FAQ一覧

ガソリンエンジン、ディーゼルエンジン、LPGエンジン、二輪4サイクル、水平対向、

ロータリー、ハイブリッドエンジンを問わず使用できます。

(★ディーゼル車でDPF装着車、2サイクルエンジンは使用しないで下さい)

« | FAQ一覧

 

エンジンオイルだけでなくATF・CVTF、MTミッションオイル、デフオイル、パワステF、

トランスファーオイルにも使用できます。但し二輪レース用、レーシングカート用植物性オイルやゲトラク制ミッションオイル(GTR、スープラ等)エクストロイドCVT用ATF(グロリア)等の特殊オイルは別です。

« | FAQ一覧 | »

 

オイルの劣化を遅らせ、オイル減りを抑えることからサイクルが長くなります。ガソリン車での一般走行の場合は2万キロ走行でも大きな劣化は見られていませんが、車の使用条件によってサイクルの長さには差異があります。「SOD-1」は、シリンダー内壁や各周動部分に強固な潤滑油膜を形成することで摩擦抵抗を軽減し、オイルシール・パッキンの硬化予防、スラッジ等の炭化物質の発生を抑え、オイル自体の潤滑性能を長期間保つことが可能です。その為オイル交換は自動車メーカーの推奨する交換サイクル10,000Km又は6カ月ごとのどちらか早い方で充分です。(シビアコンディションの場合は5,000Km・3カ月での交換をお薦めします。)

ディーゼルエンジンの場合は軽油が燃焼する際発生する多量のススをオイル自体が取り組むため、粘度上昇(増粘)による燃費悪化やパワーダウンを生じることがありますので、通常の交換サイクルを大きく超える事はお薦めしません。初回添加の場合には5,000Kmを目安に交換をお薦めします。またその後の新油とSOD-1併用により適正油量が確保されている場合はサイクルが一層長くなります。(基本的には、ディーゼルエンジンでも、自動車メーカーの推奨する交換サイクルをお薦めします。)

« | FAQ一覧 | »

 

内部の汚れ(スラッジ、カーボン等)を瞬時に剥離洗浄させるのではなく、微粒子にして分散させるため、ラインの目詰まり等は起こりません。但し、オイルランプ点灯やエンジン内部の汚れがひどい場合は、同時にフィルターの交換をお薦めします。

« | FAQ一覧 | »

 

エンジンの汚れの状態によって異なります。長時間鉱物油を使用されているエンジンには、かなりのスラッジ、カーボン等が付着している為、走行距離も汚れの状態により変化します。通常のオイルラインは50~100km走行で洗浄が完了します。

« | FAQ一覧 | »

 

強力な洗浄分散性によりエンジン内部の酸化物質(スラッジ、カーボン)を還元しクリーンにします。ひどい汚れの場合は通常のオイル交換の際、継続してSOD-1をお使いになる事をお薦めします。

(カーボン・スラッジが多量に堆積している車両は添加しないで下さい。お客様の要望により施工されたい場合は、弊社へご相談ご連絡下さい。特に10年・8万kmを経過している低年式車、スズキ車)

新規レイヤー

« | FAQ一覧 | »

 

SOD-1には硬化したシール材、パッキン剤を膨潤させる性質がありますので、シール、パッキンに関わるオイルの滲みや漏れを解消します。但し部品の破損等によるメカニカルトラブルは別です。

« | FAQ一覧 | »

 

SOD-1の持つ極性基の作用でシリンダー内部の密封性を高め、強力な洗浄分散性によりオイルリングの固着等を解消する事によりオイル上がりを防止、白煙を解消します。またオイル下がり(エンジンヘッド部のカムシャフトやバルブ部分のオイルが燃焼する)についても硬化したシール材を膨潤させることにより白煙を解消させます。但し部品の破損等によるメカニカルトラブルの場合は別です。

« | FAQ一覧 | »

 

エンジンオイルの持つ性能を阻害する事なく粘度指数を向上させ、高回転、高温での強力な油膜を保持しタービンを保護します。またオイルクーラーへの影響もなく、オイルラインの洗浄により油温の安定が図れます。

« | FAQ一覧 | »

 

ピストンとシリンダー間のクリアランスを正常に近い状態にする事により不完全燃焼を解消、また強力な洗浄分散性により、燃焼の際発生する多量のススをオイル内に取り組むため、黒煙は解消されます。但し部品破損等のメカニカルトラブルの場合は別です。

« | FAQ一覧 | »

 

カレンダー

2011年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31