2006年式 Toyota プリウスCVTの向上事例

検証車両:2006年式 Toyota プリウス

型式:JTDKB20UX67524046

年式:2006年式

走行距離:57,886 mile (約92,618km)

テスト開始日:2013年4月26日

 

症状:

 特にみられないが、山沿いを頻繁に走行かつ、40km/h~50km/hで走行するためCVTの上り、下りの変化をSOD-1を添加して変化を確認

施工内容:CVTオイル交換、SOD-1 250cc添加 

 

Toyotaプリウス1.jpg

Toyotaプリウス2.jpg

 

Toyotaプリウス3.jpgToyotaプリウス4.jpg

 

最終報告

 添加直後から、CVTの動力伝達が向上したようで以前に比べ同じ速度でもスロットル開度が少なく、燃費の向上が認められた。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 2006年式 Toyota プリウスCVTの向上事例

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://d1-chemical.com/blog/mt-tb.cgi/291

カレンダー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31