dpfgasu_01.jpg

※DPF装着車へSOD-1を施工される場合は注意事項がございます。

施工時の注意点事項

ご質問等の際は下記までご連絡下さい。

営業直通:092-292-4432

メールお問い合わせはこちら
dpfgasu_03.jpg

 

排ガス処理装置とは排気ガス中のPM(粒子状物質)を浄化する装置です。

 

各メーカーの黒煙除去装置の呼び方

HINO
DPR:Disel  Particulate active Reduction sustem

ISUZU
DPD:Diesel Particulate Defuser

三菱FUSO
DPF:Diesel Particulate Filter

UD TRACK
UDPC:UD Particulate Cleaning

dpfgus_06.jpg

●通常走行中

通常走行中もDPFフィルターで捕集したススはすこしずづ燃やされます。

●再生抑制中

排気ガスに燃料を混ぜてDPFに送ると酸化触媒に反応して高温になり、 DPFに捕集されたススも燃やします。

 

 

 

dpfkenshou_09.jpg

●排ガス処理装置は通常、走行中に自動再生されますが、走行中にランプが  点灯した場合、車を停止させて再生が必要となります。(平均手動再生時間20~30分)

●ランプが点灯しても暫くは走行出来ますが、糞詰まり状態の為、そのまま走行し  続けると、故障するおそれがあります。

●通常の燃焼作業では完全には燃焼できないため、次第に内部にススが溜る事  で再生サイクルが短くなります。

●オイル交換が通常の倍に増えます。(オイル交換サイクルが短くなる)

 

 

dpfkenshou_12.jpg

時間のロス・経費高騰等の影響

 

 

 

dpfkenshou_16.jpg

SOD-1が排ガス処理装置のトラブルを緩和できる理由

①完全燃焼に近づける

燃焼室の密封性を高める事で、完全燃焼に近づける。 完全燃焼に近づく事により、未燃焼ガスが減り、燃焼室の煤汚れも抑える事ができる。

②エンジン内環境を良い状態に保つ

SOD-1の洗浄効果・摩耗防止効果により、エンジン内環境をより良い状態に保つ事が できます。

dpfkenshou_12.jpg

排気ガス中のフィルターの目詰まりの原因が減少する

 

 

 

dpfkenshou_20.jpg test1_23.jpg sekou_03.jpg

施工時の注意点

DPF装着車の場合、SOD-1添加後、直ぐにDPFランプが数回点灯する場合があります。SOD-1を添加すると、ピストンとシリンダーの密封性が高まる事で、圧縮が良くなり完全燃焼に近づきます。完全燃焼に回復する事で、今まで燃焼室に蓄積していたディーゼル微粒子(PM)が燃えて排出される為、一時的にPM排出量が増え、DPFランプが点灯する場合があります。(車両によって個体差があり、数回点灯する場合もあります。)燃焼室のPMがある程度除去された後は、DPFランプが点灯するサイクルに変化が現れます。今までのDPFランプ点灯回数より減少してきます。車両で確認して下さい。

※注:DPFランプが全く点灯しなくなる訳ではありません。

 

 

施工方法

①オイル交換、SOD-1添加前に診断機を使用して、DPF装置のデーターリセットを行う。

(データーリセットは、各メーカーの整備書・修理書等を確認してください。)

②診断機を使用しDPF強制燃焼を行う。

(強制燃焼をする際には、必ずメーカーの整備書・修理書を確認してください。)

③オイル交換、SOD-1添加を行う。必要に応じてオイルフィルターを交換する。

・添加量は、オイル総量に対して10%添加

・使用するエンジンオイルはDPF/DPR等黒煙除去装置対応製品を必ず使用して下さい。

カレンダー

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28