2014年11月 DPFが詰まるサイクルが伸びてドライバーの負担軽減

2014年11月

 

2014,11,20北川自動車様新聞記事.jpg

「DPFが詰まるサイクルが伸び、ドライバーの負担軽減」

「効果が出るから使っています。」

一番効果が出た車両では、今まで3日に一回(200㎞毎)の頻度でDPFのランプが点灯していた車両が、SOD-1添加後は、1か月に1回だけ点くか点かないかの頻度に減りました。点灯する度に、手動で燃焼(10~20分間)しないといけない為、お客様からも『燃焼する回数が減って助かる』と好評です。

SOD-1はDPFが詰まる原因の発生を抑えます

SOD-1を添加すると、燃焼室の密封性が高まり完全燃焼に近づきます。完全燃焼に近づく事により、未燃焼ガスが減る為DPFを詰まらせる原因を抑える事ができます。また、洗浄効果、摩耗防止効果によりエンジン内環境をより良い状態に保つ事も重要です。

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 2014年11月 DPFが詰まるサイクルが伸びてドライバーの負担軽減

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://d1-chemical.com/blog/mt-tb.cgi/363

カレンダー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31