2013年11月アーカイブ

検証車両:Toyota RAV4

エンジン型式:2AZ

年式:2008年式

走行距離:67,399mile(約107,838km)

テスト開始日:2013年4月10日

症状:

 エンジンオイルの消費大(平均1,000mile(1,600km)走行で約1qt(0.94L)のエンジンオイル消費)。オイル警告等点灯。

 入庫時のオイル残量は1.5qt(1.4L)。白煙は出ていない。

 このエンジン(2AZ)は、日本では平成17年~22年までのアルファー

ド、エスティマ、RAV4、ヴァンガード、ヴェルファイア等に搭載されている

エンジンオイル消費の症状が発生する車両です。

 エンジン保証5年から9年に延長されています。LAでも60,000mile

(96,000km)までのサービスキャンペーン対象車両です。

 保証対象距離を超えていますので、対象にならずテスト実施になりました。

 

施工内容

 エンジンオイル(総量4.5qt(約4.3L))交換し、SOD-1添加。

1,000mile(1,600km)毎にレベルチェック実施する。

 

Toyota RAVF-1.jpg

Toyota RAV4F-2.jpg 

 

Toyota RAV4F-3.jpg

 Toyota RAV4F-4.jpg

 

 

経過報告1

経過観察日:2013年5月25日

 

経過観察報告・改善状況

SOD-1添加後、1,253mile(2,005km)走行。

オイル消費継続中で、消費量約1qt(0.94L)。

SOD-1を0.2L及びオイルの追加を実施し、エンジンオイル(総量4.5qt(約4.3L))へ戻し、引き続き観察を行う。

 

 

RAV4s-1.jpg

toyota RAV4T-2.jpgのサムネール画像 

 

 

Toyota RAV4s-3.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

経過報告2

経過観察日:2013年6月15日

 

経過観察報告・改善状況

 前回より、746mile(1,194km)走行しオイルレベルを確認した。

 検証テストを行う以前は約1,000mile(1,600km)でオイルゲージの下限

まで消費していた(約1qt(0.94L)の消費)。

 今回はオイルゲージの上限から1/4の所にオイルレベルがあり、検査開始

前の状態と比較すると、オイル消費量が746mile(1,194km)走行で0.25Lでありかなり改善されていた。

 今回はオイル補充等は行わず、引き続き経過確認を行う。

 

Toyota RAV4t-1.jpgのサムネール画像

Toyota RAV4S-2.jpg

 

 

経過報告3

経過観察日:2013年6月28日

 

経過観察報告・改善状況 

  前回の経過確認より335mile(536km)走行後、オイル消費量を確認した。SOD-1を添加する前までは1,000mile(1,600km)で約1qt(0.94L)消費してたが、現状SOD-1添加後、1,081mile(1,730km)走行でエンジンオイルの消費量が0.5qt(0.47L)まで改善している。

引き継き1,000mile(1,600km)走行後、オイル消費量の確認を実施する。

 

Toyota RAV4fo-1.jpg

Toyota RAV4fo-2.jpg 

 

Toyota RAV4fo-3.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

経過報告4

経過観察日:2013年7月30日

 

経過観察報告・改善状況

  6月28日の経過観察よりさらに1,023mile(1,637km)走行。オイルレベルはゲージのLow(消費量約1qt(0.94L))あたりだった。

 1,023mile(1,637km)走行で0.5qt(0.45L)消費なので、当初の状況から考えるとオイル消費がかなり改善している。

今回はオイルのみ1qt(0.94L)ほど補充し、約1,000mile走行後に経過確認を行いテスト終了予定。

 

 

Toyota RAV45-1.jpg

Toyota RAV45-2.jpg

 

 

最終報告

最終観察日:2013年8月14日

 

最終報告・改善状況

 ラスベガスまで往復含めて831mile(1,330km)走行。この時点でオイル消費量が0.2qt(約0.19L)まで減少。

 オイル交換の為にオイルを抜くと、真っ黒でドロドロとしており、スラッジ、カーボンなどを良く取り込んでいるのが分かる。

 テスト開始から4,188mile(6,701km)。途中オイルとSOD-1を補充しながら消費状況を確認した。すると、オイル消費量がどんどん改善されていった。

 最終確認のラスベガス往復は、高速道路を平均80~85mile/h(128~136km/h)程度で走行した。

 以前の状態であるならば、当該車両では、かなりオイルを消費しているはずであるが、この条件下でこの程度に収まったと言うことは、オイル消費に関する症状が殆ど解消されたと思われる。

 

Toyota RAV4L-1.jpg

Toyota RAV4L-2.jpg 

 

Toyota RAV4L-3.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*追加検証:SOD-1添加なしでのオイル消費確認*

追加検証日:2013年10月27日

 

追加検証報告

 SOD-1を添加しオイル消費の改善が出来たので、エンジンオイルだけでオイル消費をどこまで改善出来るかテストを行った。

  3,000mile(4,800km)走行後、3qt(約2.9L)残っていた。オイル消費量は、約1.5qt(約1.4L)の消費。

  SOD-1で改善される前までは、同距離走行で3Lのオイル消費があったが、約半分のオイル消費量に抑えられていた。オイルだけでもずいぶん改善されている。

 8月14日のSOD-1を添加した最終テスト時点では、オイル消費が0.2Lまで改善されていた。

 オイル消費の症状を、効果的に改善する場合はこの車両では毎回SOD-1の添加が一番良いようである。

 

 

 

« | 事例テスト | »

 

検証車両:2006年式 Toyota プリウス

型式:JTDKB20UX67524046

年式:2006年式

走行距離:57,886 mile (約92,618km)

テスト開始日:2013年4月26日

 

症状:

 特にみられないが、山沿いを頻繁に走行かつ、40km/h~50km/hで走行するためCVTの上り、下りの変化をSOD-1を添加して変化を確認

施工内容:CVTオイル交換、SOD-1 250cc添加 

 

Toyotaプリウス1.jpg

Toyotaプリウス2.jpg

 

Toyotaプリウス3.jpgToyotaプリウス4.jpg

 

最終報告

 添加直後から、CVTの動力伝達が向上したようで以前に比べ同じ速度でもスロットル開度が少なく、燃費の向上が認められた。

« | 事例テスト | »

 

カレンダー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31