エンジン

●検証車両 : レクサス

●年式   : H21年11月

●排気量  : 2.36L

●走行距離 : 146769㎞

●症状   : ※お客様のご感想をご参照下さい

●施工内容 :
  CVTオイル交換+SOD-1Plus約300cc(総油量4.2Lの7%)添加

レクサス2017.02.jpg レクサス走行距離201702.jpg

走行距離146769km

レクサスコンタミチェックフィルター.jpg

コンタミチェック消耗度2

レクサスATF注入2201702.jpg

フィラープラグより、SOD-1Plusを混入したCVTFを注入。

レクサスエンジン201702.jpg レクサスエンジンSOD1添加201702.jpg

エンジンにもSOD-1Plus430㏄(オイル総油量の10%)添加

お客様の感想

昨日(2月18日)は、お世話になりました。 SOD-1Plus添加後、駐車場を出て、エンジン始動!! 添加前と比べて、振動、ノイズが明らかに低減、妻と顔を見合わせました。 その後、幹線道路に出て、アクセルペダルを徐々に踏み込むと、 今まででは、モータからエンジンに切替わるタイミングでもモータで粘って走る感じで モータからエンジンに切替わる時も、添加前より滑らかに感じました。 いつも、ECOモードで走行しているのでアクセルペダル踏み込んでの加速感はチョイ遅れ気味に立上がる感じも、改善?アクセルペダルの応答が上がった感じです。 静かになっていて思った以上にスピードが出てました。 隣県までのドライブで約100km走行でしたが、楽しいドライブになり感謝しております。 翌日(2月19日)早朝より、買物ドライブで車始動! コールドスタート(今回気温2℃)時に起っていたブルブルという振動も低減! この日も、隣県まで約150km、滑らかになっ駆動系に満足! 実は、ここ1~2年、アクセル踏込み時、モータからエンジンへの切替わる時の、 ブルという振動、音が気になってましが、明らかに低減した様に感じました。 今回、施工後、2日間と短い期間でしたが体感の報告です。 燃費の変化及び、日頃、運転している妻のインプレッションは後日お伝え致します。 また、メンテナンスについてのアドバイスありがとうございました。

« | 事例テスト | »

 

●検証車両 : ロータス エキシージ LOTUS EXIGE

●エンジン型式 2GR

●年式   : H28,02

●走行距離 : 0km

●施工内容 : 
エンジンにSOD-1Plus500cc(総油量の10%)添加
ATにSOD-1Plus350㏄(総油量の7%)添加

ロータス車体.jpg ロータスメーター.jpg ロータスエンジン.jpg ロータスエンジン添加.jpg

エンジンにSOD-1Plus添加中

ロータスAT添加.jpg

オートマチックにSOD-1Plus添加中

新車の状態からSOD-1Plusを添加することで、エンジン、ミッションの内部の摩耗・汚れを防ぎ、新車の状態を長く保つことができます。
愛車を新車の状態でより長く乗りたい方には新車時からの予防整備をおススメします!

« | 四輪 輸入車  | »

 

●検証車両 : ホンダ バモス

●型式   : LA-HM1

●エンジン型式 E07Z

●年式   : H14.02.

●走行距離 : 267,389㎞

●症状   : 特に無し

●施工内容 :  エンジンオイル交換+SOD-1Plus270cc(総油量の10%)添加
ATF交換+SOD-1Plus294㏄(総油量の7%)添加

バモス車体.jpg バモスATF抜き取り.jpg バモス抜いたATF.jpg

抜いたATFは真っ黒ですが、

バモスコンタミチェックフィルター.jpg

コンタミチェックの結果は消耗度1~2。
コンタミチェックについて詳しくはこちら

バモスSOD-1Plus.jpg

計量カップで必要量を量って添加します。

バモスATF注入.jpg

SOD-1Plus単体で注入しにくい場合は、ATFに混ぜて一緒に注入することをおススメします。

オーナー様の感想

施工後は非常に調子が良くなりました。27万㎞走行でのオートマチックオイル交換でしたが、施工後の違和感も無く、力強い走りになりました。

« | 事例テスト | »

 

●検証車両 : メルセデス・ベンツ S63-AMG

●型式   : CBA-221174

●エンジン型式 157

●年式   : H23年5月

●走行距離 : 約5万㎞

●症状   : 特に無し

●施工内容 :
ATF(7.0L)に対しSOD-1Plus500cc添加(総油量の7%)
エンジンオイル(8L)に対しSOD-1Plus800cc添加(総油量の10%)
パワステオイル(1L)に対してSOD-1Plus100㏄(総油量の10%)
DEF(1L)に対しSOD-1Plus100cc(総油量の10%)

今回は予防整備としてエンジン、AT、パワステ、デフに添加

ベンツAMG車体.jpg ベンツAMGコンタミチェックフィルター.jpg

コンタミチェックの結果は消耗度2。
AT内部の消耗が多少みられる状態でした。
現状では変速ショック等のトラブル症状は出ていませんが、ATF無交換のまま走行を続けると、更に摩耗が進みトラブル発生も考えられます。
コンタミチェッカーについて詳しくはこちら

ベンツAMGストレーナー拡大.jpg

ストレーナには鉄粉やスラッジが溜っているのが分かります。

ベンツAMGオイルストレーナー.jpg

ストレーナーを新品に交換しました。
※特に輸入車の場合はATF交換と一緒に
ストレーナーの交換をお勧めします。

ベンツAMG-チェンジャー交換中.jpg

手動ポンプを使用しATFを交換。

オーナ様の感想

「ハンドリングがスムーズになりタイヤは地面に吸い付くようになり、自分の運転が上手くなったかのような感じがします。」

« | 事例テスト | »

 

●検証車両 : 日産 プレサージュ

●型式   : GF-HU30

●エンジン型式 VQ30

●年式   : H10年8月

●走行距離 : 231,693㎞

●メンテナンス状況 : 過去に2~3万kmごとのATF交換はしていた。

●症状   : 特に無し

●施工内容 :
ATF(9.4L)に対しSOD-1Plus700cc添加(総油量の7%)
エンジンオイル容量(4L)に対しSOD-1Plus400cc添加(総油量の10%
パワステオイル総油量に対してSOD-1Plus10%添加

2~3万㎞走行毎にATF交換をされているメンテナンスが良いお車です。今の現状では気になる症状は出ていませんが、約23万㎞走行と過走行車の為、予防整備としてSOD-1Plusの添加を希望されました。

プレサージュボディ.jpg プレサージュ メーター.jpg IMG_4177.jpg プレサージュエンジン添加.jpg

エンジンに添加

プレサージュAT添加.jpg

ATに添加

プレサージュパワステ添加.jpg

パワステに添加

SOD-1Plusの洗浄効果はオートマチック機構内部(ストレーナー、クラッチ、バルブボディ等)に蓄積した酸化物質を除去します。また、Oリング・パッキン等のゴムの硬化抑制と柔軟性回復により、オイル漏れ・滲み予防、AT内部の油圧回復等の効果があります。過走行車のオートマチックオイル交換の際は、内部洗浄・パッキンの柔軟性回復にSOD-1Plusの添加をおススメします!

« | AT・CVT | »

 

●検証車両 : シボレー コルベット chevrolet corvette

●原動機型式: 5.7L

●年式   : H4年

●加速ポンプ・プレート番号:41R-466

●症状   : 大きな症状は特になく、予防としての添加

●施工内容 : 
シボレー前面写真2016.04.jpg シボレー後面写真2016.04.jpg シボレー走行距離2016.04.jpg シボレーEG・タペットカバー無2016.04.jpg シボレーEGに添加2016.04.jpg シボレーPSに添加2016.04.jpg シボレーMTに添加2016.04.jpg シボレーDEFに添加2016.04.jpg

結果

エンジンの調子が良くなりました。
旧車なので、ミッション・デフ・パワステにもSOD-1Plusを添加して安心感を持ちました。

« | 事例テスト | »

 

●検証車両 : レクサスLEXUS IS250 

●走行距離 : 238000㎞

●使用状況 : 仕事で使用しており、1年で3~4万㎞ほど走る

●管理状況 : ATFは4万km~5万㎞で定期交換していた。

●症状   : 変速ショック及び、変速時のタイムラグ

●施工内容 : ATF交換+SOD-1Plus添加、エンジン・デフにSOD-1Plus添加

上記症状があり、ネットで検索したところ当社ホームページを見てお問合せをいただいたお客様の事例です。 レクサス車体2016.04.jpg レクサスメーター2016.04.jpg レクサス車体下2016.04.jpg レクサスATフィルター2016.04.jpg レクサスオイルパンマグネット2016.jpg レクサスオイルパン2016.04.jpg

お客様のご感想

エンジン
4GR特有のカラカラ音がしなくなり高回転までスムーズに回るようになった。燃費は変化ないが、マフラーの出口が煤で真っ黒になっていたのに今は全く黒くならなくなった。

AT
試運転をしたところ劇的に、シフトコントローラーを入れているみたいに思い通りに変速していく。

デフ
いつものように走行すると抵抗が少なくなったみたいで、スピードが上がり過ぎて怖いくらいです。

5月11日 お客様から経過報告が届きました!

5月2日にSOD-1Plusをエンジンに添加してから、昨日までに約1,000kmぐらい走行しましたが以前はマフラーの出口が煤で真っ黒になっていたのに今は全く黒くなっておりません。 ※画像を添付させて頂きます。 エンジン音は始動時から4GR特有のカラカラ音がしなくなり 高回転までスムーズに回るようになりました。但し、燃費につきましては、以前と変化はございません。

マフラー出口.JPG ↑煤で真っ黒になっていたマフラーが、SOD-1PPlus添加後より煤がつかなくなった。 これはSOD-1Plus添加により、洗浄効果によりピストンリングが正常に働く事、強靭な油膜によりピストン・シリンダー間の密閉性が高まり完全燃焼に近づいた事により、煤の原因である未燃焼ガスが減少したと考えられます。 こちらのお車以外でも、「煤がつかなくなった」「排気ガスの臭いが良くなった」などのご感想も沢山いただいております。

« | 事例テスト | »

 

●検証車両 : トヨタ クラウン

●型式   : DBA-GRS180

●年式   : H17年

●走行距離 : 88,142km

●症状   : 特には感じない

●施工内容 : ATF交換+SOD-1Plus添加、エンジンにSOD-1Plus添加(エンジンオイル交換済み)
        

hp201603クラウンボディ.jpg hp201603クラウンメーター.jpg hp201603クラウン抜いたATF.jpg

約9万km走行の過走行車で、抜いたATFも真っ黒と、
通常であればATF交換をお断りする状況だと思いますが、

hp201603クラウンコンタミチェックフィルター.jpg

コンタミチェックの結果は消耗度1とAT内の摩耗が少なく、
オイル交換が可能な状態でした。

hp201603クラウンAT抜く.jpg hp201603クラウンSOD1plus.jpg

レベルゲージが無いお車の場合は、ATFにSOD-1Plusを混ぜて注入する事をお勧めします。※SOD-1Plusは粘度が高い為、単体で注入するよりATFに混ぜた方が入れやすいです。

オイル注入器.jpg

弊社では、レベルゲージレスのお車のATF注入の際は、こちらのJTC4144シリーズのATオイル注入器を使用しています。フルード量の確認時、エアーバルブの操作により、ホース内とオーバーフロー分のフルードが下がり、ホースを毎回外さずにオイル量の点検ができる為、とても便利です。

hp201603クラウンATオイル注入器差込.jpg hp201603クラウンAT注入.jpg hp201603クラウンエンジン添加.jpg

お客様の感想

オーナー様と助手席に乗っておられた奥様からも「加速がスムーズになった。」とご感想をいただきました。

« | 事例テスト | »

 

●検証車両 : スズキジムニー

●型式   : E-JA22W

●年式   : H7年

●走行距離 : 約11万㎞

●症状   : 発進時のもたつき、始動の遅さ、エンジンの振動

●施工内容 : エンジンオイル交換+オイルフィルター交換+SOD-1plus添加
        ATF交換+SOD-1Plus添加

hp201603ジムニーボディ.jpg hp201603ジムニーメーター.jpg hp201603ジムニーコンタミチェックフィルター.jpg hp201603ジムニーエンジンオイル抜く.jpg hp201603オイルフィルター.jpg hp201603ジムニー添加.jpg hp201603ジムニーATF注入.jpg hp201603ジムニーAT添加.jpg

結果

エンジン音は静かになり、発進時のもたつきが改善されました。

« | 事例テスト | »

 

●検証車両 : SAAB(サーブ)

●型式   : ABA-EB235

●年式   : 平成21年

●走行距離 : 82,715㎞

●症状   : 特になし

●施工内容 : 
名古屋と福岡を往復することが多いため予防整備として、エンジンにSOD-1Plus添加

hpサーブボディ.jpg hpサーブボディ2.jpg hpサーブメーター.jpg hpサーブエンジンルーム.jpg hpサーブエンジンオイル抜き取り.jpg

« | 事例テスト | »

 

今回のお客様は、オートバックス様でエンジンにSOD-1Plusを添加したところ、エンジンのオイル消費が改善し調子が良くなったため、ネットで弊社のHPを検索されたそうです。HPでオートマチックに添加できる事を知り、お問合せを下さいました。

●検証車両 : BMW E90

●型式   : N46B20B

●排気量  : 2000㏄

●走行距離 : 約19万9千㎞

●メンテナンス状況 : ディーラー管理でメンテナンスは定期的にしていた。

●症状   : オートマの変速ショック

●施工内容 : コンタミチェック後にATF交換+SOD-1Plus添加。パワステ・デフにSOD-1Plus添加。

BMWE90車体フロント.jpg BMWE90メーター.jpg BMWE90コンタミフィルター.jpg

コンタミチェックの結果は、消耗度3レベルとAT内部の摩耗が激しいと思われる状態です。ATFを交換するだけで、症状の悪化のリスクが高かった為、お客様に状況を説明した上で、お客様のご依頼のもとATF交換を実施しました。

BMWE90AT抜く.jpg BMWE90オイルパン.jpg

こちらのお車の場合は、オイルフィルターとオイルパンが一体型の為、オイルパンごと交換をしました。オイルパンの底には、鉄粉などが混じったスラッジが溜っていました。

BMWE90オイルパン比較.jpg

新品のオイルパンと比較すると、汚れ具合がよく分かります。

BMWE90磁石鉄粉.jpg

鉄粉がべっとりと溜っていました。

BMWE90オイルフィルター.jpg

オイルパンからオイルフィルターだけを切り離した写真です。フィルターをよくるみると、肉眼で見える1mm~2mm程度の鉄粉がきらきらしていました。※フィルターに付いている黒い破片はオイルパンから切り離す際に出たクズです。

BMWE90バルブボディ.JPG BMWE90SOD1計量.jpg

SOD-1Plusをオートマチックオイル総油量の7%用意し、ATFに混ぜて注入しました。

BMWE90デフに注入.jpg

デフにもSOD-1Plus添加(総油量の10%)

BMWE90添加.jpg

デフにもSOD-1Plus添加(総油量の10%)

施工後に、オーナー様から頂いたメールです。

オートマチックオイル交換してSOD-1Plusを添加してもらってからは、ギアの数が6速あるはずなのにギアが1枚しかないようなフィーリングでほとんど変速ショックを感じなくなりました。エンジンオイルに添加した分もよく効いているようで、アイドリングが安定し、燃費も改善しています。何よりも300㎞くらいでオイルを補充していたものが、600km走ってもまだゲージ満タンにオイルが入っている事に驚いています。素晴らしい効果を体験させていただいています。もうエンジンを載せ替えるしかないと諦めていたものがこんなにも改善するなんて、良き出会いに感謝感謝です。
家内の車にも予防の為SOD-1を添加したいと思いますので、よろしくお願いします。

お客様から喜びの声をいただき、D1ケミカルもとても嬉しいです。ありがとうございました!

弊社が推奨するコンタミチェックについて詳しくはこちらをご覧ください。

弊社でオートマチックオイル交換をご希望のお客様はこちらへ

« | ATオイル無交換車への取り組み | »

 

―酸化物質(スラッジ)が溜まったエンジンにSOD-1を添加し、洗浄効果を検証―

洗浄効果の経過を観察してきましたが、今回、最終の確認になります!

 

 

●検証車両

●年式

●排気量

●現在走行距離

●症状

:ガソリン軽自動車

:平成6年

:550㏄

:90020㎞

:オイルランプ点灯
軽度のオイル消費・白煙

エンジンその他2.jpg 走行距離チェック.jpg 排ガス測定3.jpg 排ガス測定5.jpg エンジンヘッド2.jpg エンジンヘッドカバー1.jpg オイルパン1.jpg

SOD-1Plus添加前と添加後約2万㎞走行後のエンジン内部の比較

トゥデイ排ガス比較_03.png トゥデイエンジンヘッド比較_06.png トゥデイオイルパン比較_07.png

<添加前後のエンジン内部を比較して>

◆排気ガス中のNOxが408ppmから168ppmに低下しています。

◆エンジンヘッドは若干ですがスラッジが洗浄されています。※ヘッドの汚れに対しての洗浄効果はオイルの吐出量に左右されますので、ヘッドの吐出量が大きいエンジンほど洗浄効果が発揮できます。

◆オイルパンは、はっきりと違いが分かる程度までスラッジが洗い落されています。まだ残っているスラッジも拭き取れば綺麗に取れそうなくらいまで柔らかくなっていました。オイルパンは常にオイルが溜っている状態なので、洗浄効果が発揮しやすい部分です。

« | 事例テスト | »

 
韓国ソウル市内のベンツ修理・輸入車の整備専門のKazen Morors様での施工事例です。

●車両:アウディR8 V10

◆施工内容

●エンジンオイル交換(A.S.H.FSE 5W-40 エステル100%)とSOD-1Plus注入
●オイルフィルター・エアフィルター交換

名称未設定-1_01.png R82_03.png R82_01.png R82_04.png R83_03.png R8エンジン.png R83_01.png R83_05.png r8フィルター新品.png r8_06.png 名称未設定-1_05.png 名称未設定-1_04.png

« | エンジン | »

 

「SOD-1Plusを添加するとエンジンの振動が軽減できるのか?!」

新車で購入したマツダ スカイアクティブのディーゼルエンジンで検証しました!

●検証車両 : マツダ デミオスカイアクティブ ディーゼルターボ

●検証車両 : LDAーDJ5FS(DPF付)

●排気量  : 1.5L

●年式   : H27年9月登録

●走行距離 : 新車

●使用状況 : 業務使用、街乗り、高速走行等

hpデミオ.jpg hpデミオエンジン.jpg

計測方法

hpデミオ振動計.jpg

振動計の位置を固定して計測します。※設置の場所により数値が変わる為。

hp デミオ振動計アップ.jpg

振動が大きい程、振動計の数値が高くなります。

エンジンをかけてからの時間をストップウォッチで測ります。

SOD-1Plus添加前

添加無アイドリング5分.JPG

SOD-1Plus添加前は4.64m/s²

SOD-1Plus添加.JPG

SOD-1Plusをエンジン総油量の10%(510cc)添加しました。

SOD-1Plus添加後

SOD-1Plus添加後10分経過.JPG

SOD-1Plus添加後は3.88m/s²

SOD-1Plus添加前より数値が低くなっている為、振動は小さくなったようです。

SOD-1Plus添加後20分.JPG

20分経過後も数値は安定しています。

結果

SOD-1Plusを添加するとエンジンの振動が小さくなり、エンジン音も静かになります。これはSOD-1Plusの吸着膜によりエンジン内に油膜のクッションを作ることができるからです。同様にガソリン車でも同じ効果がありますので、エンジンの振動・音が気になるお車には是非使ってみて下さい!

« | 四輪 国産車 | »

 

「SOD-1Plusを添加するとエンジンの振動が軽減できるのか?!」

●検証車両 : マークX

●型式   : DBA-GRX130

●排気量  : 2500㏄

●年式   : 平成24年

●走行距離 : 

●使用状況 : 業務使用、街乗り、高速走行等

DSCF4595.JPG DSCF4596.JPG

計測方法

DSCF4599.JPG

振動計の位置を固定して計測します。※設置の場所により数値が変わる為。

振動が大きい程、振動計の数値が高くなります。

エンジンをかけてからの時間をストップウォッチで測ります。

SOD-1Plus添加前

マークX添加前最小値.JPG

SOD-1Plus添加前は1.59m/s²

DSCF4607.JPG

SOD-1Plusをエンジン総油量の10%(510cc)添加しました。

SOD-1Plus添加後

マークX添加後最小値.JPG

SOD-1Plus添加後は1.57m/s²

SOD-1Plus添加前より数値が低くなっている為、振動は小さくなったようです。

結果

SOD-1Plusを添加するとエンジンの振動が小さくなり、エンジン音も静かになります。これはSOD-1Plusの吸着膜によりエンジン内に油膜のクッションを作ることができるからです。同様にガソリン車でも同じ効果がありますので、エンジンの振動・音が気になるお車には是非使ってみて下さい!

« | 事例テスト | »

 

「SOD-1Plusを添加するとエンジンの振動が軽減できるのか?!」

●検証車両 : メルセデスベンツ G550

●検証車両 : 

●排気量  : 550L

●年式   : 

●走行距離 : 新古車

●使用状況  : 街乗り、高速走行等

ベンツG550外観.JPG 走行距離5024.JPG

計測方法

測定前 配置.JPG

振動計の位置を固定して計測します。※設置の場所により数値が変わる為。

添加前最小値.JPG

振動が大きい程、振動計の数値が高くなります。

エンジンをかけてからの時間をストップウォッチで測ります。

SOD-1Plus添加前

添加前最小値.JPG

SOD-1Plus添加前は1.82m/s²

G550SOD-1Plus添加.JPG

SOD-1Plusをエンジン総油量の10%(510cc)添加しました。

G550パワステオイル抜取.JPG

パワステから、SOD-1Plusを添加する分のオイルを抜き取る。

G550パワステに添加.JPG

パワステにSOD-1Plusを添加(総油量の10%)

G550 フロントデフ添加.JPG

フロントデフにSOD-1Plus添加

G550センターデフ添加.JPG

センターデフにSOD-1Plus添加

G550リヤデフ添加.JPG

リヤデフにSOD-1Plus添加

SOD-1Plus添加後

G550添加後アイドリング約12分後.JPG

SOD-1Plus添加後は1.7m/s²

SOD-1Plus添加前より数値が低くなっている為、振動は小さくなったようです。

G550添加後アイドリング25分後.JPG

25分経過後も数値は安定しています。

結果

ガソリンエンジンにもSOD-1Plusを添加するとエンジンの振動が小さくなり、エンジン音も静かになります。これはSOD-1Plusの吸着膜によりエンジン内に油膜のクッションを作ることができるからです。同様にガソリン車でも同じ効果がありますので、エンジンの振動・音が気になるお車には是非使ってみて下さい!

« | エンジン | »

 

「SOD-1」効果検証

1.約5万㎞無交換のオイルフィルター

2.過酷なオイル交換条件下での16万3000㎞走行時のヘッドの状態

過酷な使用条件

◆車  両: ホンダ オデッセイ平成11年3月登録(D1ケミカル社有車)
◆走行距離: 163000km(平成26年7月時点)
◆エンジンオイル交換履歴※オイル交換時SOD-1を10%添加

① 1回目 2万㎞走行時

② 2回目 4万㎞走行時

③ 3回目 2万㎞走行時

④ 4回目 2万㎞走行時

⑤ 5回目 2万㎞走行時

⑥ 6回目 2万㎞走行時

◆オイルフィルター交換履歴
①約1万㎞走行時(中古車購入時)
②11万5千㎞走行時(H21年3月/10万㎞フィルター無交換)

ヘッド

P7030227.JPG P7030229.JPG エンジンブロック4.JPG エンジンブロック2.JPG

ボルトの周囲には多少のスラッジが付着していますが、その他はほぼスラッジの体積・付着は無くとても綺麗な状態です。

ヘッドカバー

ヘッドカバー裏1.JPG ヘッドカバー裏 左側.JPG ヘッドカバー裏真ん中.JPG

ヘッドカバーの方もオイルの色で全体的に茶色になっているものの、ほぼスラッジの付着はなくとても綺麗な状態でした!

オイルフィルター(約5万㎞無交換)

フィルター右側2.JPG フィルター右側拡大.JPG

2万㎞走行毎のオイル交換にも関わらず、約5万㎞無交換のオイルフィルターにはスラッジの付着もなく目詰まりは確認できませんでした。

結果

この試験車両では、中古車購入時より、約2万~4万㎞でオイル交換という非常に過酷なメンテナンス条件で使用してきましたが、オイル交換時にSOD-1を添加していた事で、16万㎞走行のエンジンでもほぼスラッジの付着・堆積は無くとても綺麗な状態が保てているという結果が出ました。しかし、あまりにエンジンに過酷なオイル交換サイクルに加え、使用したオイルは鉱物油だった事もあり、10万㎞走行を過ぎた頃からオイル消費が見られていました。今回は、SOD-1の洗浄効果の持続性の確認の為にオイル交換のサイクルを通常の4倍~8倍に伸ばしてテストを行いましたが、ユーザーの皆様には通常のオイル交換サイクルでSOD-1Plusを添加していただく事で、新車の状態をより永く維持していただく事をおすすめします!

11万5千㎞走行時のヘッドの様子はこちら

« | 四輪 国産車 | »

 

―中古車輸入時の排出ガス検査機関での事例(韓国)―

 

 

BMW X6の中古車輸入時の排出ガス検査で2回も不合格だった車にSOD-1を入れたところ、3回目の検査で合格できました。

 

 

①2013年7月11日 不合格 Nox 0.125g/㎞

②2013年8月11日 不合格 Nox 0.683g/㎞

③2013年8月27日 合格      Nox 0.022g/㎞ (SOD-1添加)

合格基準値 Nox 0.044g/㎞

 

 

1回目 

BMWx6. 排気ガス試験 不合格

2回目

3回目

BMWx6. 排気ガス試験 合格

 

Noxだけでなく、もともと基準値以内であるCO(一酸化炭素)・HC(一酸化水素)もSOD-1添加後に下がっています。

 

SOD-1の洗浄効果はピストンリング・オイルリングに付着したスラッジを洗浄し、リングの働きを正常に戻す事ができます。また、主成分エステルの性質で作る吸着膜により、燃焼室を密閉し完全燃焼に近づける事で不完全燃焼によって生じるHC・COを下げる効果があります。

 

 

CO(一酸化炭素)

常温・常圧で無色・無臭の気体。排気ガス中の一酸化炭素は微量のように思えますが、換気ができていない状態では一酸化炭素中毒を引き起こすほど人体には毒性が強い気体です。

一酸化炭素中毒

一酸化炭素は血液中で酸素を運ぶ役割のヘモグロビンと結合します。
一酸化炭素は酸素に比べ 約250倍も赤血球中のヘモグロビンと結合しやすく、一酸化炭素ヘモグロビンになると酸素運搬ができなくり、全身が低酸素状態になります。

HC(炭化水素)

HCは光化学スモッグの原因の一つです。人が炭化水素の蒸気を吸引することで、急性の神経症状を発生したり、呼吸障害を引き起こす場合があります。

 

 

SOD-1はオイル交換の時にオイルと一緒に入れるだけという手軽さで、排出ガスをクリーンにする事ができます!

« | 事例テスト | »

 

●検証車両 : フォルクスワーゲン ニュービートルカブリオレ

●型式   : GH-1YAZJ

●エンジン : AZJ

●排気量  : 1.98L

●走行距離 : 約10万km(H27年9月現在)

●使用状況 : 通勤

●オイル交換: 1万Km走行毎にオイル交換

年に一回約1万㎞走行毎にエンジンのオイル交換をしている車です。

今回はエンジンオイルの交換とSOD-1Plusの添加、AT内の摩耗状況のチェックを行いました。ATフルードの交換をしてから約3万㎞走っています。

ビートル車体2015.9.jpg ビートル2015.9オイルパン.jpg ビートル42015.9オイル抜く.jpg ビートルSOD-1添加.jpg エンジンオイル交換後にSOD-1Plusをエンジンオイル総量の10%添加しました!

この車にSOD-1Plusを入れると、エンジン音・振動の軽減、走りだしのスムーズさ、パワーの向上が体感で分かります。

ビートルATF下抜き2015.9.jpg ビートル2015.9ATF抜いた.jpg ビートル2015.9コンタミチェック.jpg ビートル2015.9コンタミパーツクリーナー.jpg ビートル2015.9ATFエアー.jpg ビートルコンタミチェック.jpg

コンタミチェックの摩耗診断では消耗度1~2と少し鉄粉が出ていました。

3年前にオイル交換した際は、約8万㎞ATF無交換(SOD-1の添加無し)の状態だったので、それまでの鉄粉の残りも含まれていると思われます。そろそろATF交換(SOD-1Plus注入含む)が必要ですね。過走行車ですがSOD-1Plusを添加しているおかげで、変速ショックも無くとても快適な走りをしてくれます。お気に入りの車が快調に走ってくれると嬉しいです!

« | 四輪 輸入車  | »

 

今回の検証は、リースバイクのメンテナンスを担当しているバイクショップさんにご協力いただき、検証を行いました。

 

リースバイクを利用されているお店はお弁当屋さんです。お昼と夜のお弁当の配達にバイクを利用されていて、バイク1台の走行距離は約100㎞/日 約3000㎞/月です。

宅配用バイクは荷物を乗せたり、配達中のストップ&ゴーといったエンジンに負荷がかかる使い方をする為、通常では1000㎞~1500㎞/毎月1回でオイル交換をされているそうです。

しかし、こちらのお弁当屋さんのバイクの場合、3000km/月走るため、月1回のオイル交換では、エンジンの故障リスクが高くなります。

そこで、通常使用しているオイルにSOD-1Plusを添加する事でオイルの性能・耐久性を向上し、エンジンの故障リスクを下げる事ができるか検証しました。

 

 

 

検証手順

 

①オイル交換をして新油の状態から検証開始(7776㎞走行時)

※SOD-1Plus添加無し

 

②約1ヶ月後(2881㎞走行、total:10657km走行時)
オイル交換を行いSOD-1Plusをエンジンオイル総量の10%注入。オイルを抜く時に、検査用オイル(SOD-1添加無し)を採取。

 

③約1ヶ月後(2890㎞走行、total:13555km走行時)
オイル交換を行う。オイルを抜く時に、検査用オイル(SOD-1添加有り)を採取。

ホンダキャノピーオイル抜く.jpg ホンダキャノピー 抜いたオイル.jpg

 

 

分析結果①

SOD-1Plusを添加した時の方が、オイルへの燃料混入が少ない!!

※オイルへの燃料混入は、オイルの劣化を早め様々なトラブルの原因になります。

 

SOD-1添加無し

M弁当リースバイク837)_02.jpg

 

SOD-1添加有り

リースバイク837_02.jpg

解説

SOD-1Plus添加により、燃料分の値が大きく減少しています。燃料分の混入は、燃料漏れ・失火・過負荷等の原因が考えられますが、SOD-1Plusを添加したことで、ピストン・シリンダー間に強靭な油膜ができ、燃焼室内の密封性が高まった事で燃料の混入が改善したと思われます。また、燃焼室の密封性が高まる事で、失火が減少し、燃焼効率が向上していると思われます。

さらに、カーボン発生の原因を改善する事になる為、カーボン噛みを予防する事にも繋がります。

 

 

 

 

分析結果②

SOD-1Plusを添加した時の方が、金属摩耗が少ない!!

 

SOD-1添加無し

M弁当リースバイク837_06.jpg シェル四球摩耗試験結果と摩耗痕径写真.jpg

 

 

SOD-1添加有り

リースバイク837_06.jpg リースバイク837シェル四球摩耗試験 結果と摩耗痕径写真.jpg

 

解説

SOD-1Plus添加無しのオイルの金属元素分析ではCu(銅)の値が大きく、コンロット大端部のベアリング(メタル)の摩耗によるものだと思われます。以前に潤滑不良で焼き付きが発生した可能性が大きいと考えられます。SOD-1Plus添加有りの分析結果では、Cu(銅)の値が減少しており、摩耗による金属元素の混入を抑える事ができています。又、シェル四球摩耗痕テストの結果でも、SOD-1Plusを添加した方が摩耗痕が小さく摩耗防止効果が高い事を示しています。

 

 

検証結果

今回の検証結果より、SOD-1Plusを添加する事でエンジン内環境の改善ができ、エンジンの寿命を伸ばす事ができます。特に過酷な使用状況のバイクにはSOD-1Plusの添加をお勧めします!

« | 事例テスト | »

 

今回のお客様は、お兄さんから譲り受けられたボルボS60Rを「大事に乗りたい」との思いで、何かないかとネットで探していたところ、弊社のSOD-1Plusを見つけお電話を下さいました。

最初のご来店時は、エンジンにのみSOD-1Plusを添加しました。

その後、エンジンの調子が良くなったため、ATにもSOD-1Plusを添加したいと、ディーラー様でオートマチックオイルを交換されてご来店下さいました。

ボルボ全体.jpg ボルボボンネット.jpg ボルボオートマSOD1添加.jpg

エンジンにSOD-1Plus添加(エンジン総油量の10%)しています。

ボルボEn.jpg ATFSOD1添加.jpg

SOD-1Plus単体では粘度が高く入れにくい為、少量のATF に混ぜて入れました。

※オイルにSOD-1Plusを混ぜた場合の粘度はほとんど変わりません。

ボルボオートマキャップ.jpg

奥に見える黄色のキャップがATFの注入口です。

« | 四輪 輸入車  | »

 

―酸化物質(スラッジ)が溜まったエンジンにSOD-1を添加し、洗浄効果を検証―

●検証車両

●年式

●排気量

●現在走行距離

●症状

:ガソリン軽自動車

:平成6年

:550㏄

:72,033㎞

:オイルランプ点灯

軽度のオイル消費・白煙

 

 

検証スケジュール

車体購入後、エンジンを分解しエンジン内の汚れの状態を確認。オイル交換(純正オイル使用。SOD-1は添加せず。)し、走行テスト開始。

※まずは、オイル単体での洗浄効果検証をスタート

テスト走行中にオイルチェックランプ点灯。最低のオイルライン確保と部品交換後、チェックランプは消えたがこれ以上のオイル単体のみの検証は難しいと判断。

再度オイル交換をしSOD-1添加

※SOD-1洗浄効果検証スタート

前回のエンジン分解後より5,089km走行時にエンジン分解し状態を確認。

再度オイル交換をしSOD-1添加

前回のエンジン分解後より5,039㎞走行時に再度エンジン分解し状態を確認。

再度オイル交換をしSOD-1添加

前回のエンジン分解後より5,352㎞走行時に再度エンジン分解し状態を確認。

洗浄効果確認テスト終了

エンジンの取り外し3.JPG エンジン 側面.JPG EG-3.JPG EG本体2.JPG

 

 

********************結果*********************

 

 

<エンジンヘッド>

 

today head.jpg

 

<バルブ>

 

today barbu.jpg

<ピストン>

 

today piston.jpg

 

<オイルパン>

 

today oilpan.jpg

 

 

 

SOD-1添加後より、オイルチェックランプは点灯しておりません。現在もトラブル無く快調に走っています。 ※SOD-1施工時には必ず、施工時の注意事項をご確認下さい。

« | 四輪 国産車 | »

 

DPF装着車でSOD-1の検証

今回の検証は、北川自動車整備工場様にご協力いただきました。

 

●検証車両

●年式

●排気量

●現在走行距離

●年間走行距離

●使用状況

●DPF装置の状況

●メンテナンス

●テスト開始日

●SOD-1添加量

:ゴミ収集車 No1

:平成19年8月

:4.890㏄(2トン車)

:112,300㎞

:約18,000㎞(月平均距離約1,560㎞)

:ほぼ毎日ゴミ収集で稼働し月平均1,560㎞を走行

:約200㎞走行でDPFランプが点灯する(3日に1回の頻度)

:月一回のオイル交換実施と診断機を使用しDPF装置を燃焼させる

:平成26年7月23日

:オイル総量の10%

 

 

ゴミ収集車3.JPGゴミ収集車4.JPG

ゴミ収集車エンジン.JPGゴミ収集車SOD1添加.JPG

 

検証開始後の経過

キャンター337号.jpg

 

検証結果

検証開始前は約200㎞毎(3日に1回)にDPFランプが点灯し、その都度ゴミ収集の作業を中断しドライバーが手動で燃焼(10~20分間)していたが、今まで通りのメンテナンスにSOD-1を添加(オイル交換の度)するだけで、DPFランプが点灯するサイクル(距離)が伸びてきている。(試験期間では最高で526㎞の間、DPFランプ点灯無し)

●検証車両

●年式

●排気量

●現在走行距離

●年間走行距離

●使用状況

●DPF装置の状況

●メンテナンス

●テスト開始日

●SOD-1添加量

:ゴミ収集車 No2

:平成20年9月

:4.890㏄(2トン車)

:101,325㎞

:約17,000㎞(月平均距離約1,416㎞)

:ほぼ毎日ゴミ収集で稼働し月平均1,416㎞を走行

:約200㎞走行でDPFランプが点灯する(3日に1回の頻度)

:月一回のオイル交換実施と診断機を使用しDPF装置を燃焼させる

:平成26年7月16日

:オイル総量の10%

 

 

ゴミ収集車1.JPGゴミ収集車2.JPG

ゴミ収集車sod1.JPGゴミ収集車sod12.JPG

 

検証開始後の経過

キャンター265号.jpg

 

 

 

検証結果

検証開始前は約200㎞毎(3日に1回)にDPFランプが点灯し、その都度ゴミ収集の作業を中断しドライバーが手動で燃焼(10~20分間)していたが、今まで通りのメンテナンスにSOD-1を添加(オイル交換の度)するだけでDPFランプは点灯せずに経過している。

« | 事例テスト | »

 

フォードエクスプローラのエンジン・パワステ・フロントデフ・リアデフ・トランスファーにSOD-1を添加しました。

 

フォード.JPG

車両情報

フォードエクスプローラ

登録年月日:平成17年1月

排気量:4.6L

走行距離:82,089㎞

購入履歴:ディーラーから中古車を購入

使用状況:街乗り

不具合症状無し

 

 

 

 

 

SOD-1用意1.JPG

SOD-1を用意します。

総油量に対して添加量をご用意下さい。

エンジン:10%

パワステ:10%

デフ:10%

※SOD-1を添加するだけの場合は、添加量分の各機構のオイルを抜き取るなどして、オイル量が適正量になるよう調節して下さい。

フォードエンジン添加.JPG

エンジンに添加。

フォードPSF抜き取り.JPG

パワステフルードは適正量オイルが入っていたので、SOD-1添加量分抜き取りました。

フォードPS添加.JPG

パワステに添加。

SOD-1用意.JPG

デフに添加しやすいよう、チューブボトルにSOD-1を入れました。

フロントデフ添加2.JPG

フロントデフに添加

リアデフ添加.JPG

 

リアデフに添加

トランスファー2.JPG

トランスファーに添加。

フロントデフ滲み2点線囲み.jpg

フロントデフからのオイ滲みを確認。

フロントデフ滲み清掃後2点線囲み.jpg

滲み出たオイルをキレイにふきとりました。

SOD-1は硬化したパッキン・シール材をの柔らかさを戻す作用があり、それによりオイル滲みが止まる場合もあります。

オイル滲みの改善がみられるかどうかは今後経過観察が必要です。

 

 

オーナー様の感想

有)D1ケミカル さんの

オイル添加剤SOD-1を入れてもらって

入れたばっかりやのに既に変化が現れてきてるよ!

愛機:雷電の調子が非常に良く

ハンドルの軽さ、エンジンの周りの滑らかさ、加速、、、

燃費も良くなってます!

運転が気持ち良いので最近近場でも車使っちゃってます!

 

とオーナ様のFacebookに記事を掲載していただいいました。

運転が気持ち良くてついつい乗りたくなってしまう感覚を、お客様と共有できてとても嬉しいです!!

愛車の調子が良くなると凄く嬉しいし、運転が楽しくなりますよね!SOD-1はお車を大事にされている方にこそ、是非使っていただきたい商品です。

« | 四輪 輸入車  | »

 

 

 

 

スズキワゴンR異音解消事例.jpg

 

 

 

 

 

« | 四輪 国産車 | »

 
四輪テスト事例集フィット

« | 四輪 国産車 | »

 
四輪テスト事例集ビート

« | 事例テスト | »

 

 

四輪テスト事例集 ステップワゴン CRZ.jpg

 

« | 四輪 国産車 | »

 
四輪テスト事例集 N-ONE.jpg

« | 四輪 国産車 | »

 

岡県自動車整備振興会青年部主催のエコランで

SOD-1の洗浄効果と燃費の変化を検証していただきました!!

 

検証期間

 

H24年7月29日~H24年9月29日

 

 

検証内容

 

●SOD-1添加前後でエンジンヘッドカバーを開けて洗浄効果を確認

 

●SOD-1添加前後で燃費を比較

 

 

―H24年7月29日スケジュール―

 

 

エコラン開会式

H24エコラン 開始挨拶

〈燃費測定方法〉

指定ガソリンスタンドでガソリンを満タンにしてスタート

 

福岡市都市高速道路を含めた指定コース(約80Km)を走行

(エアコンつけて、高速道路は約60Km/Hで走行)H24年 エコラン 都市高速

指定スタンドでガソリン満タン

H24年エコラン ガソリンスタンド

走行距離をガソリン量(L)で割って、燃費を計算します

〈洗浄効果確認〉

排気ガス測定

H24年 エコラン 排気ガス

ヘッドカバー開けて写真・動画撮影

 

オイル交換&SOD-1添加

H24年 エコラン オイル交換

H24年 エコラン SOD?1添加

 

―H24年9月29日スケジュール―

燃費測定方法は前回と同じ

 

福岡市都市高速道路を含めた指定コース(約80Km)を走行

(エアコンつけて、高速道路は約60Km/Hで走行)

 

 

排気ガス測定

ヘッドカバーを開けて洗浄効果確認&写真・動画撮影

 

武部自動車様 スズキ Kei

 H24年 エコラン スズキkei  添加前

  SOD-1添加後550km走行時⇓ 

 H24年 エコラン スズキkei 

 

 

ピットスタッフ 様 スズキ kei ターボ

H24年 エコラン スズキkei ターボ

SOD-1添加後約2000Km走行時⇓

H24年 エコラン スズキkeiターボ SOD?1添加後

 感想

●エンジンのフィーリングが良くなった。

●添加前よりもアクセルを踏み込まなくてもスピードが出るようになった。

 

 青木モータース 様 スズキ エブリィ

IMG_2498.JPG

SOD-1添加後約800km走行時⇓

IMG_2580.JPG

 

(有)寿モータース 様 ダイハツ オプティ

H24年 エコラン ダイハツオプティ

 SOD-1添加後約400km走行時⇓

H24年 エコラン ダイハツオプティ SOD?1添加後

 

 (有)藤壷自動車工業 様 ニッサン キューブ

H24年 エコラン ニッサンキューブ 

 SOD-1添加後1200km走行時⇓

H24年エコラン ニッサンキューブ SOD?1添加

 感想

●エンジンの吹き抜けがよくなった。

●ATのシフトチェンジがスムーズになった。

(有)山中自動車 様 トヨタ カローラバン

H24年 エコラン トヨタカローラバン

SOD-1添加後約800km走行時⇓

H24年 エコラン トヨタカローラバン SOD?1添加後

 

ボヤロビックエンジニアリング 様 ダイハツムーブ

H24年 エコラン ダイハツムーブ

SOD-1添加後約800km走行時⇓

H24年 エコラン ダイハツ ムーブ SOD?1添加後

 

 

 

テスト期間中、走行距離が伸びている車程

エンジンがきれいになっていました☆

 

―燃費測定結果―

H24 エコラン 燃費比較.jpg※気温や道路状況、ガソリン供給時の誤差などがありますので全く同じ条件ではないですが、できる限り条件を同じにして計測しました。

 

エコラン参加者の青年支部長様達お疲れさまでした☆

H24年エコラン参加整備工場様

武部自動車 様

(株)平尾自動車工場 様

ピットスタッフ 様

青木モータース 様

(有)寿モータース 様

(株)ボヤロビックエンジニアリング 様

(有)藤壷自動車 様

(有)山中自動車 様

(有)平和自動車 様

福岡特殊車輌 様

福岡県自動車整備振興会 様

福岡県自動車整備商工組合 様

 

今回はSOD-1を検証していただきありがとうございました!!

 

« | 事例テスト | »

 

SOD-1効果検証

SOD-1を添加するとエンジン音が静かになったとご好評いただいております。

そこで、SOD-1でエンジン音が小さくなるのかテストしてみました。

 

 

 

 

« | 動画

 

「SOD―1効果検証」

 

 

ジムニー

検証車両 : スズキ ジムニー

年式   : 平成16年登録  

車体番号 : JA11-324345

型式   : V-JA11V

エンジン型式 : F6A

排気量  : 0.65

走行距離 : 160247㎞

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジムニー メーター

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジムニー オイル注入口

 

 

オイル注入口

少量のスラッジが付着しています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジムニー フィラーキャップ

 

 

 フィラーキャップ

少量のスラッジが付着しています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジムニー ヘッド 1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジムニー ヘッド 2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジムニー ヘッド 3

 

ヘッド

ボルトにスラッジの付着が確認できます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジムニー ヘッド  ロッカーアーム

 

 

ロッカーアーム

スラッジの付着が確認できます。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジムニー ヘッドカバー

 

 

 

ヘッドカバー

全体的に綺麗ですが、ところどころスラッジが付着しています 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジムニーSOD-1添加

 

 

 

SOD-1添加 

 

 

 

 

 

 

 

 

SOD-1の洗浄効果は、経過を追って報告します。

次回の経過報告をお楽しみに☆

« | 四輪 国産車 | »

 

「SOD-1効果検証」

●検証車両:スズキ アルト(平成22年1月登録)

●車両型式:GBD-HA24V

●エンジン:K6A

●排気量 :650cc

●走行距離:31007㎞(H22年8月25日現在)

●使用状況:代行車として使用

●施工内容:フッシング、エレメ ント・オイル交換、SOD-1300cc添加

〈注〉事例テストは、自動車整備士がエンジンの状態を確認し、安全な範囲で行っています。テスト中の車は定期的にオイルチェックをしております。

〈エンジンオイル・エレメント交換、SOD-1添加〉

 

アルト フィラーキャップ オイル注入口.jpg

 

 

フィラーキャップを開けてみると・・・

オイル注入口を覗く限りでは、ヘッドの汚れは分かりませんが、フィラーキャップには、まっ黒でドロドロのオイルがベッタリ!!

 

 

 

 

アルト オイル注入口.jpg

 

 

 

 

 

 

 

正常なオイルだと、このようにフィラーキャップにベットリと附着しません。

 

 

 

 

 

 

 

アルト オイルレベルゲージ.jpg

 

 

 

 

オイルレベルゲージ(エンジンオイルの量の目安になるもの)を引き抜くと、またもやオイルがベットリ・・・

 

 

 

 

 

 

 

アルト レベルゲージ 焼き付き.jpg 

 

 

レベルゲージの先端は焼きついて茶色く焦げていました。

オイルの劣化による潤滑不良、冷却作用の低下などの原因が考えられます。

 

 

 

 

 アルト ヘッド.jpg

 

 

 

ヘッドカバーを開けてみると・・・

!!!!!!!!!!!!!!!!!!

汚い・・・ですね。

 

 

 

 

 

アルト ヘッド 2.jpg

 

 

 

 

 

カムシャフトにオイルが堆積しています。

 

 

 

 

 

 

アルト ヘッド 3.jpg

 

 

 

 

さらにアップで見ると・・・

もう液体ではなく泥状です。

 

 

 

 

 

 

 

アルト ヘッドカバー.jpg

 

 

 

 

ヘッドカバーにも全体的にオイルがベトーっと附着しています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アルト ヘッドカバー 2.jpg

 

 

隅の方ではオイルが固まりかけてデポジットができかけています。 

オイルがこのような状態になると、潤滑不良で焼き付きなどエンジンが壊れてしまう危険があります。このまま、放っておくと、デポジットとなり、オイル管まで詰まってしまいます。

 

 

 

 

アルト ヘッド 拭き上げ後.jpg 

 

 

ここでまず、可能な範囲で溜まってたオイルをふき取りました。

拭き取るだけでもだいぶ綺麗に見えますが、細部にはスラッジが付着しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

アルト オイル まっ黒.jpg

 

 

 

 

抜き取ったオイルは、もちろんまっ黒です。

見た感じは溶けたチョコレートですね・・・??

 

 

 

 

 

 

 

アルト オイルエレメント.jpg

 

 

 

エレメントもドロドロのオイルで汚れています。

 

 

 

 

 

 

 

 

アルト SOD-1.jpg

 

 

 

 

一度、フラッシングオイルで流し、オイル交換が終わったところで

SOD-1を添加します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  SOD-1添加前後での排ガス濃度の比較〉

排ガス基準値 CO 1%以下 HC 300ppm以下

 

SOD-1添加前 SOD-1添加後

 

 

 

アルト 排ガス 添加前.jpg

 

アルト 排ガス 後.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

CO 0.00% HC 15ppm CO 0.00% HC 0.00ppm

結果

SOD-1添加後にHC 15ppm低下しました。今後は2000㎞走行後に、ヘッドの状態と排ガス濃度値を報告していきます★

« | 四輪 国産車 | »

 

 

「SOD-1効果検証」

 

 

●検証車両 : ホンダライフ ライフ HP.jpg

●型式   : GF-JB1

●エンジン : E07Z

●排気量  : 650cc

●走行距離 : 75400㎞

●施工内容 : エンジンオイル交換

+SOD-1添加

オイルフィルター交換

 

 

 

 

※今回のテスト車はエンジンの汚れが非常にひどかった為、エンジンを分解し、可能な範囲でスラッジを取り除きました。

このエンジンの様に状態が悪い車にSOD-1を使用する場合は、分解してスラッジ・カーボンを取り除いてから使用して下さい。

また、オイルフィルターの交換、ストレーナーの掃除は必ずして下さい。

 

 

 

 

ライフ 排ガステスト HP.jpg

 

 

テスト前は

CO 0.09%

HC 100ppm

 

 

 

 

 

 

 

ライフ マフラー すす HP.jpg

 

 

 

 

 

マフラーはススで真っ黒でした。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エンジン 降ろす HP.jpg 

 

 

 

 

エンジンが車体から降りました。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライフ エンジン 分解.jpg

 

エンジンとミッションを切り離しています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライフ ヘッド HP

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライフ ヘッドカバーなし HP 

 

 ヘッドカバーを開けると・・・

カーボンが山盛りでひどい状況です。

 

 

 

 

 

 

 

ライフ ヘッド カムシャフトなし HP.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヘッド スラッジ HP.jpg

 

 

 

シリンダーヘッドにも大量のスラッジが溜まっていました。 

 

 

 

 

 

 

 

ライフ カムシャフト 分解.jpg

 

 

 

よく見るとカムにはうっすら傷が入っています。

ドライスタートによる摩耗でしょう。 

 

 

 

 

 

 

ライフ ロッカーアーム

 

 

 

ロッカーアームにも大量のスラッジが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライフ ロッカーアーム分解 

 

 

 

真っ黒の塊をバラバラにして、部品一つ一つのスラッジをふき取りました。 

 

 

 

 

 

 

 

ロッカーアーム 分解 HP.jpg

 

 

 

スラッジをふき取ったロッカーアームの部品達。

こびりついたカーボンは拭いてもなかなか綺麗になりません・・・。

 

 

 

 

 

 

 

ロッカーアーム.jpg

 

 

 ロッカーアームの部品を再度組み立てました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライフ ヘッド 後.jpg

 

 

 

 

シリンダーヘッドにスラッジを拭き取ったカムシャフトとロッカーアームを取り付けました。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライフ ヘッドカバー スラッジ HP.jpg

 

 

 

ヘッドカバーもひどい状況ですね・・・。

スラッジの塊で表面がボコボコしています。

積スラッジ1cmの場所もありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライフ ヘッドカバー スラッジの山.jpg

 

 

 

 

ヘッドカバーのスラッジをこさぐと

スラッジの小山ができました。

 

 

 

 

 

 

ライフ 燃焼室 HP.jpg

 

 

 

 燃焼室はすすで汚れています。

オイル通路にはドロドロのオイルが溜まっています。

細いオイル通路だと、詰まってもおかしくない状況です。

 

 

 

 

 

 

 

ライフ シリンダーブロック HP.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライフ クランクシャフト 外す HP.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライフ ピストン 3本 HP.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライフ オイルリング HP.jpg

 

 

 

ピストンにもスラッジが付着してますがオイルリングの固着はありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライフ ストレーナー.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライフ ストレーナー 網目 HP.jpg

 

 

オイルストレーナの網目には多少スラッジの塊が見えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライフ レベルゲージ HP.jpg

 

 

オイルレベルゲージは腐食して折れる寸前でした。

新品と比べると、劣化が明らかですね。

オイル管理が悪いと、オイルの防錆作用が低下するため、エンジン内部が錆ます。

 

 

 

 

ライフ 500キロメートル走行時 排ガス.jpg

 

 

テスト開始より500㎞走行後の排ガス

 

CO 0.02% ← 0.07%改善

 

HC 26ppm ← 74ppm改善

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2000km走行後(H23年3月11日)

 

 洗浄効果の確認をしました。

 

 

 

ライフ クランクシャフト HP.jpg

テスト前 

 

                    矢印.jpg

ライフ 走行後 クランクシャフト.jpgSOD-1添加し2000km走行後

 

ロアブロックの壁にこびりついていたスラッジが、徐々に洗い落されてきています。

(黄色の線で囲んだ部位)

 

 

SOD-1洗浄効果テストの経過

 

 H22年12月10日 テスト開始前

 

ライフ テスト走行開始前.jpg

 

H23年1月11日 テスト開始500㎞走行

 

ライフ 500キロメートル 走行

 

 H23年7月14日 テスト開始5000㎞走行

 

ライフ 5000キロメートル 走行

 

 

 

 

 

H22年12月10日 テスト開始前

 

ライフ テスト前 ヘッドカバー.

 

 

 

 

H23年7月14日 テスト開始5000㎞走行後

 ライフ 5000キロメートル走行 ヘッドカバー

 

« | 四輪 国産車 | »

 

 

 

 

ドロドロのスラッジで汚れたエンジン

このエンジンでのSOD-1の効果を検証!

 

  アルト スラッジドロドロ ヘッド

 

 

 

 

SOD-1添加前

※スラッジを可能な範囲拭き取りました。

アルト 添加前 ヘッド

アルト 添加前 ヘッド2 

アルト 添加前 I 2 

アルト 添加前 I 3 

アルト 添加前 ヘッドカバー

オイル交換+SOD-1添加し
1万㎞走行後

※1万㎞走行の間、オイル交換はしていません。

アルト 1万km走行 ヘッド

アルト 1万km走行 ヘッド2 

I 2 アルト I 3 アルト 1万km走行後 ヘッドカバー

 

 

SOD-1施工前後で比較して

 

SOD-1施工前のエンジンに比べて施工後は、スラッジ(汚れ)が洗い落され、全体的に明るく見えます。オイルがよく当たる部位程、綺麗になっています。

カーボン化(スラッジが乾いて固くなっているような状態)して、ボルトやシリンダーブロックにへばりついた汚れが溶けて綺麗になるにはまだまだ時間がかかりそうです。

SOD-1は、スラッジを包み込み周りからゆっくりゆっくり溶かしながら、分解します。洗浄効果を実感するには、多少の時間がかかりますが、トラブルの危険性は低く安心してエンジン洗浄できます。

 

 

 

この車両の洗浄効果テストの経過

 アルト 2万キロメートルまでの洗浄効果テスト.jpg

 

 

 

 

 

« | 四輪 国産車 | »

 

 

「SOD-1効果検証」

 

ベンツ

●検証車両 : メルセデス・ベンツ
(平成14年10月登録)

●車両型式 : GF-203061

●エンジン : 112M26

●排気量  : 2590㎞

●走行距離 : 195588㎞(H22年11月現在)

●使用状況 : 日常生活に使用

●施工内容 : エンジンオイルにSOD-1添加

 

 

ベンツ フィラーキャップ.jpg

 

 

フィラーキャップ

スラッジの付着あり。 

 

 

<排ガス濃度測定>

 

 

SOD-1添加前

 

ベンツ 排ガス 前.jpg

SOD-1添加後

 

ベンツ 排ガス 後.jpg

 

結果

 

SOD-1を添加することで、CO0.01%、HC33ppm減少しました。

 

オーナーの感想

「これはいい!!燃費が9.8㎞/Lから12.3㎞/Lくらいまで伸びました。これだと新車の時と同じですもんね。」

 

 

 

« | 四輪 輸入車  | »

 
「SOD-1効果検証」

BM 全体 HP.jpg

 

●検証車両 : BMW IL750

●型式   : GF-GJ50

●エンジン : 5412

●排気量  : 5.37L

●走行距離 : 63984km

(H22年10月12日現在)

●使用状況 : 10km/日走行

前回のオイル交換から約3000km走行

●燃費   : 4.1/L

 

<SOD-1添加作業>

 

BM フロント2 HP.jpgBM ヘッド HP.jpg

BM SOD-1 HP.jpg

 

 

 

SOD-1 800cc注入

※エンジンオイル総量の10%

 

 

 

 

 

 

<排ガス濃度測定>

 

SOD-1添加前

 

BM 添加前HP.jpg

CO:0.02% HC:33ppm

SOD-1添加後

                   

BM 添加後 HP.jpg

CO:0.00% HC:9ppm

 

結果

 

SOD-1添加前後の比較では、CO 0.02% HC 24ppm 減少しました☆

 

 

 

<施工後約1000km走行時>

 

65076㎞走行 (H22年11月8日現在)

 

BM 添加後3週間 HP.jpg

CO:0.00 %、 HC:1ppm

SOD-1添加直後より、さらにHC:8ppm減少していました。COも添加直後と変わらず0%を維持できていました。

SOD-1は、エンジンオイル添加するだけで、走りながらエンジン内を洗浄し正常な状態に戻しますので、(注:機械的な損傷は無理です)エンジン内が正常な状態に戻ることで、圧縮比が改善し排気ガスも減少します。

※燃費も改善しますが、乗り方によって変わります。この事例では、燃費の改善は確認できませんでした。

 

 

« | 四輪 輸入車  | »

 

「SOD-1」効果検証

実施日:H21年3月26日

●検証車両 :ホンダ インサイト (H21年3月登録)

●型式   :DAA-ZE2

●エンジン :LDA-MF6

●排気量  :1.330cc

●施工内容 :新車購入時にエンジンオイル HONDA純正にSOD-1 10%添加

CVTFHONDA純正にSOD-110%添加

インサイト エンジン.jpg

 

 

 

エンジンオイルにSOD-1添加

インサイト ATF.jpg

 

 

 

 

CVTFにSOD-1添加

 

 

≪初回オイル交換時の距離19,467㎞≫

 

オイル交換 H22年10月21日(19ヶ月無効間)  オイル交換:㈱ホンダ長崎

インサイト フロント 

インサイト ヘッド 

インサイト カム 

インサイト タイミングチェーン HP.jpg

インサイト ヘッドカバー 

インサイト ヘッド 

 

 スラッジの付着は全くなし

すす量(LEM) 0,001mass% (3.0以上で「すす発生」と判断)

分析報告 ジャパンアナリスト㈱

 

 


 

≪27549㎞走行時≫

ヘッド 27549 .JPG

≪53500㎞走行時≫

ヘッド53500.JPG

≪67214㎞走行時≫

ヘッド 67214.JPG

« | 四輪 国産車 | »

 

「SOD-1」効果検証

1.10万5千㎞無交換のオイルフィルター

2.過酷なオイル交換条件下での12万300㎞走行時のヘッドの状態

過酷な使用条件 車両

◆車  両: ホンダ オデッセイ平成11年3月登録(D-1ケミカル社有車)          
◆走行距離:  114810km(平成21年3月末時点)

◆エンジンオイル交換履歴 ※オイル交換時SOD-1を10%添加

① 1回目 2万㎞走行時

② 2回目 4万㎞走行時

③ 3回目 2万㎞走行時

④ 4回目 2万㎞走行時

◆オイルフィルター交換履歴: 約1万㎞走行時(購入時)に1回交換その後10万5千㎞無効間(11万5千㎞走行時)

 

2回目のオイルフィルター交換(前回の交換から10万5千㎞無交換)

 

 

オデッセイ フィルター交換 HP.jpg


オデッセイ フィルター.jpg

 

SOD-1を添加すると洗浄力によってオイルは黒くなります。

そのため、フィルターも真っ黒です。

しかし、10万5千㎞無交換にも関わらず、スラッジの付着・目詰まりは全くありませんでした。

 001.jpg

シリンダーヘッドにスラッジ付着全く無し

 

 

002.jpg

ヘッドボルトの頭部スラッジ付着全く無し

 

003.jpg

ヘッドカバー隅々までスラッジ付着見当たらず

オイル交換を4万km無交換、2万km無交換を3回実施したエンジンですが、エンジンもATミッションも新車時のフィーリングをそのまま維持しています。シリンダーヘッド、カバーも写真の通り綺麗です。

 

 

 

120110㎞走行時に5回目のオイル交換実施(H22年8月)

 

122000㎞走行時のヘッドの状態(H22年11月)

オデッセイヘッド 12万 HP.jpg

オデッセイ ヘッド 2 HP.jpg

オデッセイヘッド HP.jpg

オデッセイヘッドカバー HP.jpg

 

 

スラッジの付着は全くなし!!

 

すみずみまでキレイな状態を保つことができていました。

« | 四輪 国産車 | »

 

「SOD-1効果検証」

●検証車両 : 三菱 タウンボックス(平成16年2月登録)

タウンボックス.jpg

 

●型式    : TU-U61W

●エンジン : 3G83

●排気量  : 650cc

●走行距離 : 97608㎞ (H22年7月現在)

●使用状況 : 配送業に使用。前回のオイル交換から22000㎞走行している。

●症状   : ガソリンの消費が激しい。パワーがない。

●施工内容: エンジンオイル交換をしSOD-1を添加。

 

フィラーキャップ.jpg

タウンボックス オイル注入口.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フィラーキャップ:スラッジの付着が少量あり  オイル注入口:スラッジの付着が少量あり 

 

タウンボックス ベッド.jpg

オイル汚れ.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    ヘッド:スラッジの付着なし     オイルは規定量の約1/3しか入っていなかった

 

 〈SOD-添加前後での排ガス濃度の検証〉

 

オイル交換前

 

タウンボックス 排ガス 交換前.jpg

 

 

 

 

 

 

 

CO 0.22%

HC 225ppm

 

 

 

 

 

 

オイル交換後

 

タウンボックス オイル交換後.jpg

 

 

 

 

 

 

 

CO 0.00%

HC 36ppm

 オイル交換だけで、            CO22%HC189ppm改善できました。

 

 

 

 

 

図1.jpg

SOD-を添加するとさらに・・・ 

 

 

 

 

 

 

 

 

SOD-1添加後

 

タウンボックス 排ガス SOD-1添加後.jpg

 

 

 

 

 

 

CO 0.03%

HC 3ppm

HC 33ppm改善できました。

 

 

新油の状態でもSOD-1を添加することで、さらにオイルの性能が向上します。

« | 四輪 国産車 | »

 

SOD-1効果検証 ポルシェ

「SOD-1」効果検証

SOD-1添加前後での排ガス濃度の検証

 

●検証車両 :ポルシェ911カレラ4S テックアート(スーパーチャージャー)

●車両型式:GH-997M9701

●エンジン:M9701

●排気量:3800CC

●走行距離:10,080km

(平成22年3月現在)

●使用状況:休日でのドライブ、街乗りなど

●施工状況

 エンジンオイル:モービル10W-30RM

 オートマチックオイル:ポルシェ純正

 デフオイル:ポルシェ純正

IMG_1184.JPG

 

 

<エンジンオイル、オイルエレメント交換作業>

 

IMG_1168.JPG

 (エンジンオイルは、かなり汚れています。)

IMG_1172.JPG

(オイルエレメント交換)

 IMG_1173.JPG

(オイルエレメントも汚れています。)

IMG_1174.JPG

(オイルエレメント新品はやはりきれいです。)

IMG_1180.JPG

(エンジンオイルに、SOD-1添加)

◆SOD-1添加前 排気ガス濃度

 

SOD-1添加前.JPG

 

排気ガス基準値

CO 1%以下

HC 300 ppm以下

 

 

添加前測定値

CO 0,36

HC 117 ppm

 

 

◆SOD-1添加後 排気ガス濃度

街乗りで、60分走行後に測定しました。

 

オイル交換後SOD-1添加ポルシェ.JPG

 

添加後測定値

CO 0,45

HC 99 ppm

 

 

 

検証結果

 

SOD-1添加後,CO:0.009アップ HC:18ppmダウン

今回の検証ではCOは減少しませんでしたが、HCは18ppm改善できました。

 

 

« | 四輪 輸入車  | »

 

 

「SOD-」効果検証

 

●検証車両: ホンダ ライフ(平成15年3月登録)

●型式  :  LA-JB1

●エンジン:  E07Z

●排気量 :  660cc

●走行距離: 66,715km (平成22年1月現在)

●使用状況: 1日の走行距離約2kmで通勤に使用。(シビアコンディション)

 

オイル交換は5,000km又は6ヶ月ごとに実施。

エンジン、ミッションなど不具合無。

●施工内容:  エンジンオイル交換

使用オイル ホンダ純正5W-30

SOD-1 300cc添加

 ●検証内容: 排気ガス濃度、圧縮圧力、洗浄効果

<SOD-1添加 排気ガス濃度確認>

 

 

SOD-1添加前.JPG

 

 

排気ガス基準値  CO 2%以下   HC 500ppm以下

添加測定値   CO 0,01 %  HC 24ppm

*「SOD-1」添加前では、基準値内ですが、HCがやや高めです。

<SOD-1添加 排気ガス濃度確認>

 

 

 

 

SOD-1添加後.JPG

 

 

「SOD-1」添加後20分間アイドリングを行い測定しました。

添加後測定値 CO 0,00 %  HC  ppm

*SOD-1添加後   CO 0,01 %   HC 20 ppm改善できました。

 <SOD-添加 圧縮圧力確認>

<SOD-添加 圧縮圧力確認>

 

 

 

 

 

 

SOD-1圧縮添加前1番.JPGSOD-1添加後1番.JPG

●1番シリンダー圧縮圧力1,610kPa ●1番シリンダー圧縮圧力1,710kPa

 

 

SOD-1添加前圧縮2番.JPGSOD-1添加後2番.JPG

●2番シリンダー圧縮圧力1,600kPa ●2番シリンダー圧縮圧力1,610kPa       

 

 

SOD-1添加前圧縮3番.JPGSOD-1添加後3番.JPG

 

●3番シリンダー圧縮圧力1,610kPa    ●3番シリンダー圧縮圧力1,650kPa

*添加後の圧縮圧力は20分アイドリング後に測定致しました。

<SOD-添加前ヘッドカバー脱着し、汚れ確認>

 

DSC07998.JPG

 

 

 

 

●通勤距離が2kmと短い為、水分が蒸発出来ずフィラーキャップが白濁している。オイル注入口にスラッジが付着している。

 

 

 

 

 

DSC08005.JPG

 

 

 

 

 

 

 

●ヘッドカバーの裏側は、スラッジ・カーボンの付着が見られます。

 

 

DSC08000.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

●カムシャフト、ロッカーアーム付近にはスラッジは堆積していないが、プラグホール下付近には、スラッジが堆積している。 

 

 

DSC08002.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●ヘッドボルト付近は、多少スラッジが堆積している。

DSC08006.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●隅々を観察すると、スラッジの付着が確認できる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*洗浄の効果検証は、1,000km走行後に掲載いたします。

 

 


 

 

*今回のライフの検証では、「SOD-1」添加後に排気ガス濃度の改善が確認でき

ました。又、添加後20分間のアイドリングで、「SOD-1」の吸着作用、強力な

還元洗浄による圧縮圧力の改善も確認できました。

ヘッドカバー内の洗浄効果は、1,000km走行後に掲載致します。

 

 

 

 

« | 四輪 国産車 | »

 

「SOD-1」効果検証

●検証車両: BMW Z3(平成10年9月登録)

IMG_1101.JPG

 

●型式  : GF-CJ28

●エンジン: 286S

●排気量 : 2800cc

●走行距離: 7,625km(平成22年1月現在)

●使用状況: セカンドカーで使用。

年間走行距離約700km

オイル交換は定期点検ごとに実施。

街乗り中心。

エンジン、ミッション、デフ、

パワーステアリング等不具合無。

●施工内容:エンジンオイル BMW純正 SJ 15W-40 5,4ℓ

SOD-1 600cc添加

:パワーステアリングオイル交換せず150cc抜取り、「SOD-1」150cc添加

:ATミッションオイル交換せず500cc抜取り、「SOD-1」500cc添加

 <SOD-1添加 排ガス濃度確認>

 添加前排ガス.JPG

 

排ガス基準値 CO 1%以下 HC 300ppm 以下

添加測定値  CO 0,00 % HC 50 ppm

「SOD-1」添加では、排気ガスHCが少し高めです。

<SOD-1添加後 排気ガス濃度確認>

 

IMG_1086.JPG

 

 

 

添加後排ガス.JPG

 

「SOD-1」添加40分間通常走行を行い測定しました。

添加測定値 CO 0,00 % HC  ppm

*SOD-1添加後 HC 49ppm改善できました。

 


 

*走行距離は使用年数10年以上経過していますが、7,625kmと極端に短い

車両ですので、フィラーキャップからエンジンを覗いてもきれいな状態です。

「SOD-1」をエンジン、ATミッション、パワステ、デフオイルに添加しました。

排気ガスは改善し、スムーズなエンジン回転になりました。エンジンの音も静か

になり「SOD-1」によるエンジン内部の改善が確認できました。

パワーステアリングの、作動音の減少が確認出来ました。

ATミッションに添加後は、変速ショックが、若干改善された感触がしました。

今回の検証から1,000km走行後の排ガス、オイルの劣化状況の経過を確認

後掲載致します。

 

H22年8月24日 【排ガス濃度検証】

前回の検証から3935㎞走行。

15分間アイドリング後に測定しました。

 

BM 排ガス.jpg

CO 0.00% HC 27ppm

オイルの劣化に伴い、HC 27ppm 上昇していましたが・・・

エンジン音は前回よりも更に静かになっていました

« | 四輪 輸入車  | »

 

 

「SOD-」効果検証

 

●検証車両: ヴィッツ(平成13年4月登録)

●車両型式: TA-NCP13

●エンジン : 1NZ

●排気量  : 1500cc

●走行距離: 102,285km(平成22年1月現在)

●使用状況: 5,000km~10,000kmの間でオイル交換を実施。

通勤で1日に約15km使用。

 

 

<SOD-1添加前 エンジンヘッドカバー脱着、フィラーキャップ汚れ状態の確認>

DSC08055.JPG

 

*フィラーキャップ、オイル注入口スラッジが多少付着している。

 

DSC08048.JPG

 

*ヘッドカバーには、ごく少量のスラッジが、確認できます

 

DSC08051.JPG

 

 

 

 

DSC08052.JPG

*カムシャフト・タイミングチェーン付近スラッジ付着無、振動、異音も無く快適な

状態です。隅々を観察すると多少のスラッジが付着しています。

 

 

 

 <SOD-1添加 排ガス濃度確認>

DSC08047.JPG

排気ガス基準値 CO 1%以下 HC 300ppm以下

添加測定値  CO 0,03HC 54 ppm

「SOD-1」添加では、やや排気ガス濃度は高めです。

<SOD-1添加 排気ガス濃度確認> 

DSC08059.JPGのサムネール画像

 

 

 

DSC08061.JPGのサムネール画像

 

「SOD-1」添加20分間通常走行を行い測定しました。

添加測定値  CO 0,00HC ppm

 

 *SOD-1添加後、CO 0,03%改善、HC 45ppm改善できました。

 


 

*今回の検証では、走行距離5,000km~10,000km、約1年に1回の交換

サイクルでフィラーキャップに若干のスラッジが付着していましたが、ヘッドカバー

内部は、スラッジの堆積もなくきれいな状態でした。排気ガス濃度は、やや高め

でしたが「SOD-1」添加により改善できました。エンジンの音も静かになりました

「SOD-1」の金属面への吸着作用による圧縮の改善が確認出来ました。今後

1,000km走行後の洗浄効果、排ガス濃度の検証し、経過確認後掲載致

します。

 

 

 

« | 四輪 国産車 | »

 

エンジン性能回復テスト

「SOD-1」効果検証

検証車両: メルセデス・ベンツ 560SL (昭和62年6月登録)

型式: E-107048  原動機 1177

IMG_0693.JPG

●走行距離: 72,899km (平成21年9月17日現在)

●使用状況: 年間走行距離約5,000km 休日だけの使用でほぼ街乗り中心。

●現状燃費: 1リットル当り 約5km

●不具合等: 現状は不具合無く良好な状態

●添加箇所: エンジン、ATミッション、パワステアリングオイル

<エンジンオイルに添加>

IMG_0691.JPG

<オートマチックオイルに添加>

IMG_0684.JPG

<パワーステアリングオイルに添加>

IMG_0688.JPG

<SOD-1添加排気ガス濃度測定>

排ガス規制基準値 CO4,5%以下  HC1200PPM以下

 

Sクラス5.jpg

 

*年式が古いですが、CO 0%、HC1PPM排気ガスの状態は良好です。 

<SOD-1添加排気ガス濃度測定>

IMG_0695.JPG

*SOD-1添加前でも排気ガスの状態は、良好でしたが、HCの濃度も0PPM

まで改善できました。

 

 

 

 

 


*今回の検証では、排気ガス濃度が改善できた事と、燃費が改善できました。

1リットル当り約5kmが7kmに改善

但し燃費は、ガソリンの給油の仕方、季節等で誤差がでますので正確では

ありませんが、使用者様が毎回の給油と走行を繰り返した結果燃費が良くなっ

たそうです。

 

四輪 輸入車  | »

 

 「SOD-」効果検証

●検証車両: カローラフィールダー(平成14年12月登録)

●型式   : UA-NZE121

●エンジン: 1NZ

●排気量 : 1500cc

●走行距離 : 59,665km (平成21年12月4日現在)

●使用状況 : 約5,000km、半年に1回オイル交換実施。

   街乗り中心、月に1、2回の遠出。

 <SOD-1添加前 エンジンヘッドカバー脱着、汚れ確認>

  平成14年式フィールダー施工前.JPG

*カムシャフト・ヘッドボルト・タイミングチェーン付近スラッジ付着全くなし

  振動・異音もなく快適な状態です。

<SOD-1添加 排ガス濃度確認>

 slide0001_image002.jpg

 排気ガス基準値 CO 1%以下 HC 300PPM以下

 

 

 添加測定値 CO 0,01%   HC ppm

 

<SOD-1添加 排ガス濃度確認>

 

 

slide0002_image004.jpg

 

「SOD-1」添加後20分間アイドリングを行い測定

添加測定値   CO 0,00%  HC ppm



今回の検証では、メンテナンスの状態が良く、エンジンも

 

 

  不具合無く、内部も非常にきれいな状態でもエンジン内部

の改善・オイルの性能アップが確認できました。

メンテナンスが良好な状態でもオイル交換サイクルの長さなど

により、見えない部分に若干の汚れが蓄積していたり、

「SOD-」のもつ吸着作用により、シリンダーの圧縮圧力の

改善と金属同士の擦れ合う抵抗を下げる(スムーズな動き)の

確認が排気ガス濃度の測定により検証できました。

 

« | 四輪 国産車 | »

 

排気ガス検証

9万キロ走行のニッサンパルサーで検証 オイル交換(約4千㌔走行)せずにPS測定
SOD-1添加前の測定 SOD-1添加後の測定
CO 0.00 %   HC 141PPM   CO2 17.46 CO 0.00 %   HC 10PPM  CO2 16.89
添加前の排ガス測定 SOD-1添加後排気ガス測定
 (通常2千回転を5分間回し排ガス測定)

« | 四輪 国産車 | »

 

 

■ピストンと燃焼室

確認車両 ダイハツ・ミラ

・テスト車両.100km走行で約 1L 程のオイル消費
・前回バルブステムシール交換しても改善できなかった
・オイルリング固着の可能性が考えられる為エンジンを分解

ダイハツ・ミラ テスト画像

SOD-1注入後10km走行したら白煙が止まった

ピストン&燃焼室の還元洗浄

SOD-1施工前のピストンと燃焼室の分解写真

SOD-1施工前のピストンと燃焼室の分解写真

上記撮影  (社)沖縄県自動車整備振興会

■ピストンと燃焼室

シリンダーヘッド

上記写真は、SOD-1使用前、使用後のエンジン分解写真

【(社)沖縄県自動車整備振興会で確認作業実施 】

四輪 国産車 | »

 

カレンダー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31