デフ

●検証車両 : スバル レガシィ B4

●型式   : CBA-BL5

●エンジン型式 EJ20

●年式   : H20年3月

●走行距離 : 132,172万㎞

●症状   : 特に無し

●施工内容 :
ATF(9.8L)に対しSOD-1Plus700cc添加(総油量の7%)
F/R DEF(1L)に対しSOD-1Plus100cc(総油量の10%)

大きな症状は出ていないが、走行距離を考えて今後の為に予防として施工。

レガシィB4車体2016.7.jpg レガシイB4距離2016.7.jpg レガシイB4コンタミチェッカー.jpg

コンタミチェッカーで検査用のオイルを抜き取っています。

レガシイB4チェンジャー2016.7.jpg

チェンジャーでATFを交換中。

レガシイB4添加2016.jpg

ATにSOD-1Plus添加。

レガシイB4デフ注入2016.7.jpg

デフにSOD-1Plus添加。

オーナー様の感想

体感としては大きく変わったことはありませんでしが、SOD-1Plusを添加したことで、これからも安心して乗ることができます。

« | 事例テスト | »

 

●検証車両 : メルセデス・ベンツ S63-AMG

●型式   : CBA-221174

●エンジン型式 157

●年式   : H23年5月

●走行距離 : 約5万㎞

●症状   : 特に無し

●施工内容 :
ATF(7.0L)に対しSOD-1Plus500cc添加(総油量の7%)
エンジンオイル(8L)に対しSOD-1Plus800cc添加(総油量の10%)
パワステオイル(1L)に対してSOD-1Plus100㏄(総油量の10%)
DEF(1L)に対しSOD-1Plus100cc(総油量の10%)

今回は予防整備としてエンジン、AT、パワステ、デフに添加

ベンツAMG車体.jpg ベンツAMGコンタミチェックフィルター.jpg

コンタミチェックの結果は消耗度2。
AT内部の消耗が多少みられる状態でした。
現状では変速ショック等のトラブル症状は出ていませんが、ATF無交換のまま走行を続けると、更に摩耗が進みトラブル発生も考えられます。
コンタミチェッカーについて詳しくはこちら

ベンツAMGストレーナー拡大.jpg

ストレーナには鉄粉やスラッジが溜っているのが分かります。

ベンツAMGオイルストレーナー.jpg

ストレーナーを新品に交換しました。
※特に輸入車の場合はATF交換と一緒に
ストレーナーの交換をお勧めします。

ベンツAMG-チェンジャー交換中.jpg

手動ポンプを使用しATFを交換。

オーナ様の感想

「ハンドリングがスムーズになりタイヤは地面に吸い付くようになり、自分の運転が上手くなったかのような感じがします。」

« | 事例テスト | »

 

●検証車両 : シボレー コルベット chevrolet corvette

●原動機型式: 5.7L

●年式   : H4年

●加速ポンプ・プレート番号:41R-466

●症状   : 大きな症状は特になく、予防としての添加

●施工内容 : 
シボレー前面写真2016.04.jpg シボレー後面写真2016.04.jpg シボレー走行距離2016.04.jpg シボレーEG・タペットカバー無2016.04.jpg シボレーEGに添加2016.04.jpg シボレーPSに添加2016.04.jpg シボレーMTに添加2016.04.jpg シボレーDEFに添加2016.04.jpg

結果

エンジンの調子が良くなりました。
旧車なので、ミッション・デフ・パワステにもSOD-1Plusを添加して安心感を持ちました。

« | 事例テスト | »

 

●検証車両 : レクサスLEXUS IS250 

●走行距離 : 238000㎞

●使用状況 : 仕事で使用しており、1年で3~4万㎞ほど走る

●管理状況 : ATFは4万km~5万㎞で定期交換していた。

●症状   : 変速ショック及び、変速時のタイムラグ

●施工内容 : ATF交換+SOD-1Plus添加、エンジン・デフにSOD-1Plus添加

上記症状があり、ネットで検索したところ当社ホームページを見てお問合せをいただいたお客様の事例です。 レクサス車体2016.04.jpg レクサスメーター2016.04.jpg レクサス車体下2016.04.jpg レクサスATフィルター2016.04.jpg レクサスオイルパンマグネット2016.jpg レクサスオイルパン2016.04.jpg

お客様のご感想

エンジン
4GR特有のカラカラ音がしなくなり高回転までスムーズに回るようになった。燃費は変化ないが、マフラーの出口が煤で真っ黒になっていたのに今は全く黒くならなくなった。

AT
試運転をしたところ劇的に、シフトコントローラーを入れているみたいに思い通りに変速していく。

デフ
いつものように走行すると抵抗が少なくなったみたいで、スピードが上がり過ぎて怖いくらいです。

5月11日 お客様から経過報告が届きました!

5月2日にSOD-1Plusをエンジンに添加してから、昨日までに約1,000kmぐらい走行しましたが以前はマフラーの出口が煤で真っ黒になっていたのに今は全く黒くなっておりません。 ※画像を添付させて頂きます。 エンジン音は始動時から4GR特有のカラカラ音がしなくなり 高回転までスムーズに回るようになりました。但し、燃費につきましては、以前と変化はございません。

マフラー出口.JPG ↑煤で真っ黒になっていたマフラーが、SOD-1PPlus添加後より煤がつかなくなった。 これはSOD-1Plus添加により、洗浄効果によりピストンリングが正常に働く事、強靭な油膜によりピストン・シリンダー間の密閉性が高まり完全燃焼に近づいた事により、煤の原因である未燃焼ガスが減少したと考えられます。 こちらのお車以外でも、「煤がつかなくなった」「排気ガスの臭いが良くなった」などのご感想も沢山いただいております。

« | 事例テスト | »

 

「SOD-1Plusを添加するとエンジンの振動が軽減できるのか?!」

●検証車両 : メルセデスベンツ G550

●検証車両 : 

●排気量  : 550L

●年式   : 

●走行距離 : 新古車

●使用状況  : 街乗り、高速走行等

ベンツG550外観.JPG 走行距離5024.JPG

計測方法

測定前 配置.JPG

振動計の位置を固定して計測します。※設置の場所により数値が変わる為。

添加前最小値.JPG

振動が大きい程、振動計の数値が高くなります。

エンジンをかけてからの時間をストップウォッチで測ります。

SOD-1Plus添加前

添加前最小値.JPG

SOD-1Plus添加前は1.82m/s²

G550SOD-1Plus添加.JPG

SOD-1Plusをエンジン総油量の10%(510cc)添加しました。

G550パワステオイル抜取.JPG

パワステから、SOD-1Plusを添加する分のオイルを抜き取る。

G550パワステに添加.JPG

パワステにSOD-1Plusを添加(総油量の10%)

G550 フロントデフ添加.JPG

フロントデフにSOD-1Plus添加

G550センターデフ添加.JPG

センターデフにSOD-1Plus添加

G550リヤデフ添加.JPG

リヤデフにSOD-1Plus添加

SOD-1Plus添加後

G550添加後アイドリング約12分後.JPG

SOD-1Plus添加後は1.7m/s²

SOD-1Plus添加前より数値が低くなっている為、振動は小さくなったようです。

G550添加後アイドリング25分後.JPG

25分経過後も数値は安定しています。

結果

ガソリンエンジンにもSOD-1Plusを添加するとエンジンの振動が小さくなり、エンジン音も静かになります。これはSOD-1Plusの吸着膜によりエンジン内に油膜のクッションを作ることができるからです。同様にガソリン車でも同じ効果がありますので、エンジンの振動・音が気になるお車には是非使ってみて下さい!

« | エンジン | »

 

フォードエクスプローラのエンジン・パワステ・フロントデフ・リアデフ・トランスファーにSOD-1を添加しました。

 

フォード.JPG

車両情報

フォードエクスプローラ

登録年月日:平成17年1月

排気量:4.6L

走行距離:82,089㎞

購入履歴:ディーラーから中古車を購入

使用状況:街乗り

不具合症状無し

 

 

 

 

 

SOD-1用意1.JPG

SOD-1を用意します。

総油量に対して添加量をご用意下さい。

エンジン:10%

パワステ:10%

デフ:10%

※SOD-1を添加するだけの場合は、添加量分の各機構のオイルを抜き取るなどして、オイル量が適正量になるよう調節して下さい。

フォードエンジン添加.JPG

エンジンに添加。

フォードPSF抜き取り.JPG

パワステフルードは適正量オイルが入っていたので、SOD-1添加量分抜き取りました。

フォードPS添加.JPG

パワステに添加。

SOD-1用意.JPG

デフに添加しやすいよう、チューブボトルにSOD-1を入れました。

フロントデフ添加2.JPG

フロントデフに添加

リアデフ添加.JPG

 

リアデフに添加

トランスファー2.JPG

トランスファーに添加。

フロントデフ滲み2点線囲み.jpg

フロントデフからのオイ滲みを確認。

フロントデフ滲み清掃後2点線囲み.jpg

滲み出たオイルをキレイにふきとりました。

SOD-1は硬化したパッキン・シール材をの柔らかさを戻す作用があり、それによりオイル滲みが止まる場合もあります。

オイル滲みの改善がみられるかどうかは今後経過観察が必要です。

 

 

オーナー様の感想

有)D1ケミカル さんの

オイル添加剤SOD-1を入れてもらって

入れたばっかりやのに既に変化が現れてきてるよ!

愛機:雷電の調子が非常に良く

ハンドルの軽さ、エンジンの周りの滑らかさ、加速、、、

燃費も良くなってます!

運転が気持ち良いので最近近場でも車使っちゃってます!

 

とオーナ様のFacebookに記事を掲載していただいいました。

運転が気持ち良くてついつい乗りたくなってしまう感覚を、お客様と共有できてとても嬉しいです!!

愛車の調子が良くなると凄く嬉しいし、運転が楽しくなりますよね!SOD-1はお車を大事にされている方にこそ、是非使っていただきたい商品です。

« | 四輪 輸入車  | »

 

メルセデス・ベンツCLSのAT・デフにSOD-1添加しました。

 

車両情報

メルセデス・ベンツCLS

登録年月日:平成23年8月

排気量:3.49L

走行距離:16,819㎞

使用状況:街乗り

 

メーカー取扱い説明書にはATオイルの交換・点検不要と記載されていますが、走行距離が伸びるにしたがって、ATの変速ショック・滑り・進まないなのどの不具合が出る車両もあるようです。今回のテスト車は、ATの不具合症状は出ていませんが、不具合発生予防の為にSOD-1を添加しました。

 

 

ベンツ下.JPG

ベンツ オーバーフローバルブ.JPG

今回はATFは交換せず、オーバーフローバルブからSOD-1のみを添加します。

ベンツ SOD-1.JPG

SOD-1を600cc用意。

※ATF総油量の7%

ベンツ ATSOD-1注入.JPG

チューブボトルに入れて注入。

ベンツ デフ.JPG

デフにもSOD-1を350cc添加します。

※総油量の10%

ベンツ デフオイル抜き取り.JPG

SOD-1添加量分のデフオイルを抜きとりました。

ベンツ デフSOD-1注入 (2).JPG

デフにSOD-1を注入。

 

 

オーナー様の感想

もともと不具合症状はありませんでしたが、SOD-1を入れた事により、若干ではありますが添加前より走りが滑らかになった感じがします。SOD-1を入れた事による滑り等もありません。

« | 四輪 輸入車  | »

 

カレンダー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31