平成29年度日本設備管理学会春季研究発表大会で論文発表

6月1日、早稲田大学で開催された平成29年度日本設備管理学会春季研究発表大会で、崇城大学大学院修士課程2年の清水君がSOD-1Plusの研究論文を発表しました。論文は『転がり軸受の接触面における潤滑状態の観測法』というタイトルで、SOD-1Plusを添加したオイルを使用することにより、機械の寿命の延長が期待できるという内容も記載されています。

大会では平成28年度日本設備管理学会論文賞の表彰式も行われ、受賞者である里永憲昭教授が表彰されました。

受賞対象となった論文は『潤滑油の新還元添加剤による粘性および寿命評価の手法』で、こちらもSOD-1Plusについての研究内容となっています。

崇城大学のHPでも、学科ニュースとして取り上げられていました。

http://www.sojo-u.ac.jp/faculty/department/mechanical/news/170605_008008.html

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 平成29年度日本設備管理学会春季研究発表大会で論文発表

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://d1-chemical.com/blog/mt-tb.cgi/546

カレンダー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30