2016年10月アーカイブ

英語HP開設のお知らせ。

この度、海外のお客様向けに英語のHPを開設致しましたのでお知らせします。

 

SOD1-Plus英語Hp.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

部位別

◆エンジン

◆AT・CVT

◆マニュアルミッション

◆パワステ

◆デフ

国外の事例

◆KOREA

◆USA

« | 事例テスト | »

 

10月16日開催ゴールドカップレースに参戦された、日産プリンス福岡様のレース車両(エンジン・ミッション)にSOD-1Plusを添加していただきました!!
ゴールドカップは、JAF地方選手権であるスーパーFJに加えて、オートポリスのツーリングカーレースとワンメイクレースであるVitzレースなどを同日開催するレースです。
レース車にはSOD-1Plusのステッカーも貼っていただきました!

日産プリンス レース前.jpg 日産プリンスレース車体1.jpg 日産プリンスレース車体2.jpg 日産プリンスレース sod1ステッカー.jpg 日産プリンスレース走行中.jpg

SOD-1Plusは、整備の現場ではオイルトラブル症状の『修理』『予防』に効果を発揮する商品として活躍していますが、レース車両のような過酷なエンジン環境下でも効果を発揮できる商品です。
SOD-1Plusは、一般のお車にはもちろんですがレース車両にもおススメの添加剤です!
レース車両での検証結果はこちら

« | モータースポーツ | »

 

九州スズキ津屋崎マリーナ様のご協力の元、ヤンマーディーゼルのエンジンオイル交換の際に
SOD-1Plus(エンジンオイル総油量の10%)を添加しました。

津屋崎マリーナ外観.jpg 津屋崎マリーナ外観2.jpg

今回テストしたのはこちらの船です。

ヤンマーディーゼル船体.jpg

●症状    : 作動音が大きい、黒煙が出る

●メンテナンス: 年1回、オイル交換

●施工内容  : エンジンオイル交換+SOD-1Plus1000cc
         (総油量の10%)添加

ヤンマーディーゼル船体エンジンHP.jpg

船内にあるエンジン

ヤンマーディーゼルオイル抜き取り.jpg

ポンプを使用して、エンジンオイルを抜き取っているところです。

ヤンマーディーゼルSOD1添加.jpg

エンジンオイル交換後、SOD-1Plusを1L(総油量の10%)添加しました。

添加直後

変化無し。

アイドリング30分後

エンジン音・黒煙の減少を確認。

"オーナー様の息子さんがエンジンがかかっているのに気付かなかった"という程、エンジン音が減少しました。

今回の事例では、オイル交換時にSOD-1Plusを添加するだけで、黒煙を改善することができました。
黒煙は不完全燃焼の時に出ますが、不完全燃焼となる原因の一つに燃焼室の圧縮力不足があります。
ピストンリングがスラッジにより固着している場合や、シリンダ・ピストンリングが摩耗している場合、ピストン・シリンダー間の密閉性が低下し圧縮不良が起きます。
SOD-1Plusの金属に吸着して作る強靭な油膜は、シリンダーとピストン間の密封性を高めます。また、強力な洗浄分散性により、オイルリングの固着等を解消する事が可能です。これらの効果で完全燃焼に近づき、黒煙の減少が期待できます。

※機械的な損傷(シリンダー・ピストンリングの摩耗が大きい場合等)が起きている場合は、SOD-1Plusでは症状の改善はできません。しかし、オーバーホールをするかどうかの判断基準として使っていただけます。

« |

 

10月 日刊自動車新聞記事

 

10月掲載VVTからの異音.jpg


記事抜粋

VVTより発生する異音(かたかた音)を改善します。オイルメンテナンスが悪いとエンジン内部に蓄積されたスラッジ(酸化物質)がVVTコントローラー、OCVの細い通路に堆積し、VVTの動きが悪くなり、「加速不良、異音(かたかた音)、燃費不良、アイドリング不調」が発生します。SOD-1Plusを添加することでエンジン内部を正常な状態に保ちVVT関連のトラブルを未然に防ぎます。

 

 

« | 日刊自動車新聞記事

 

 

9月掲載オイル消費.jpg

 

 

記事内容抜粋

SOD-1Plusの持つ極性基の作用で、金属表面の摩耗を防止し、シリンダー内部の密封性を高めます。また、協力な洗浄分散性により、オイルリングの固着等を解消する事が可能です。これらの効果でオイル上がりを解消し、オイル消費が改善します。

 

特に、欧州車のエンジン内部摩耗を抑え、小型車・軽自動車のピストンリングの固着を改善し、ディーゼル車の黒煙をおさえスムーズな走りにつなげます。

« | 日刊自動車新聞記事 | »

 

●検証車両 : ホンダ バモス

●型式   : LA-HM1

●エンジン型式 E07Z

●年式   : H14.02.

●走行距離 : 267,389㎞

●症状   : 特に無し

●施工内容 :  エンジンオイル交換+SOD-1Plus270cc(総油量の10%)添加
ATF交換+SOD-1Plus294㏄(総油量の7%)添加

バモス車体.jpg

お客様のご感想

施工後は非常に調子が良くなりました。27万㎞走行でのオートマチックオイル交換でしたが、施工後の違和感も無く、力強い走りになりました。

« | お客様の声 | »

 

●検証車両 : スバル レガシィ B4

●型式   : CBA-BL5

●エンジン型式 EJ20

●年式   : H20年3月

●走行距離 : 132,172万㎞

●症状   : 特に無し

●施工内容 :
ATF(9.8L)に対しSOD-1Plus700cc添加(総油量の7%)
F/R DEF(1L)に対しSOD-1Plus100cc(総油量の10%)

レガシィB4車体2016.7.jpg

お客様のご感想

体感としては大きく変わったことはありませんでしが、SOD-1Plusを添加したことで、これからも安心して乗ることができます。

詳しい施工内容はこちらのブログをご覧ください。

« | お客様の声 | »

 

●検証車両 : メルセデス・ベンツ S63-AMG

●型式   : CBA-221174

●エンジン型式 157

●年式   : H23年5月

●走行距離 : 約5万㎞

●症状   : 特に無し

●施工内容 :
ATF(7.0L)に対しSOD-1Plus500cc添加(総油量の7%)
エンジンオイル(8L)に対しSOD-1Plus800cc添加(総油量の10%)
パワステオイル(1L)に対してSOD-1Plus100㏄(総油量の10%)
DEF(1L)に対しSOD-1Plus100cc(総油量の10%)

ベンツAMG車体.jpg

お客様のご感想

ハンドリングがスムーズになり、タイヤは地面に吸い付くようになり、自分の運転が上手くなったかのような感じがします。

詳しい施工内容はこちらのブログをご覧ください。

« | お客様の声 | »

 

●検証車両 : ポルシェ PORSCHE966

●型式   : GH-99603

●年式   : H15年

●走行距離 : 17,816km

●施工内容 : ATF交換+SOD-1Plus添加

ポルシェ966外観前201605.jpg

お客様のご感想

動きがスムーズになり、安心してシフトチェンジが出来るようになりました

詳しい施工内容はこちらのブログをご覧ください。

« | お客様の声 | »

 

●検証車両 : ランボルギーニ ムルシェラゴ フルタイム4WD

●型式   : GH-BC10E

●年式   : 2005年

●排気量  : 6193㏄

●MT    : 6MT

●症状   : ギヤ入りが良くない

●施工内容 : ギヤ修理後、まだ症状が少し残っていた為、SOD-1Plus添加

●添加量  : En→1000㏄、MT→350㏄、FDF→200㏄、RDF→200㏄

完成車両全景.jpg

お客様のご感想

2速への入りが格段に改善されました。

詳しい施工内容はこちらのブログをご覧ください。

« | お客様の声 | »

 

●検証車両 : トヨタ マークX

●年式   : H17年

●走行距離 : 124,656㎞

●症状   : エンジン始動の際、始動直後の数秒間カラカラと異音がする

●施工内容 : SOD-1Plus添加

マークXボディ.jpg

お客様の感想

気になっていたVVTからのカラカラ音は全くでなくなり、心地よい走りになりました。

詳しい施工内容はこちらのブログをご覧ください。

« | お客様の声 | »

 

●検証車両 : レクサスLEXUS IS250 

●走行距離 : 238000㎞

●使用状況 : 仕事で使用しており、1年で3~4万㎞ほど走る

●管理状況 : ATFは4万km~5万㎞で定期交換していた。

●症状   : 変速ショック及び、変速時のタイムラグ

●施工内容 : ATF交換+SOD-1Plus添加、エンジン・デフにSOD-1Plus添加

レクサス車体2016.04.jpg

お客様のご感想

◇エンジン
4GR特有のカラカラ音がしなくなり高回転までスムーズに回るようになった。燃費は変化ないが、マフラーの出口が煤で真っ黒になっていたのに今は全く黒くならなくなった。

◇AT
試運転をしたところ劇的に、シフトコントローラーを入れているみたいに思い通りに変速していく。

◇デフ
いつものように走行すると抵抗が少なくなったみたいで、スピードが上がり過ぎて怖いくらいです。

お客様からの経過報告

5月2日にSOD-1Plusをエンジンに添加してから、昨日までに約1,000kmぐらい走行しました。以前はマフラーの出口が煤で真っ黒になっていたのに今は全く黒くなっておりません。 ※画像を添付させて頂きます。 エンジン音は始動時から4GR特有のカラカラ音がしなくなり 高回転までスムーズに回るようになりました。但し、燃費につきましては、以前と変化はございません。

マフラー出口.JPG

↑煤で真っ黒になっていたマフラーが、SOD-1PPlus添加後より煤がつかなくなった。
これはSOD-1Plus添加により、洗浄効果によりピストンリングが正常に働く事、強靭な油膜によりピストン・シリンダー間の密閉性が高まり完全燃焼に近づいた事により、煤の原因である未燃焼ガスが減少したと考えられます。
こちらのお車以外でも、「煤がつかなくなった」「排気ガスの臭いが良くなった」などのご感想も沢山いただいております。

詳しい施工内容はこちらをご覧ください。

« | お客様の声 | »

 

●検証車両 : ミニクーパー 3DOOR

●走行距離 : 69,491㎞

●施工内容 : ATF交換後、ATF総油量の7%SOD-1Plus添加

●症状   : 
負荷のかかる走行(急な坂道等)においてアクセルを踏むと、突然ギアがドライブからニュートラルになってしまう。

201512ミニクーパーボディ.jpg

お客様の感想

症状の改善がみられた。今後は何度かの添加を繰り返し様子をみていきたい。

詳しい施工内容はこちらのブログをご覧ください。

« | お客様の声 | »

 

●検証車両 : トヨタ クラウン

●型式   : DBA-GRS180

●年式   : H17年

●走行距離 : 88,142km

●症状   : 特には感じない

●施工内容 : ATF交換+SOD-1Plus添加、エンジンにSOD-1Plus添加(エンジンオイル交換済み)
        

hp201603クラウンボディ.jpg

お客様の感想

オーナー様と助手席に乗っておられた奥様からも「加速がスムーズになった。」とご感想をいただきました。

詳しい施工内容はこちらをご覧下さい。

« | お客様の声 | »

 

●検証車両 : スズキジムニー

●型式   : E-JA22W

●年式   : H7年

●走行距離 : 約11万㎞

●症状   : 発進時のもたつき、始動の遅さ、エンジンの振動

●施工内容 : エンジンオイル交換+オイルフィルター交換+SOD-1plus添加
        ATF交換+SOD-1Plus添加

hp201603ジムニーボディ.jpg

お客様の感想

エンジン音は静かになり、発進時のもたつきが改善されました。

詳しい施工内容はこちらをご覧下さい。

« | お客様の声 | »

 

カレンダー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31