導入事例

レクサス IS300h CVTF交換+SOD-1Plus添加とCVTの鉄粉量確認

2018.07.18 | AT/CVT
レクサス IS300h CVTF交換+SOD-1Plus添加とCVTの鉄粉量確認

導入事例データ

検証車両:レクサス IS300h
年式  :平成27年
エンジン型式:2AR-1KM
トランスミッション:CVT
走行距離:75393Km
 今回、お客様のご協力を得てアイシン製トランスミッションの内部確認を行わせていただきました。
 レクサス IS300hのオイルパン、ストレーナー等の鉄粉による汚れ具合の確認と点検を行い、CVTF交換+SOD-1Plus添加をしました。
走行距離は75393Km
前回のCVTF交換から約2万Km程走行。
走行距離は75393Km
前回のCVTF交換から約2万Km程走行。
アンダーカバーの上にCVTオイルパンがあります。
アンダーカバーの上にCVTオイルパンがあります。
ドレンから排出されるフルード量は2.5L程でした。
ドレンから排出されるフルード量は2.5L程でした。
ストレーナーを交換します。
取り外したストレーナーに殆ど鉄粉が付いていない状態でした。
左:新品ストレーナー
右:取り外したストレーナー
ストレーナーを交換します。
取り外したストレーナーに殆ど鉄粉が付いていない状態でした。
左:新品ストレーナー
右:取り外したストレーナー
オイルパン内は少量の鉄粉がマグネットに付着していました。
2万Km程走行している車両ですが鉄粉量が非常に少ない状態でした。
オイルパン内は少量の鉄粉がマグネットに付着していました。
2万Km程走行している車両ですが鉄粉量が非常に少ない状態でした。
マグネットを外してオイルパンとマグネットを清掃しました。
マグネットを外してオイルパンとマグネットを清掃しました。

お客様の声

CVTフルード交換後(1000Km)走行のフィーリングですが
いつもの様に市街地平坦路にてアクセルを踏んだところ交換直後のスタート時から明らかにギアの変速時間(1速からDまで)が短くなりました。
各ギアがスムーズに加減速していることが体感できシフトダウン時のエンジンブレーキにおいても以前より強めにエンジンブレーキが効くようになりました。
また、高速巡航時においてもCVTフルード交換前はオイルの熱ダレや経年劣化等によりシフトアップ、シフトダウン時に若干タイムラグを感じておりましたが、
交換後はアクセルのちょっとした開度変化や希望するギアへの変速など、反応がよくなりました。

ピックアップ