エンジンオイルの要求特性

         エンジンオイルの役割

 

 

エンジンオイルには潤滑・冷却・密封・清浄分散・防錆などの作用が要求されます。例をいくつかあげると、、、

 

   ◎ピストンまわりの清浄性保持

    これは、燃費にも影響を与えます。

    ピストンリング溝に生成する堆積物はピストンリング

    の動きを阻害して、ピストンリングやシリンダイナ

    の異常摩耗を生じる原因となる。それらを防止するた

    め生成した堆積物を洗い落とす清浄作用必要となる。

 

 

   ◎動弁系まわりの潤滑性

    油膜の存在が厳しいカムシャフト/ロッカーアームまわ

    りでは、極圧添加剤による潤滑被膜により潤滑面の金属

    接触を防いで摩擦係数を下げることにより省燃費を達成

    しています。

   ※極圧添加剤とは、焼き付き防止ならびに摩擦低減効果

    発揮するものを指します。

 

 

  

 

 

 

強化作用1.jpg 

    ※酸中和作用・・・燃焼過程で生じた酸化ガスを

             中和して金属の腐食を防ぐ作用

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: エンジンオイルの要求特性

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://d1-chemical.com/blog/mt-tb.cgi/210

カレンダー

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30