導入事例

ホンダ ステップワゴン

2019.04.15 | AT/CVT
ホンダ ステップワゴン

導入事例データ

検証車両  :ホンダ ステップワゴン
年  式  :平成21年
車両型式  :DBA-RG1
エンジン型式:K20A
トランスミッション:CVT
走行距離  :193419km

添加箇所
・CVT 総油量の7%
フルード総油量6.5L

こちらの車両は普段のオイルメンテナンスが行き届いており
試乗をさせて頂いた際も、走り出しがスムーズで加速も力強く
走行距離が20万km近いお車とは思えない程メンテナンスのいいお車でした。
レベルゲージ有り
レベルゲージ有り
入庫後(走行直後)のCVTF温度は60℃でした。
エンジンを停止し、フルード量を確認。

※ホンダCVTではエンジンを停止後にフルード量を測ります。
入庫後(走行直後)のCVTF温度は60℃でした。
エンジンを停止し、フルード量を確認。

※ホンダCVTではエンジンを停止後にフルード量を測ります。
コンタミチェッカーで摩耗度を点検します。
右:排出油を通したフィルター
左:新品フィルター

摩耗度は1(交換推奨)です。
コンタミチェッカーで摩耗度を点検します。
右:排出油を通したフィルター
左:新品フィルター

摩耗度は1(交換推奨)です。
赤枠内にフルード排出用ドレンがあります。
赤枠内にフルード排出用ドレンがあります。
ドレンを外しフルードを排出します。
ドレンを外しフルードを排出します。
外したドレンに少量の鉄粉が付着していました。
非常に鉄粉量が少ない状態です。
外したドレンに少量の鉄粉が付着していました。
非常に鉄粉量が少ない状態です。
総油量は6.5Lで一度で排出されたフルードは3.5L程でした。
総油量は6.5Lで一度で排出されたフルードは3.5L程でした。
奥行があった為、ハンドポンプと付属アタッチメントを使用し、
レベルゲージ口から新油を入れていきます。
奥行があった為、ハンドポンプと付属アタッチメントを使用し、
レベルゲージ口から新油を入れていきます。
フルードを補充後エンジンを始動し
P⇒R⇒N⇒D
フルードを補充後エンジンを始動し
P⇒R⇒N⇒D

セルフメンテナンス用パッケージのご紹介

セルフメンテナンス用パッケージのご紹介
SOD-1Plusがセルフメンテナンスにご使用いただけるエンジン専用パッケージ【SOD-1 Plus For Engine】として新たに登場。
インターネット通販サイト「Amazon」「楽天市場」にて好評発売中です。

お客様の声

予防整備の為にSOD-1Plusを添加しました。

エンジンにはすでにSOD-1Plusを添加していましたが、CVTにはまだ添加をしていなかったので
今回CVTフルードの交換と同時に添加をお願いしました。

添加後は走り出し、加速が更にスムーズになったと思います。