2012年4月アーカイブ

故障診断としての利用方法

  

SOD-は、洗浄効果予防整備メンテナンスの他にも故障診断としても使用できます。大きな修理に入る前に添加していただき故障箇所の特定などお役に立ててもらえればと思います。

 

 

 

   ◎例えば、、、白煙・黒煙が出ている車輌

       

    SOD-は摩擦抵抗改善や密封性向上による圧縮圧力改善

    ピストンリング固着の清浄などにより、白煙・黒煙を改善し

    ます。

    SOD-で改善できない場合は、吸気系、点火系、冷却系

    その他のオイルシール部の破損が考えられます。

 

 

  ※修理目的で使用する場合は、必ずお客様の了解を得た上で施工を

   お願いします。また改善できるレベルかどうかは、摩耗の状態

   れの進行度等によりがあります。

 

 

 

 

 

    下記のPDFに利用方法をまとめています

 

          故障診断利用法.pdf 

        

 

 

 

 

 

 

 

« | 故障診断としての利用方法

 

エンジンオイルの要求特性

         エンジンオイルの役割

 

 

エンジンオイルには潤滑・冷却・密封・清浄分散・防錆などの作用が要求されます。例をいくつかあげると、、、

 

   ◎ピストンまわりの清浄性保持

    これは、燃費にも影響を与えます。

    ピストンリング溝に生成する堆積物はピストンリング

    の動きを阻害して、ピストンリングやシリンダイナ

    の異常摩耗を生じる原因となる。それらを防止するた

    め生成した堆積物を洗い落とす清浄作用必要となる。

 

 

   ◎動弁系まわりの潤滑性

    油膜の存在が厳しいカムシャフト/ロッカーアームまわ

    りでは、極圧添加剤による潤滑被膜により潤滑面の金属

    接触を防いで摩擦係数を下げることにより省燃費を達成

    しています。

   ※極圧添加剤とは、焼き付き防止ならびに摩擦低減効果

    発揮するものを指します。

 

 

  

 

 

 

強化作用1.jpg 

    ※酸中和作用・・・燃焼過程で生じた酸化ガスを

             中和して金属の腐食を防ぐ作用

« | 愛車のための豆知識

 

 今月号はATFオイルクーラーについての情報と

 先月号に引き続きSOD-1の取材記事がP,13に掲載されています。

 

 

*表紙                   *12ページに掲載

AM4月号表紙.jpgのサムネール画像広告.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                       *SOD-1活用法についての取材記事です。

 

 

取材ページ2.jpg 

 

取材ページ1.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« | NEWS | »

 

アフターパーツ4月号

 

今月号はホンダカーズ宗像 東郷店 花田工場長の取材記事が掲載されています。

こちらのお店では、ジャダー対策としてSOD-1を導入し、

現在ではエンジンの洗浄・パワステポンプの異音対策と、幅広く使っていただいています。

 

アフターパーツ4月号

 

PDFでご覧いただけます↓

  アフターパーツ4月号.pdf

« | ジャダーに効果発揮 | »

 

カレンダー

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31