2009年7月アーカイブ

GSX1400 パワー測定

「SOD-」効果検証

●検証車両:GSX1400

●型式:BC-GY71A

●排気量:1400cc

●走行距離:3322Km (平成22年5月19日現在)

●使用状況:月1・2回のツーリングで走行

●施工内容:オイル交換  SOD-1 400cc添加

●検証内容:SOD-1添加前後でのパワー測定を,

      レッドバロンさんのコンピューター総合診断機「アシダム」で実施。

  IMG_0360.JPGIMG_0361.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 SOD-1添加前

 

図4.jpg 

SOD-1添加後

 図5.jpg

  

 結果

横軸がスタートしてからの速度、縦軸がパワー値となっています。SOD-1添加前はスタート時にパワーの増減が激しく、時速160kmから200km間にパワーの上がりが落ちています。

SOD-1添加後は、添加前に比べて曲線が滑らかになり、スムーズな加速が確認できます。

二輪 国産車 | »

 

オイル劣化の概略図

劣化グラフ.jpg

 

―グラフの解説―

横軸は走行距離、縦軸はオイルの寿命を意味しています。

緑の線は一般的によく使われている合成オイルの劣化の程度を表しています。

およそ4千㎞~5千㎞走行でノイズが出始め、オイルとしての機能が著しく低下します。

赤い線は、緑の線と同じオイルにSOD-1を添加した場合の、オイルの劣化の程度です。SOD-1はオイルの性能を強化、また劣化原因を抑制する働きがあります。

早めのオイル交換をすることで、高性能なオイルの状態を維持でき、新車に近い状態で車の寿命を延ばせます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SOD-1添加前後での比較 | »

 

カレンダー

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30