四輪 輸入車 : 2010年1月アーカイブ

「SOD-1」効果検証

●検証車両: BMW Z3(平成10年9月登録)

IMG_1101.JPG

 

●型式  : GF-CJ28

●エンジン: 286S

●排気量 : 2800cc

●走行距離: 7,625km(平成22年1月現在)

●使用状況: セカンドカーで使用。

年間走行距離約700km

オイル交換は定期点検ごとに実施。

街乗り中心。

エンジン、ミッション、デフ、

パワーステアリング等不具合無。

●施工内容:エンジンオイル BMW純正 SJ 15W-40 5,4ℓ

SOD-1 600cc添加

:パワーステアリングオイル交換せず150cc抜取り、「SOD-1」150cc添加

:ATミッションオイル交換せず500cc抜取り、「SOD-1」500cc添加

 <SOD-1添加 排ガス濃度確認>

 添加前排ガス.JPG

 

排ガス基準値 CO 1%以下 HC 300ppm 以下

添加測定値  CO 0,00 % HC 50 ppm

「SOD-1」添加では、排気ガスHCが少し高めです。

<SOD-1添加後 排気ガス濃度確認>

 

IMG_1086.JPG

 

 

 

添加後排ガス.JPG

 

「SOD-1」添加40分間通常走行を行い測定しました。

添加測定値 CO 0,00 % HC  ppm

*SOD-1添加後 HC 49ppm改善できました。

 


 

*走行距離は使用年数10年以上経過していますが、7,625kmと極端に短い

車両ですので、フィラーキャップからエンジンを覗いてもきれいな状態です。

「SOD-1」をエンジン、ATミッション、パワステ、デフオイルに添加しました。

排気ガスは改善し、スムーズなエンジン回転になりました。エンジンの音も静か

になり「SOD-1」によるエンジン内部の改善が確認できました。

パワーステアリングの、作動音の減少が確認出来ました。

ATミッションに添加後は、変速ショックが、若干改善された感触がしました。

今回の検証から1,000km走行後の排ガス、オイルの劣化状況の経過を確認

後掲載致します。

 

H22年8月24日 【排ガス濃度検証】

前回の検証から3935㎞走行。

15分間アイドリング後に測定しました。

 

BM 排ガス.jpg

CO 0.00% HC 27ppm

オイルの劣化に伴い、HC 27ppm 上昇していましたが・・・

エンジン音は前回よりも更に静かになっていました

« | 四輪 輸入車  | »

 

カレンダー

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30