導入事例

スーパーFJマシンにおけるSOD-1Plusの添加で効果検証

2021.10.19 | すべて、エンジン、MT、燃費/出力
スーパーFJマシンにおけるSOD-1Plusの添加で効果検証

導入事例データ

マシン:WEST07J
エンジン:ホンダ製 L15エンジン(乗用車用エンジンをベースに改造)
ミッション:戸田レーシング製Hパターンミッション

エンジンオイル量:2.5L~3L
ミッションオイル量:2L

試験内容

試験内容
今回の検証試験はレーシングマシンにおけるSOD-1Plusの効果検証を行いました。試験内容として
テスト1)エンジン添加無し・ミッション添加無し
テスト2)エンジン添加・ミッション添加無し
テスト3)エンジン添加・ミッション添加
テスト4)エンジン添加・ミッション添加


全開走行しているマシンの燃費は変化するのか?
SOD-1Plusでタイムは縮める事ができるのか?
摩擦低減による摩擦熱抑制効果はどうか?
などを検証して参ります。

燃料消費量

燃料消費量
タイヤの消耗は進んでいる上にタイムを出す為にプッシュしているにも関わらず、燃料消費量の変化はない。テスト2はエンジンに添加後、6,200rpmまで回した為200ml多く消費した。

ラップタイム変化

ラップタイム変化
使用したタイヤは前年決勝レースにて約20周走行したタイヤ。各テスト10周ほど走行し、4回走行したにも関わらず4回目のテストのLAP8にてベストタイムを出している。

エンジン冷却水温の変化

エンジン冷却水温の変化
テスト2では普段6,000rpmシフトを6,200rpmまで使用。更に外気温が上がったにも関わらずテスト1より1.5℃の低下が見られた。摩擦抵抗が減り、摩擦熱が抑えられたと推測。

ex:使用済みシッションオイルの鉄粉量

ex:使用済みシッションオイルの鉄粉量
試験前交換中(SOD-1Plus未添加)のミッションオイル。約20周走行でも鉄粉の発生が多い。分析結果ではSOD-1Plusの潤滑保護効果で摩耗抑制し、鉄粉量は大幅に低減できた。マシンのコンデションを永く良好に維持する為にもSOD-1Plus添加は大変効果的である。

総評とSOD-1Plusの有効性

総評とSOD-1Plusの有効性
テスト毎にタイヤが消耗していく中でタイムの落ちがなく、テスト4のLAP8にて今回テストのベストラップを出せた事はSOD-1Plusの効果があったと考えられる。
エンジン冷却水温も低下が見られ、余裕が出来た分をドライバーが直ぐにドライビングに反映させタイムの維持をした所が流石である。プッシュした分、テスト3以降の水温は上昇している。(テスト3では外気温も上昇)
条件が不利なテスト3では燃料消費量もテスト1と同じ消費量に戻っている。エンジン、ミッションへの添加による効果にて各部の抵抗が減少し伝達効率が上がった為、燃費効率も上がっていると予測される。
 以上の結果から今回協力して頂いたチームはSOD-1Plusのマシンへの常時添加を決定して頂き、2021年ゴールドカップレースに参戦して頂いている。第2戦ではポールtoウィン(予選1位、決勝1位)で優勝しています。

お客様の声

ドライバーズインプレッション:エンジンにのみ添加した場合は普段6,000rpmでシフトアップしているが6,200rpmまで回してもまだ加速の伸びを感じました。使用できる回転数が200rpm伸びたことで戦略的な幅が広がります。全回転域でレスポンスが向上していて、シフトダウンの際にエンジン回転数を合わせる為にアクセルを踏む(いわゆるヒール&トゥ)のですがレスポンスが上がったので非常に操作しやすくなりました。今回の添加で普段通り6,000rpmでの走行でもシフトチェンジする場所が変わりました。確実にエンジン加速の伸びが出ています。
 次にミッションへ添加した際は効果をはっきりと体感出来ました。レース用ミッションなので操作は乗用車より硬いのですがスムーズに確実に入ってくれます。シフトミス防止や操作性の向上で攻めのドライビングに専念できるのはSOD-1Plus添加によるメリットがかなり大きいです。

チーム監督インプレッション:エンジンやミッション、年間フル参戦をするにあたりマシンの金属摩耗を抑制は大きいです。思っていた以上にドライバーのSOD-1Plus添加後のリアクションが大きかったので驚いています。他チームへもお勧めする中で、オーバーホールしたミッションが最初操作に違和感があったがSOD-1Plusを添加するとシフトフィールが驚くほど改善したと報告を受けています。予選から本戦まで、レース活動を行う上で欠かせない添加剤と言えます。

ピックアップ