2015年2月 過走行車のATF交換を勧める為の新提案!

2015年2月 日刊自動車新聞広告掲載記事

 

2月 よか商売セミナー記事.jpg過走行車のATF交換を勧める為の新提案!
AT異常摩耗を非分解で検査できるコンタミチェッカー
「AT&CVTフルード交換していない車両を安全に交換する方法」を福岡県自動車整備振興会で開催しました。「走行距離」「ATFの色・臭い」を理由にAT&CVTF交換をお断りしていた車両も、コンタミチェッカー(異常摩耗診断簡易ツール)で検査し「異常摩耗」さえなければATF交換をお客様にご提案することができます。参加者からは「(ATFの交換は)走行距離とオイルの色だけでは判断しにくい。摩耗診断ができるツールがあると助かる。」と大変興味を持っていただきました。更にSOD-1を添加することで、不具合の基になるミッション内部のスラッジの分解、「Oリング」の膨潤による油圧改善、摩耗防止ができ、より安全なATF交換ができます。今回の実習車両(平成9年登録、約10万㎞痩躯、ATF無交換)から抜き取ったATFは真っ黒でしたが、摩耗診断では消耗度1と摩耗は少なく、交換後(SOD-1添加)のトラブルは発生していません。

株式会社ジェミニオート博多様

「もともと特別な不具合はなく、年式・走行距離からしてこんなものかと思っていたが、SOD-1注入後、出足加速が格段にUPし、シフトがスムーズで滑らかに、静かになった。効果は期待以上であった。」












 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 2015年2月 過走行車のATF交換を勧める為の新提案!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://d1-chemical.com/blog/mt-tb.cgi/366

カレンダー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31