近年の二輪車市場動向からD1ケミカルが考えること

近年の二輪車市場動向から考えられること 

 

・国内出荷台数は大幅に減少しているが51cc以上のバイクの保有台数はやや上昇傾向にあることから中古車市場が順調に推移をしている。

 

・ユーザーのバイクの所有期間の長期化、中古車使用の増加により、バイクの寿命が長くなっているため、高車齢によるトラブル発生リスクが高くなる。

 

・短距離間での使用が75%を占めており、エンジンへの負荷が大きい。

 

・代替が需要の中心となっている。(下取りでの買い替えが多くなる)

 

・ユーザーは環境問題に関心が高い。

 

※二輪車市場動向はJAWA一般法人日本自動車工業会が発表しているデーターを参考にしています。

 

 

二輪車市場の問題において、お客様がSOD-1を使用することでの利点

 

・エンジンの健康維持が図れ、高車齢車でも快適に走ることができる。(長寿命化に対応)

 

・使用状況がシビアコンディションの場合でも、SOD-1の洗浄作用によりエンジン内をクリーンな状態に維持できる。

 

・SOD-1の優れた熱安定性により、湯温が高温になりやすいバイクのエンジン環境でも、オイルの性能を維持して、エンジンを守る。

 

・異音の解消・予防、排気ガスの減少により快適なドライブができる。

 

・排気ガスを減少させ、環境問題への取り組みの一つとなる。

 

・エンジンが良好な状態で代替の時に下取りできる。(販売店様にとっては再販時の効率UP)

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 近年の二輪車市場動向からD1ケミカルが考えること

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://d1-chemical.com/blog/mt-tb.cgi/141

カレンダー

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30