離は89,305㎞
コンタミチェックの消耗度は2
コンタミチェックの消耗度は2
オイルパンのマグネットに付着した鉄粉
オイルパンのマグネットに付着した鉄粉
今回使用したハンドポンプのアタッチメント
AT107 VW DSG
今回使用したハンドポンプのアタッチメント
AT107 VW DSG

お客様の声

初めてSOD-1Plusを添加し。私の車両ではDCTの変速ショックが無くなりとても感動しました!
施工前は、ギアの切り替わりの際にガクッとショックが大きかったのですが、施工後は変速のタイミングはほぼ分からないまでに変化し、あっという間に7速まで切り替わっているのに驚きました。施工後の方が切り替わるタイミングも早くなっており、駆動ロスがすくなくった為か、燃費も若干ではありますがよくなりました。
また、エンジン始動時の吹き上がりが軽くなり、排気音が少し静かになりました。
目・耳で今回の変化が分かり、感銘を受けました!
パワステ、デフに関してはまだ、効果を感じられなかったのでこれからの慣らしで変化があればと期待しています。

ピックアップ