導入事例

日産 ラフェスタ CVT変速ショック改善

2019.10.23 | AT/CVT
日産 ラフェスタ CVT変速ショック改善

導入事例データ

【車両情報】
検証車両:NISSAN LAFESTA
車両年式:H21年7月
車両型式:DBA-219361
エンジン型式:MR20
ミッション型式:CVT

【走行距離】
75,000km

・オイル量
 エンジン総油量 :3.8L
 ミッション総油量:7.3L

・SOD-1 Plus添加量
 エンジン :380cc(10%)
 ミッション:510cc(7%)

作業詳細

今回はCVTフルード交換します。
今回はCVTフルード交換します。
ミッションのオイルパンです。
CVTは金属摩耗が大きいので鉄粉量が気になります。
ミッションのオイルパンです。
CVTは金属摩耗が大きいので鉄粉量が気になります。

オイルを抜いてオイルパンを外しました。
バルブボディーの清掃とストレーナーを交換します。
オイルを抜いてオイルパンを外しました。
バルブボディーの清掃とストレーナーを交換します。
気になっていたオイルパンです。
マグネットに鉄粉が溜まってないか確認します。
気になっていたオイルパンです。
マグネットに鉄粉が溜まってないか確認します。

マグネットに堆積している鉄粉が見てわかります。
金属摩耗から出る鉄粉がフィルターを詰まらせトラブルが表面化しますが、SOD-1 Plusを添加することでトラブルの原因となる金属摩耗を抑制します。
マグネットに堆積している鉄粉が見てわかります。
金属摩耗から出る鉄粉がフィルターを詰まらせトラブルが表面化しますが、SOD-1 Plusを添加することでトラブルの原因となる金属摩耗を抑制します。
オイルパンとマグネットに溜まっていた鉄粉を清掃しました。
オイルパンとマグネットに溜まっていた鉄粉を清掃しました。
ストレーナー交換します。
マグネット鉄粉量によってストレーナーを交換することをお勧め致します。
ストレーナー交換します。
マグネット鉄粉量によってストレーナーを交換することをお勧め致します。
赤マークのリターンフィルター(プレッシャーフィルター)交換します。
赤マークのリターンフィルター(プレッシャーフィルター)交換します。
カバーは4本のボルトで固定されています。
中の見えるのがフィルターです。
カバーは4本のボルトで固定されています。
中の見えるのがフィルターです。
リターンフィルターになります。
こちらにも鉄粉が溜まっているので、交換可能なら交換をお勧め致します。
リターンフィルターになります。
こちらにも鉄粉が溜まっているので、交換可能なら交換をお勧め致します。
カバーについているオーリングも交換します。
密閉性を高めるためシリコングリスを塗布します。
最後に抜けたフルードとSOD-1 Plusを注入して終わりです。
カバーについているオーリングも交換します。
密閉性を高めるためシリコングリスを塗布します。
最後に抜けたフルードとSOD-1 Plusを注入して終わりです。

セルフメンテナンス用パッケージのご紹介

セルフメンテナンス用パッケージのご紹介
SOD-1Plusがセルフメンテナンスにご使用いただけるエンジン専用パッケージ【SOD-1 Plus For Engine】として新たに登場。<br> インターネット通販サイト「Amazon」「楽天市場」にて好評発売中です。<br> <br>
<div class="btn-wrapper">
<a href="http://d1-chemical.com/sod1-plus-for-engine" class="button1">詳細はコチラ</a>
</div>
みんカラでの評価はこちら↓
https://minkara.carview.co.jp/partsreview/parts.aspx?pt=1765143
ピックアップ