LS400 オイル消費量検証事例

検証車両:LS400(日本名:トヨタセルシオ10)

テスト開始日:平成25年4月22日

型式:不明

年式:1991年  

走行距離:94,040 mile (約150,464km)

症状

 ①オイル消費大

 ②パワーステアリング(P/S)が低速時に非常に重い。

  回転数を上げれ油圧不足かコントロールバルブの動き不良の可能

  性がある。

 ③エンジンオイルの漏れ

 

処置:エンジンオイル交換、SOD-1600cc添加、P/S150cc添加

   月に1回位レベルチェック

 

添加後確認 

 ①P/Sはすぐに変化が現れ、多少の重さは残るものの明らかに軽くな

  った。

 ②据え切りが出来ないくらい重たかったものが、大変軽く切れるように

  なた。

LS400F-1.jpg

LS400F-2.jpg

  

 

LS400添加前3.jpgのサムネール画像

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

経過報告1

経過観察日:平成25年6月15日

経過観察報告・改善状況

 ①896mile(1,434km)走行しオイルレベル確認。オイルレベルの低

  下なし。

LS400F経過観察1.jpgLS400F経過観察2.jpg  

 

 

   

経過報告2

経過観察日:平成25年8月4日

経過観察報告・改善状況

 ①前回のチェックよりさらに747mile(1,195km)

 ②SOD-1添加以前は2,000mile(3,200km)走行するとオイルレベ

  ルが総量の半分以下まで減っていたが、今回のレベルチェック時点で

  SOD-1添加後1,643mile(2,629km)走行したが、ゲージの1/3程

  度減に留まっていることが確認できた。

 ③元々、エンジンオイルの漏れ症状もある車なので、燃焼に伴う消費

  はほぼ解消されていると思われる。

LS400S経過検査1.jpgLS400S経過検査.jpg

 

 

 

 

最終報告

最終観察日:平成25年10月13日

 

最終報告・改善状況

 ①検証開始後2600mile(4160km走行後)でオイル交換を実施。

 ②オイル消費量は0.5Qts(472cc)程で劇的な改善が見られた。

  オイル漏れ症状も元々あるので、その分を考慮するとオイル上がり、

  オイル下がりはほぼ改善されたと見なすことができる。

LS400l-1.jpg

LS400L2.jpg

 

 

 LS400L3.jpg

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: LS400 オイル消費量検証事例

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://d1-chemical.com/blog/mt-tb.cgi/276

カレンダー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31