2015年2月アーカイブ

2015年2月 日刊自動車新聞広告掲載記事

 

2月 よか商売セミナー記事.jpg過走行車のATF交換を勧める為の新提案!
AT異常摩耗を非分解で検査できるコンタミチェッカー
「AT&CVTフルード交換していない車両を安全に交換する方法」を福岡県自動車整備振興会で開催しました。「走行距離」「ATFの色・臭い」を理由にAT&CVTF交換をお断りしていた車両も、コンタミチェッカー(異常摩耗診断簡易ツール)で検査し「異常摩耗」さえなければATF交換をお客様にご提案することができます。参加者からは「(ATFの交換は)走行距離とオイルの色だけでは判断しにくい。摩耗診断ができるツールがあると助かる。」と大変興味を持っていただきました。更にSOD-1を添加することで、不具合の基になるミッション内部のスラッジの分解、「Oリング」の膨潤による油圧改善、摩耗防止ができ、より安全なATF交換ができます。今回の実習車両(平成9年登録、約10万㎞痩躯、ATF無交換)から抜き取ったATFは真っ黒でしたが、摩耗診断では消耗度1と摩耗は少なく、交換後(SOD-1添加)のトラブルは発生していません。

株式会社ジェミニオート博多様

「もともと特別な不具合はなく、年式・走行距離からしてこんなものかと思っていたが、SOD-1注入後、出足加速が格段にUPし、シフトがスムーズで滑らかに、静かになった。効果は期待以上であった。」












 

« | 日刊自動車新聞記事 | »

 

よか商売セミナー

-AT異常摩耗を非分解で検査できる新しい手法の提案-

福岡県自動車整備商工組合

平成27年1月31日に、「SOD-1の新活用術・AT&CVTフルード交換していない車両を安全に交換する方法」を福岡県自動車整備振興会ハイテクセンターで開催しました。今まで過走行を理由にAT&CVTフルード交換をお断りしていた車両もコンタミチェッカーでAT内部の摩耗状況を確認にする事で安全にATF交換ができるかの良否判定をよりリアルにできる新しい手法をご紹介しました。又SOD-1を添加する事で、不具合の基になるミッション内部のスラッジの分解、「Oリング」の膨潤による油圧改善、摩耗防止が安全に出来ることを今回のセミナーでご紹介致しました。今まで取り組めていなかった分野のサービス提案であった為、参加者の方には大変興味を持っていただきました。今後は、各整備工場様の集客対策やオートマチックトラブル車の対策に繋がれば幸いです。大変お忙しい中、沢山のご参加ありがとうございました。

よか商売ディスプレイ1.JPG

ディスプレイ①バルブボディ

よか商売ディスプレイ2.JPG

ディスプレイ②クラッチディスク

よか商売ディスプレイ3.JPG

ディスプレイ③使用済みフィルター比較

よか商売フィルター.JPG

ディスプレイ④AT摩耗粉

よか商売ディスプレイ4.JPG

講習会場風景

よか商売講習風景.JPG

講習風景

よか商売コンタミチェッカー.JPG

参加者の方にコンタミチェッカーを手に取って見ていただきました。

よか商売コンタミフィルター.JPG

コンタミチェックをしたフィルター(摩耗軽度~重度)の比較

よか商売検証車輌.JPG

テスト車両:平成9年登録

よか商売コンタミチェック.JPG

コンタミチェック中

よか商売ATF抜き取り.JPG

ATF交換中

よか商売SOD1.JPG

SOD-1は280cc(総油量の7%)用意

よか商売抜いたATF.JPG

テスト車両から抜いた100800㎞無交換ATFは真っ黒に汚れていましたが・・・

P1310638.JPG

コンタミチェカーの判定では消耗度1と
内部摩耗は極めて少ないと考えられる状態でした。

 

 

「走行距離」「ATFの色・臭い」でATF交換をお断りしていた状態でも、コンタミチェッカーのAT内部摩耗診断で「異常摩耗」さえなければATF交換をお客様にご提案することができます。

また、定期的にATFを交換していれば当然ATFの赤みが保たれていますが、「ATFが赤い」「走行距離が少ない」からといって安心はできません。ユーザーの走行状況によってはATFが赤くても「異常摩耗」が起こっていれば大きな危険がひそんでいますので、そのリスク回避にもコンタミチェックは有効です。

 

 

--------テスト車両を提供して下さった整備工場様の感想--------

もともと特別の不具合はなく、年式・走行距離からしてこんなものかと思っていたが、SOD-1 注入後、出足加速が各段にUPし、シフトがスムーズで滑らかに静かになった。効果は期待以上であった。

 

 

お忙しい中ご協力いただき、誠にありがとうございました。

 

 


 

よか商売セミナー

-AT異常摩耗を非分解で検査できる新しい手法の提案-

福岡県自動車整備商工組合(北九州事務所)

講習風景北九州事務所.JPG

講習風景

eKワゴン オートマオイル無交換

テスト車両
約15万㎞オートマチックオイル無交換

ekワゴンオートマチックオイル無交換コンタミチェック.JPG

コンタミチェッカー

ekワゴンSOD-1添加.JPG

ATF交換後SOD-1添加

ekワゴン抜いたATF.jpg

テスト車両から抜いた100800㎞無交換ATFは真っ黒に汚れていましたが・・・

ekワゴンフィルター.JPG

コンタミチェカーの判定では消耗度1と
内部摩耗は極めて少ないと考えられる状態でした。

 

 


 

よか商売セミナー

-AT異常摩耗を非分解で検査できる新しい手法の提案*輸入車編-

福岡県自動車整備商工組合

よか商売ベンツ講習.JPG

実習風景

よか商売ベンツボディ.JPG

テスト車両 

よか商売ベンツEn.JPG

H9年登録エンジンルーム

よか商売ベンツ走行距離.JPG

約12万㎞走行

よか商売ベンツATF抜く.JPG

コンタミチェッカーを使用して
ATFを抜き取る

よか商売フィルターエアー.JPG

フィルター内の余分なオイルを
パーツクリーナー洗い落す

よか商売ベンツ抜いたオイル.JPG

抜いたオイルは真っ黒に汚れていましたが、

よか商売ベンツ.JPG

コンタミチェカーの判定では消耗度1と
内部摩耗は極めて少ないと考えられる状態でした。

 

--------テスト車両を提供して下さったアールナイン様の感想--------

今まで特別なトラブル等なはく代車として使用してきましたが、1回も1ATオイルを交換していなかったので、多少なりとも不安がありましたが、SOD-1注入後、シフトがさらにスムーズになりアクセルを開けた時の出力UPにもつながったような感じがします。今後もSOD-1の効果に期待しながら使用していたいと思います。

 

 

お忙しい中ご協力いただき、誠にありがとうございました。

 

 

 


 

よか商売セミナー

-AT異常摩耗を非分解で検査できる新しい手法の提案-

福岡県自動車整備商工組合久留米事務所

よか商売久留米講習.JPG

講習風景

よか商売久留米モコ.JPG

テスト車両 

よか商売久留米走行距離.JPG

約13万㎞走行

よか商売久留米レベルゲージ.JPG

オイルレベルゲージ

よか商売久留米コンタミフィルター.JPG

コンタミチェッカーを使用して
ATFを抜き取る

よか商売久留米フィルター.JPG

 

FASNEWS 2015年 2月号掲載記事

 

 

FAS2014-2 技術相談_ページ_1.jpg

 

記事内容

 

平成11年式のニッサン・セレナ(車両 型式GF-PC24、エンジン型式SR20DE、 ミッション型式RE 0 F06AハイパーCVT、 走行距離120,000km)で、CVTが滑って いるというトラブル相談を受けた。 症状を詳しく確認すると、自宅の車庫 が急な坂道になっており、車両が進まず 車庫入れできないとのことだった。 過去にスラッジによりOリングが硬化し、油圧がリークして滑りが発生したと考えられ る事例があったため、フルードの交換状況について確認すると、走行距離93,000km時に交 換していた。

そこで、今回はCVTフルードの交換はせず酸化還元洗浄剤(SOD- 1 )のみをCVTフ ルード容量の約7 %添加し試運転をしたところ滑りが無くなったので、納車をして様子を 見てもらうことにした。1 か月後ユーザーに確認したところ、滑りが無くなったというこ とだった。もしもSOD- 1 を添加して滑りが止まらなかった場合は車を買い替えるという ことだったので、ユーザーは喜んでいたと報告があった。

今回、酸化還元洗浄剤(SOD- 1 )を添加したことによりシール性が回復し油圧が正常 に加わり滑りが無くなったと考えられる。

 

酸化還元洗浄剤(SOD- 1 )はCVT以外に、エンジンでは次のような改善事例もあるの で参考にしてください。


○タペット音がする

○走行中時々オイル・ランプが点灯する

○オイル消費によるマフラーからの白煙

○ディーゼル車で走行距離過多による黒煙

« | 事例テスト | »

 

―オイルワークス様(韓国の整備工場)の事例―

 

 

 

〇車両情報

・BMW740Li

・14万㎞走行車

・ATFは一度も交換したことがない

韓国BMW車体.jpg

〇状況

変速ショックがひどくなり入庫。通常はバルブボディの異常である事が多いが、オイル交換だけでもショック・滑りの改善ができる場合がある為、お客様と相談し、まずはオイル交換をすることにした。放置した場合、数百万ウォン(数十万円)の修理費がすぐかかってしまう事も伝える。

 

 

〇作業内容

循環式での交換ができない為、最少2回、最大3回まで交換ができる事を伝え、作業を開始 。

 

 

<1回目>

ATF交換+オイルパン交換

 

 

<翌日2回目>

ATF交換後エラーコードすべてリセットしたら変速ショックが50%減少した。

 

 

<3日後3回目>

ATF交換+SOD-1添加。

交換後15分間のアイドリング中に、パーキングモードからDに変速するときの衝撃が完全に無くなった。その後、試運転で50~60㎞走行の間で衝撃がなくなった。

 

韓国BMW接続部.png 韓国BMWSOD-1.png

 

「ZFミッション、さらに鋭敏なDCTFにも使用可能な製品です。機械的な故障を除いて変速ショック・滑りを改善できる唯一の製品です。今回はオーバーホールせずにオイル交換とSOD-1添加だけで、トラブルを解決できました。お客様も最初は疑う気持ちがあったようですが、自動車にとって、いかにオイルが重要であるかということを体感され、その後、お持ちのすべての車両の管理を任せていただきました。」

 

 

« | 事例テスト | »

 

カレンダー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31