2015年11月アーカイブ

―酸化物質(スラッジ)が溜まったエンジンにSOD-1を添加し、洗浄効果を検証―

洗浄効果の経過を観察してきましたが、今回、最終の確認になります!

 

 

●検証車両

●年式

●排気量

●現在走行距離

●症状

:ガソリン軽自動車

:平成6年

:550㏄

:90020㎞

:オイルランプ点灯
軽度のオイル消費・白煙

エンジンその他2.jpg 走行距離チェック.jpg 排ガス測定3.jpg 排ガス測定5.jpg エンジンヘッド2.jpg エンジンヘッドカバー1.jpg オイルパン1.jpg

SOD-1Plus添加前と添加後約2万㎞走行後のエンジン内部の比較

トゥデイ排ガス比較_03.png トゥデイエンジンヘッド比較_06.png トゥデイオイルパン比較_07.png

<添加前後のエンジン内部を比較して>

◆排気ガス中のNOxが408ppmから168ppmに低下しています。

◆エンジンヘッドは若干ですがスラッジが洗浄されています。※ヘッドの汚れに対しての洗浄効果はオイルの吐出量に左右されますので、ヘッドの吐出量が大きいエンジンほど洗浄効果が発揮できます。

◆オイルパンは、はっきりと違いが分かる程度までスラッジが洗い落されています。まだ残っているスラッジも拭き取れば綺麗に取れそうなくらいまで柔らかくなっていました。オイルパンは常にオイルが溜っている状態なので、洗浄効果が発揮しやすい部分です。

« | 事例テスト | »

 

 

●検証車両 : ポルシェ911カレラ4S テックアート(スーパーチャージャー)

●型式   : GH-997 M9701

●排気量  : 3800cc

●年式   : 平成19年式

●走行距離 : 約22000㎞

●ATFメンテナンス状況 : 2010年、中古車購入時(約1万㎞走行)にATF交換。

 

 

 

ポルシェ911前.jpg

 

ポルシェ911斜め前.jpg

 

ポルシェ911斜め後ろ.jpg

 

ポルシェ911コンタミチェックATF吸い込む.jpg

ATF交換の前にコンタミチェックをしました。

 

ポルシェ911コンタミチェック抜き取りフィルター.jpg

 

ポルシェ911コンタミチェック.jpg

SOD-1を添加していたこともあり、摩耗はほとんでありませんでした。

 

ポルシェ911 ATF抜く.jpg

ATFを抜きます。

DSCF4794.JPG オイルストレーナー比較.JPG

オイルストレーナーも新品に交換しました。

DSCF4798.JPG

ATFチェンジャーで新油をいれます。

DSCF4799.JPG DSCF4801.JPG

SOD-1PlusをATF総油量の7%添加します。

DSCF4803.JPG

« | モータースポーツ | »

 

 

20151119 日刊自動車新聞広告.jpg

 

 

11月の日刊自動車広告掲載記事は、D1グランプリのレース車両での検証結果を掲載しました!

 

―約2時間ドリフト練習走行後に抜いたデフオイルを比較―

検証内容

デフオイル交換後の新油(デフオイル単体)の状態から約2時間ドリフトの 練習走行をする。その後オイル交換を行い、分析用オイルを採取。オイル交換の際に SOD-1Plusを総油量の10%添加し、新油(デフオイル+SOD-1Plus)の状態から再度約 2時間ドリフトの練習走行をする。その後分析用オイルを採取。採取したオイルは、(株)ジャパンアナリストに提出し、オイル中の金属元素の分析とシェル四球摩耗テスト試験を実施。

D1車両デフオイルhp.jpg

<検証結果>

SOD-1Plusを添加しているオイルの方が、摩耗痕径が小さく、鉄粉の量が少ない為、SOD-1Plusは摩耗防止に非常に効果的です!!

« | 日刊自動車新聞記事 | »

 
韓国ソウル市内のベンツ修理・輸入車の整備専門のKazen Morors様での施工事例です。

●車両:アウディR8 V10

◆施工内容

●エンジンオイル交換(A.S.H.FSE 5W-40 エステル100%)とSOD-1Plus注入
●オイルフィルター・エアフィルター交換

名称未設定-1_01.png R82_03.png R82_01.png R82_04.png R83_03.png R8エンジン.png R83_01.png R83_05.png r8フィルター新品.png r8_06.png 名称未設定-1_05.png 名称未設定-1_04.png

« | エンジン | »

 

●検証車両 : トヨタクラウン

●型式   : TA-JZS171

●排気量  : 

●年式   : 平成14年式

●走行距離 : 約45万㎞

●ATFメンテナンス状況 : 過去2回(中古車で購入した約12万km走行時)

◆施工内容

コンタミチェック後、ATF交換しSOD-1Plusを添加

クラウン車体.jpg クラウン走行距離.jpg

約45万㎞走行。

抜き取ったATF.jpg

抜き取ったATFは真っ黒でしたが・・・

コンタミチェックフィルター.jpg

コンタミチェックの結果は消耗度1~2。

走行距離(メンテナンスを踏まえて)とATFのオイルの色だけでは、ATF交換をお断りする車両だと思いますが、コンタミチェックをすることで、過走行車でもオートマチックオイ交換が可能な車を判断することができます。

クラウンATFチェンジャー.jpg クラウン45万km走行sod1plus添加.jpg

SOD-1Plusをオートマッチオイル総油量の7%添加

お客様の感想

お電話でEGへの添加方法のお問合せをいただいた時は、「自分の車は45万キロも走行しているのでダメですよね?」という感じの暗いトーンの口調でした。
弊社に来店された時に、ディーラーや整備工場にATオイル交換をお願いしたが無理だと言われた事を、落ち込んだ様子で話して下さいました。
こちらから、「まずは、コンタミチェックだけでもしましょうか?」と提案し、コンタミチェックを行いました。45万キロで2度しかATF交換をしていないので、オイルは真っ黒でしたが、コンタミはほとんど見受けられませんでした。その事をお伝えすると、すぐ交換してくれということでその場でATF交換とSOD-1Plus添加をしました。
施工後、50~100キロ走行して様子をみてもうことを伝え、こちらからは1週間後位に連絡するつもりでしたが、2日後にお客様から連絡が入りました。電話に出た時、物凄い勢いの口調でクレームかなと思いましたが、お礼の言葉でした。「走りが激変した」「アクセルにちゃんと対応するようになった」と感動したご様子で話して下さいました。弊社に来るまでは、オートマチックオイル交換を半ばあきらめていて、いつまで車がもつのかなぁと考えておられたそうです。次回のオイル交換も予約して下さいました。

« | 事例テスト | »

 

●検証車両 : ボルボXC90

●型式   : LA―CB6294AW

●排気量  : 2500㏄

●年式   : 平成15年式

●走行距離 : 12万㎞

●症状   : 軽い滑り、変速ショック

◆施工内容

ATF交換しSOD-1Plus600cc添加

ボルボXC90車体.jpg ボルボXC90添加ミッション.jpg

ATにSOD-1Plus添加(総油量の7%)

ボルボXC90添加.jpg

エンジンにSOD-1Plus添加(総油量の10%)

お客様の感想(施工後15日経過)

「添加後ですが、滑り出しそうな直後にギア落ちするようになり、乗りやすくなりました。また、ショックが幾分和らいだように思います。その後、ATのコンピュータのソフトウェアをアップグレードしたところ、ほぼ滑りは改善されました。」

« | AT・CVT | »

 

2015D1GRAND PRIX 結果報告

先月の24日にD1GPの最終戦が東京お台場で開催されましたので結果をご報告します!

今年の最終順位は

ドライバーランキング13位

単走ランキング9位

チームランキング16位

でした!

D1GPオフィシャルサイトのランキングページはこちら

 

応援して下さっていた皆様、ありがとうございました!

 

お台場戦の写真が届き次第、ブログにアップします!

« | D1GP

 

カレンダー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31