2017年2月アーカイブ

●検証車両 : レクサス

●年式   : H21年11月

●排気量  : 2.36L

●走行距離 : 146769㎞

●症状   : ※お客様のご感想をご参照下さい

●施工内容 :
  CVTオイル交換+SOD-1Plus約300cc(総油量4.2Lの7%)添加

レクサス2017.02.jpg レクサス走行距離201702.jpg

走行距離146769km

レクサスコンタミチェックフィルター.jpg

コンタミチェック消耗度2

レクサスATF注入2201702.jpg

フィラープラグより、SOD-1Plusを混入したCVTFを注入。

レクサスエンジン201702.jpg レクサスエンジンSOD1添加201702.jpg

エンジンにもSOD-1Plus430㏄(オイル総油量の10%)添加

お客様の感想

昨日(2月18日)は、お世話になりました。 SOD-1Plus添加後、駐車場を出て、エンジン始動!! 添加前と比べて、振動、ノイズが明らかに低減、妻と顔を見合わせました。 その後、幹線道路に出て、アクセルペダルを徐々に踏み込むと、 今まででは、モータからエンジンに切替わるタイミングでもモータで粘って走る感じで モータからエンジンに切替わる時も、添加前より滑らかに感じました。 いつも、ECOモードで走行しているのでアクセルペダル踏み込んでの加速感はチョイ遅れ気味に立上がる感じも、改善?アクセルペダルの応答が上がった感じです。 静かになっていて思った以上にスピードが出てました。 隣県までのドライブで約100km走行でしたが、楽しいドライブになり感謝しております。 翌日(2月19日)早朝より、買物ドライブで車始動! コールドスタート(今回気温2℃)時に起っていたブルブルという振動も低減! この日も、隣県まで約150km、滑らかになっ駆動系に満足! 実は、ここ1~2年、アクセル踏込み時、モータからエンジンへの切替わる時の、 ブルという振動、音が気になってましが、明らかに低減した様に感じました。 今回、施工後、2日間と短い期間でしたが体感の報告です。 燃費の変化及び、日頃、運転している妻のインプレッションは後日お伝え致します。 また、メンテナンスについてのアドバイスありがとうございました。

« | 事例テスト | »

 

オートマチックオイル(ATF)交換のプロショップ福岡愛宕自動車様をご紹介します。

福岡愛宕自動車様では、AT/CVTのオイル交換の際はコンタミチェッカーでAT・CVT内の摩耗の程度を診断し的確なメンテナンス方法をお客様に提案されています。また、トルコン太郎設置店ですので圧送式でのオートマチックオイル交換が可能です。

福岡愛宕自動車様外観.jpg

「安心」と「技術」をモットーに

福岡愛宕自動車

福岡県福岡市西区愛宕2-16-1

092-881-0545

福岡愛宕自動車コンタミチェッカー.jpg

まずはコンタミチェッカーでAT・CVT内の摩耗状況を診断し、そのお車の状況に合わせたメンテナンスの必要性を説明されています。

福岡愛宕自動車様コンタミフィルター.jpg

お車のユーザー様はミッションオイルを交換する必要があるということを知らない方がほとんどです。内部の摩耗状況やATF・CVTFの役割を説明してもらうことで、オイル交換の重要性が分かります。また、きちんとしたメンテナンスをする事で無駄な出費を防ぎ、より長く愛車に乗っていただくことができます。

福岡愛宕自動車様トルコン太郎1.jpg

こちらの整備工場様ではトルコン太郎を導入されている為、圧送式のオートマチックオイル交換が可能です。

福岡愛宕自動車様トルコン太郎作業中.jpg

作業は熟練の整備士の方が、「安心」と「技術」をモットーに確かなサービスをご提供されています。
安心して愛車のメンテナンスをお任せできるプロをお探しの方は、是非、福岡愛宕自動車様を訪ねてみられて下さい!

« | SOD-1のプロフェッショナル達(工場様紹介)

 

●検証車両 : リンカーン

●年式   : H23年3月

●排気量  : 5.4L

●走行距離 : 117451㎞

●症状   : 変速ショックがある

●施工内容 :
  オートマチックオイル交換+SOD-1Plus910cc(総油量13Lの7%)添加

外観-2.jpg リンカーン走行距離201702.jpg

走行距離117451㎞。

リンカーンコンタミチェック用ATオイル抜く201702.jpg

ゲージレスの車両の為、ドレーンからコンタミチェク用オイルを少量抜きます。
※オイルを抜く前に、必ずエンジンをかけてAT内のオイルを循環させて下さい。

リンカーンコンタミチェック201702.jpg

コンタミチェックをします。汚れたオイルをフィルターを通して吸い込むことで、コンタミ(鉄粉)をキャッチします。
コンタミチェックの手順についてはこちら

リンカーンコンタミチェックフィルター201702.jpg

結果は消耗度1~2。抜いたオイルは真っ黒でしたが、摩耗は少ないようです。

リンカーン温度測定201702.jpg

次はATFのレベルチェックをします。交換前には必ずATFの量が適正量か確認して下さい。

リンカーンフィラープラグ201702.jpg

〈レベルチェックの方法〉
エンジンをかけて、ATF交換設定温度まで油温を上げます。夏場などはすぐ温度が上がるため設定温度の-5度を目安に次の作業に取り掛かって下さい。この車両の場合、設定温度は40度の為35度の時点でフィラープラグを外し油量をチェックしました。
適正量入っている場合は、油温約40度でフィラープラグよりオイルが漏れてきます。
※もし設定温度になってもオイルが漏れてこない場合は、油量が少ない状態です。その場合は設定温度で適正量になるようオイルを補充してからATF交換を行って下さい。

リンカーンドレーンプラグ201702.jpg

レベルチェック後、エンジンを止めドレーンプラグからATFを抜きます。

リンカーンATF抜く201702.jpg

抜けたATFのオイル量を確認する必要がある為、メモリがある容器に排出すると、その後の作業がスムーズです。

リンカーンATF抜けた量201702.jpg

必ず抜けたオイル量を確認して下さい。この車両の場合、一回の排出量は3.5Lでした。

リンカーンATF注入JTC201702.jpg

今回もJTC4144シリーズのATオイル注入器を使用しATFを注入していきます。

フィラープラグからATF注入201702.jpg

抜けたオイルと同じ量(約3.5L)をフィラープラグよりを注入し、フィラープラグを閉めます。

リンカーンシフトチェンジ201702.jpg

エンジンをかけてシフトチェンジ(D~R)を10往復ほどして、注入したオイルをしっかり混ぜます。

リンカーンコンタミチェック用ATオイル抜く201702.jpg

『オイルを抜く→抜けた量のオイルを注入→シフトチェンジ』を抜けてくるオイルが綺麗になるまで繰り返します。この車両ではオイルの抜き替えを4セット行いました。(使用したATFの量は3.5L×4セット→約14L、ATF総油量を目安にして下さい)

リンカ―ンオイルパン外す201702.jpg

3セット抜き替えが終わったところで、抜いたオイルが綺麗になったのを確認し、オイルパンを外しました。※ATF交換の際はストレーナーの交換を推奨します。

リンカーンオイルパン新・旧.jpg

この車両の場合、オイルパンとストレーナー一体型の為、オイルパンごと交換しました。鉄粉やオイルの劣化により生じたスラッジがフィルターを詰まらせてしまうと、オイルを吸い上げれなくなり油圧不良によるトラブルの原因になります。

リンカーン磁石鉄粉.jpg

オイルパンのマグネットには鉄粉がびっしりくっついていました。もし、ストレーナーだけ交換、ストレーナーを交換しない場合も、オイルパンの清掃をおススメします。※SOD-1Plusはスラッジは溶かすことができますが、鉄粉を除去することはできません。

リンカーンATFにSOD1Plus注入201702.jpg

今回はオイルパンを外した為、約1LのATFにSOD-1plus(約900㏄)をまぜてオイルパンに注ぎました。
当社ではオートマチックオイル交換の際は必ずSOD-1Plusを添加することをおススメしています。SOD-1Plusの洗浄効果はオートマチック機構内部(ストレーナー、クラッチ、バルブボディ等)に蓄積した酸化物質を除去します。また、Oリング・パッキン等のゴムの硬化抑制と柔軟性回復により、オイル漏れ・滲み予防、AT内部の油圧回復等の効果があります。
社用車オデッセイ16万㎞オートマチックオイル無交換車で効果を実証しております。

リンカーンATFとSOD1plus混ぜる201702.jpg リンカーンATFオイルパンに注ぐ.jpg

オイルパンからこぼれないようATFの量を調整して下さい。

リンカーンオイルパンセット201702.jpg

オイルが入ったオイルパンを並行にして装着します。
フィラープラグから残り約1.5LのATFを注入し、エンジンをかけオイルを補充しながらオイル量を調整します。
〈レベル調整の方法〉
設定温度でフィラープラグからオイルが漏れてくるまで注入して下さい。 オイルが漏れてきたら注入をやめフィラープラグを閉めます。
※レベル調整の際に油温を設定温度以上に上げてしまうとオイルが多く抜け、ATF総量が減ってしまい、ATの動きが悪くなることがります。必ず設定温度でレベル調整をして下さい。

お客様の感想

●施工後50㎞走行時

時速50kmから時速60㎞に加速する時に出ていた変速ショックが和らぎました。また、止まる時(3速から2速の時?)にショックが出ていたのも改善してきています。

« | 事例テスト | »

 

カレンダー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31