導入事例

ロータス エヴォーラ (福岡愛宕自動車様での施工事例)

2018.01.25 | エンジンオイル、パワステ、AT/CVT
ロータス エヴォーラ (福岡愛宕自動車様での施工事例)

導入事例データ

【車両情報】
検証車両:LOTUS EVORA
車両年式:H23年
車両型式:-122-
エンジン型式:2GR-FE
ミッション型式:6速AT

【走行距離】
117,163㎞

・オイル量
 エンジン総油量 :7.1L
 ミッション総油量:8.6L

・SOD-1 Plus添加量
 エンジン :710cc(10%)
 ミッション:600cc(7%)

今回の施工事例は福岡愛宕自動車様よりご提供いただきました。
(福岡愛宕自動車様のご紹介はこちらのページをご覧下さい。http://d1-chemical.com/examples/view/37)
オーナー様はATF交換についてネットで検索していたところ福岡愛宕自動車様を見つけご入庫されたそうです。

【施工依頼の理由】
ネットオークションで中古車を購入したが、整備履歴が分からず不安だった為
【トラブル症状】
〇キックダウン時に軽いショックが出る
〇ラジエータ―液の漏れ(次回修理予定)
〇パワステフルードの漏れ

【施工内容】
●ATF・ストレーナー交換+SOD-1Plus添加(ATF総油量の7%)
●エンジンオイル交換+SOD-1Plus添加(エンジンオイル総油量の10%)
●パワステにSOD-1Plus添加(PSF総油量の10%)

まずはコンタミチェックから

こちらではコンタミチェックに加えて、お客様に新油と抜き取ったフルードを見せて、フルード交換の必要性をご説明されています。
こちらではコンタミチェックに加えて、お客様に新油と抜き取ったフルードを見せて、フルード交換の必要性をご説明されています。
コンタミチェックの結果は消耗度2~3。
コンタミチェックの結果は消耗度2~3。

ATF・ストレーナー交換・オイルパン清掃+SOD-1Plus添加

こちらではトルコン太郎での圧送式ATF交換ができます。
こちらではトルコン太郎での圧送式ATF交換ができます。
オイルパンにも鉄粉やスラッジが溜まっていますので清掃が必要です。
オイルパンにも鉄粉やスラッジが溜まっていますので清掃が必要です。
マグネットに付着した鉄粉。
マグネットに付着した鉄粉。
ストレーナーも交換
(左新品 右使用済み)
ストレーナーも交換
(左新品 右使用済み)
ATF・ストレーナーの交換費用は数万円から十数万円と高額ではありますが、ATが壊れて載せ替えとなった場合は数十万円と更に高額な費用がかかります。新車を3年単位で乗り換える方、壊れたら買い替える予定の方には予防整備は必要無いかもしれませんが、永く愛車に乗りたい方には愛車の予防整備は絶対に必要です。
福岡愛宕自動車様では、国産車・輸入車メーカー問わずATF交換が可能です。多様な車種に対応できるよう工具も充実されています。他店でATF交換をお断りされたお車でもお引き受けできる場合がございますので、是非一度ご相談されてみて下さい!

セルフメンテナンス用パッケージのご紹介

セルフメンテナンス用パッケージのご紹介
SOD-1Plusがセルフメンテナンスにご使用いただけるエンジン専用パッケージ【SOD-1 Plus For Engine】として新たに登場。
インターネット通販サイト「Amazon」「楽天市場」にて好評発売中です。

みんカラでの評価はこちら↓
https://minkara.carview.co.jp/partsreview/parts.aspx?pt=1765143

お客様の声

「スムーズに変速するようになりました」とオーナー様からお喜びのご連絡をいただきました。

ピックアップ